他人の失敗談を自分のソープ遊びに役立てよう

現在はインターネットが普及していて、多くの方がネットを通じて様々な情報を入手しています。ソープランドでもお店は自分のウェブサイトを持っているのが当たり前となっていますし、匿名掲示板では嘘か本当かわからない情報が飛び交い、個人ブログやウェブサイトでは多くの方が行ったことのあるソープランドのレビューを行っていたりして、どのような情報でも集まると言えます。

さて、こうした様々な情報の中で信用出来る情報を得るというのはなかなか難しいもので、ソープランド業界ではお店の公式サイトですらもプロフィール情報が適当だったりするということも珍しくなく、そう簡単に信用出来ないのが現実ですから、一概にどれを信用していいのかというのはかなり難しいものです。しかし、「どれか一つ一番信用出来る情報ソースを選べ」というのであれば、私は個人のレビュー記事というものを挙げたいと思います。

個人のレビューというのは、失敗談なんかも含まれるわけですが、この失敗談というのは兎にも角にも一番の情報ではないでしょうか。こうした失敗談には「どのような部分で失敗したのか」という情報がいっぱい詰まっています。パネルマジックで失敗したのか、コンパニオンの接客態度や技術が悪いのか、お店の対応が悪いのか、設備が悪いのかなどなど、少なくともその人が遊んで後悔したポイントが書いてあるわけです。

どのくらいガッカリしたのかというのは人にもよりますから、その辺りは鵜呑みにすることは出来ませんが、失敗したという事実だけは確定情報として取り扱うことが出来ます。例えば、「パネルマジックで失敗した」というのは大半の失敗談にあるものですが、これならば入る前に男性スタッフに「プロフィールの時と比べて体型とか変わってます?」なんて一言質問してみてはいかがでしょうか。優良店ならばちゃんと教えてくれますし、嘘をつくようならばその店とはバイバイすればいいのです。

他にも「サービス地雷に当たった」、「コンパニオンが口をきいてくれない」などなど、どのような失敗談からでも前もって知っていれば対策は立てられます。大体の問題は男性スタッフに事前に確認したり、譲れない条件を指定しておけば解決することが出来るものばかりだったりします。

思っている以上に役立つのが他人の失敗談。「他山の石、以て玉を攻むべし」なんて言葉もありますから、上手に他人の失敗談を役立てて、自分のソープ遊びをより楽しいものにしていきたいものです。

年末年始に稼げるソープ嬢と稼げないソープ嬢

年末やお正月というのは、ソープランドも書き入れ時。姫納めとか姫始めなんていう言葉があるように、この時期の風俗関係のお店は普段以上に混むので、コンパニオンの女性にとっては稼ぎ時ともなっている時期です。しかし、場合によっては普段以上に稼げなくなる時期でもあります。どうして稼ぎ時に稼げなくなってしまうのか、そこには幾つかの理由があるのです。

■ 理由その1:出勤するコンパニオンが激増するから
年末のこの時期は忙しくなるということもあり、店側も客を逃したりしないように在籍しているコンパニオンを総動員するかの如く出勤を促します。その出勤要請を受けて大半の女性が出勤をすることになり、結果的に待機女性が増えるということになります。もちろんそうなれば客の奪い合いになるわけで、より競争が激しくなって、本指名などが無い女性にとってはお茶をひく時間が増えるということです。しかも、年末年始は一般的な仕事はお休み、ダブルワークで働いている女性も集中的に働けるわけですから、普段よりも競争率が高くなると言えます。

■ 理由その2:部屋が空かないのでフリー客などが狙えない
ソープランドは、店舗型風俗店ですから自前の店舗があります。部屋の数は10部屋前後というのが多いでしょうか。吉原などであれば1桁が当たり前で10もあれば数多く、雄琴などの広い地域ならば20前後あったりもするのですが、基本的にはそう多くありません。前述の出勤人数が多いということも合わせると、予約客ばかりで部屋が埋まってしまって、一見のネット予約とかフリーで訪れた客などは、部屋が空いていないなどの関係でお断りしてしまうこともあるのです。どんなに出勤女性が揃っていても、根本的な問題があるので、フリーで稼ぐタイプの人はお茶になる可能性も高いというわけです。

■ 理由その3:個室待機のお店は出勤制限の可能性がある
ソープランドには、待機室が用意されている店と個室が与えられている店があります。上記2つの理由はどちらも待機室がある店の場合、個室待機の店の場合はそもそも出勤すらさせてもらえない可能性もあります。お店としても稼ぎ時ですから予約入れられるコンパニオンを優先するのは当然、日頃の勤務態度などが大きく関係してくると言えます。

こうした様々な理由で、年末年始でも稼げないコンパニオン女性は出てきます。そういった方は、いっそのこと休みにして年明けに頑張るか出稼ぎで別の店に働きに行ってしまうのも良いでしょう。どんな理由にせよ、普段からリピーターをゲット出来ていれば関係ありません。日頃から接客などに真面目に取り組んで、年末年始にしっかりと稼げるようにしましょう。

一年で一番お得にソープランドが遊べるクリスマス

一年の最後の年である12月というのは、一年で一番忙しい時期と言っても過言ではありません。普通に会社勤めならばボーナスが出ますし、クリスマスという季節行事、さらには年末ともなれば普段は財布の紐が固い人でも多少は緩むというもので、どの業界でも12月は賑わう時期となっています。

その傾向は当然ソープランド業界でもあるもので、ソープランドのような高額の遊びというのはとりわけこの時期が大人気であり、予約の取り合いも激しくなるというものです。特に忙しくなってくるのが、クリスマスから年末、そして年始といったところでしょうか。この辺りはまさにソープランドの書き入れ時と言える時期で、どのソープランドでも集客にしっかりと力を入れています。

さて、これらクリスマスから年始にかけては混むというのは間違いないのですが、その中でも比較的遊びやすいのがクリスマスというのは実はあまり知られていません。クリスマスこそイベント日ですから混むような感じもあるのですが、やはりクリスマスというのは男性にとっても風俗は避けたいのか、遊びに行く人が少なめで、年末は姫納め、年始は姫始めでソープランドを利用する方が多いので、相対的にクリスマスが一番空いているというわけです。

クリスマスのソープランドは、大体どこの店でもイベントをやっています。サンタコスや割引、時間延長にクリスマスプレゼントと称してお土産なんかも定番です。クリスマスという季節イベントに合わせてきているという風に取る方が多いかもしれませんが、穿った見方をすればそんなことをしないと満足に客足を確保出来ないということでもあります。年末年始には特別料金として多少割高にする店もあるのですから、わざわざ値下げするということなどを考えれば、そういうことなのでしょう。

つまり、こうした時期にソープランドへ遊びに行くのであれば、クリスマスを狙っていくことをオススメします。イベントでサンタコスなんかを楽しめますし、値段あたりもお得、なおかつ競争率は低めということ、キャストの女性も暇を持て余して積極的にサービスしてくれることもありますから、一年で一番お得かもしれません。

「クリスマスにソープランドなんて、彼女のいない寂しい男だと思われそう」なんて考えてしまう人もいるかもしれませんが、そもそもソープ遊びをしている人にはそんなの関係ありません。しっかり楽しんでクリスマスのソープランドを満喫しましょう。

ソープ嬢がこだわる代表的な備品とは

ソープ遊びには、様々な備品が使われています。ソープランドは、基本的にお店が用意するのは個室などの設備だけであり、こうした備品はコンパニオンの女性が用意することになっています。しかし、そういった手間を省くためにこうした備品をお店側がまとめて用意して、雑費という名目で女性の手取りから経費をもらうという形を取っていますが、女性から要望があれば別の物に変えることも可能です。

そうなってくると、中には備品にもこだわるコンパニオンの方出て来ます。自腹になってしまうけれども独自のサービスに必要な物とかを用意していることも珍しくありません。他の方が用意しない物を用意しておいたり、ありふれた備品であっても品質にこだわったりしたりです。物によっては自身の体を守るためにもなりますし、男性からの好感度を上げることもありますから、意外と気が抜けない部分です。

では、どんな備品にこだわることが多いのかというと、まず代表的なのはスキン。最近では性病予防のためにも基本的にスキン着用でのサービスとなっています。しかし、スキンの種類はかなりの数があります。サイズは当然のこと、素材が悪ければ女性の体を傷つけることにもなりかねません。店側が用意するものは品質よりも量と価格なので決して良い物とは限りませんから、女性が自分の体を守るために用意するようです。

次に、ボディソープ。これも店側が用意している基本的な備品ですが、女性にとってはかなりこだわらないといけない物でもあります。女性は一日に何度もこのボディソープを使います。安いだけのボディソープというのは石油系成分で肌への刺激が強く、日常生活で使う分には問題が無かったとしてもソープランドのような場所で使うには不適当です。また、肌への刺激だけではなく匂いなんかにも気を付けなくてはいけません。店で用意してくれるボディソープもその辺りは気を付けているようですが、やはり価格重視なので刺激が強かったりすることもあるようです。

人によってはこだわるのが、口内洗浄薬液です。風俗業界における定番は、イソジン(現在の明治うがい薬)でしたが、これには独特の匂いがありますからそれを嫌がる方も少なくありません。女性自身もキスなどの際にこういった匂いがするよりも爽やかなミントなどの香りがするのでは気分も違うということで、匂い消し用に別の口内洗浄のアイテムを用意していることがあります。

女性ごとに様々なこだわりがあると思いますが、こうした細やかな部分に気を配っている女性は、その点を褒められたりすると殊の外喜んでくれるものです。もし他との違いに気付いたらさりげなく褒めてあげたりすると良い印象を持ってくれるかもしれませんね。

2万円台で遊べる雄琴のオススメソープランド

雄琴のソープ街といえば、その界隈では広く知られた有名な場所で、京都や大阪などの関西圏からソープ遊びを楽しもうという方が訪れる場所です。格安店から高級店まで、様々な店が建ち並び予算がいくらであってもどこかしらで遊ぶことが出来ます。

一般的にソープ遊びをする際の予算の平均は、およそ20,000円~30,000円程度と言われています。ソープランド自体安いものではなく、最低でも10,000円は掛かるものですし、月に一度のお楽しみということにして、ある程度奮発する人も多いのでそのぐらいの金額になるようです。そこで、雄琴のソープランドにおいてこの平均予算内で楽しめるオススメ店はどんな所があるのでしょうか。

■ 鎌倉御殿 (70分総額28,000円前後)
雄琴を代表する人妻店の鎌倉御殿は、老舗の多い雄琴ソープランドの中でも一際長い歴史を持つソープランドです。有名人がお忍びで来店して、贔屓の女性を作っているという噂が立ったこともあります。30代~40代のコンパニオンが提供する濃密なサービスは値段以上の満足感をもたらしてくれるでしょう。二輪車やプレミアムといった特別なコースもありますから、そうそう遊び飽きるということもありません。

■ 性龍堂 (60分総額24,000円前後)
大人の玩具を全室完備しコスプレ衣装も30種類以上の豊富さという、雄琴では唯一のコンセプト店です。雄琴といえば、洗いとかベッドなどの基本的なサービスで勝負する店が多かったのですが、それらとは別の方向で攻めてきたということもあり、それらに飽きてきたならオススメなお店です。新規店であることや他に競合の無いコンセプトということもあり、今ノッている店です。

■ みつらん鉄道0510 (65分総額21,500円前後)
性龍堂が道具などにこだわる店ならば、こちらはシチュエーションにこだわったお店です。元々は京都などで展開しているヘルスで、コンセプトをそのままに雄琴のソープランドとして登場したお店です。事前のノウハウがしっかりしているだけにそのプレイには定評があり、遊ぶという部分では雄琴でもトップクラスの満足感を得られるでしょう。

これらはあくまで一例で、ソープランドの善し悪しには人によって賛否両論あるというもの。今回はコンセプトを中心にしたチョイスとなっていますが、いわゆる王道ソープに行き飽きたと考える人にオススメの店です。店によってはお試しコースもありますから、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

外国人のソープランド利用で生じる様々な問題とは

ソープランドでは、昔から外国人の利用はNGという店が大多数でした。しかし近年では吉原を中心に外国人を受け入れるソープランドが多くなってきていて、日本人との区別が付きづらいアジア圏である中国人・韓国人の利用もよく見られるようになっています。

外国人とソープランドの関係というのは、ソープランド業界において気に掛けられている話題の一つ。キャストの女性が店を選ぶ際にも外国人が受け入れについては判断基準の一つとなっていることも多いですし、日本人男性が利用する際にもそれは気に掛けられることが多いようです。ここまで外国人のソープ利用が問題視されるのはどういった理由があるのでしょうか。

■ 外国から入ってくる性病感染の問題
ソープランドの利用をする上で性病感染というのは絶対に避けられない問題です。しかしながら、日本の衛生環境というのは世界的に見てもトップレベルであり、性病というのも皆無というわけではありませんが、問題視されるほど酷いというものではありませんでした。しかし、外国人観光客が増えたことやデリヘルなどの外国人が利用出来る風俗が増えた結果性病感染者が増え、それがソープランドの方にも拡大しているということです。また、ソープランド自体も外国人旅行者をターゲットとするようになり、外国人利用者が増えたことでキャストにも感染する人が増えています。

■ 言葉の問題
外国人利用者がソープランドを利用するに辺り、トラブルの要因となっているのが言葉の問題です。日本語が理解出来ない外国人もソープランド側は受け入れています。それどころか英語すら話せない外国人も多いので、ソープランドのルールが理解出来ないまま利用して、キャストの女性とトラブルになったりということも発生しています。最近では、外国人を接客するために英語を学ぶキャストも増えているようですが、それでもまだまだこの問題は解決に向かっているとは言えません。

■ 日本人離れの問題
外国人が利用しているソープランドは、ただでさえ利用者数が減少している日本人男性の利用をより加速させていると言えます。外国人が利用出来るソープランドでは、性病感染のリスクがそうでない店よりも高いと言われていて、そのリスクを避けるために日本人男性も減っているのです。近年のデリヘル利用者の増加というのも、こうしたことが関係しているのかもしれません。

こうした明確なデメリットがあるからこそ、外国人でも利用出来るソープランドというのは問題視されているのです。逆に言えば、こうした問題が解決されれば、閉塞的になっているソープランド業界において将来への新しい形が見えるというものではないでしょうか。

雄琴の出稼ぎ待遇は他に比べて整っている

雄琴のソープ街では、常にあるのが人材についての問題です。雄琴をホームとして働く女性が徐々に減少してきており、昔に比べればその数は激減していて、昨今のソープ離れの影響もあってか、普通にコンパニオンを募集してもなかなか集まらないというのが当面の問題となっています。

そんな雄琴を支えているのが、出稼ぎで他の地域から出てきている女性です。実は、雄琴のソープ街は出稼ぎの候補として昔から人気のあった場所で、昔から出稼ぎで働いている女性が多いため受け入れ体制もなかなか整った地域なのです。それというのも雄琴の立地が大きな問題で、雄琴のソープ街は繁華街どころか最寄駅からすらもかなり隔離された場所に存在しているため、京都や大阪などからでも連日通うには不向きなのです。しかし、出稼ぎであればソープ街の周辺に寮として住居が用意され、送迎なんかもありますから出勤は容易です。

しかし、全ての店が出稼ぎを受け入れているのかというとそうではなく、やはりメインとなるのはグループで運営されている店です。雄琴のソープランドの半分近くはどこかしらのグループに属している店で、そういった店は出稼ぎで働く女性の待遇にもしっかりとしたものがあります。期間中しっかりと働きたいという女性には最適の店となることでしょう。

グループに属していないいわゆる個人店でも出稼ぎの受け入れをしている所はあります。しかし、そういった店の場合は長年の慣習などのような物が出来てしまっていて、待遇面などに関してはグループ系の待遇と大きく開きがあることも珍しくありません。ただ、現場などの雰囲気に関しては良かったりしますので、その辺りを加味して考えると単純にグループ系列が良いというわけでもないようです。

グループと個人店、どちらも一長一短あるわけですが、雄琴という地域全体が出稼ぎのコンパニオン女性と共に成長してきたソープ街というのは事実です。どこの店でも最低限のノウハウというのはありますから、実際に雄琴へ出稼ぎに行くとしても待遇面ではそこまで心配することはないでしょう。

2000年以降、雄琴の活気は徐々に失われつつあり、出稼ぎで入っても確実に稼げるとは言い難いのが現実です。高級店よりも大衆店に人は流れていますし、昔のように高級店へ行けばガッポリ稼げるというわけではありません。だからこそ待遇面をしっかり確認し、住居や日給保証などに妥協しないで働くことをオススメします。

雄琴の高級ソープランドのオススメ店

ソープランドには価格帯によってピンキリですが、ソープランドの花形と言えばやはり高級店ではないでしょうか。最上級のキャストに最上級のサービス、値段に見合うだけの非日常を味わうことが出来るというのは、ソープ遊びをする人間にとってはまさに桃源郷というべき場所です。

西日本でトップを争うソープ街である雄琴にも、高級店は存在しています。特に雄琴には日本三大ソープと呼ばれる高級店もありますし、一目置かれているのは間違いありません。では、そんな雄琴の高級ソープランドにはどんな店があるのでしょうか。

■ フォーナイン倶楽部 (110分総額65,000円前後)
雄琴の高級店の代名詞とも言えるのがこのお店。日本三大ソープの一角を担う有名店で、30歳未満はお断り、ドレスコード有り、会員登録に身分証明書が必要と、かなり厳格にルールが定められています。初回には入会金などで別途万単位で費用が掛かりますが、それに見合うだけのサービスは期待することが出来ます。キャストも若く魅力的な方が揃っていますから、フォーナインで地雷を踏むことはほぼ無いと言っても良いでしょう。

■ プルプルプレミアム (120分総額61,000円前後)
全国的な知名度という点ではフォーナインには劣るものの、雄琴においてはフォーナイン倶楽部とも比肩しうる店として知られているプルプルプレミアム。同じグループの系列店であるプルプルネクステージは素人系の大衆店であるのに対して、プレミアムの名の通り、高級感を打ち出した店作りとなっています。キャストはグループ店でも評判の高いキャストのみが移籍可能となっていて、そのレベルは折り紙付き。グループ系列店が東京の吉原にも出店をしていて、勢いとしてはフォーナイン以上かもしれません。

■ 皇帝別館 (100分総額55,000円前後)
雄琴の老舗である皇帝グループの高級店で、こちらも高級をコンセプトに置いた店となっています。老舗グループの系列店でありながら、フォーナイン倶楽部やプルプルプレミアムよりも安く、多少遊びやすい価格設定でありながら、サービスやキャストの質は見劣りすることはありません。

雄琴の代表的な高級店といえば、この3つが妥当な所でしょう。他にも同価格帯のお店はありますが、サービスやキャストのレベルはともかく知名度的にこの3店舗が抜きん出ているのは間違い有りませんから、雄琴の高級店狙いで行くのであれば、この3つのうちから選べば十分満足のいく遊びが出来ることでしょう。

割引を使って雄琴の高級ソープを楽しむ

ソープランドには、値段によってつけられた目安となるランクがあります。現在流行している格安店が45分前後で総額10,000~15,000円、大衆店が60分総額20,000~25,000円といったところでしょうか。高級店ともなれば、最低でも50,000円からというのが一般的で、地域的な相場というものがありますが概ね全国共通の認識と言えます。

ソープ遊びをするのであれば一度は味わっておきたい高級店のサービスなのですが、値段が値段だけになかなか遊びに行けないというのが一般庶民の感覚ではないでしょうか。最低でも50,000円からですし、高級店の中でも超高級店ともなれば70,000円が最低額です。しかも、こうした高級店は割引しないことがステイタスになっていますから、割引なんかもほぼありません。しかし、そうした考えも最近では少なくなり、高級店でも少しでも客を呼ぼうと割引を行う所も増えています。

割引をするかしないかは店の他、地域的な取り組みもあるようです。雄琴のソープ街では、割引をする高級店が多いので、高級店のサービスを味わいたいというのならばオススメの場所です。雄琴で一番の高級店として名高い『フォーナイン倶楽部』をはじめ、『プルプルプレミアム』、『皇帝別館』、『アムアージュ』などなど、ほとんどの高級店でイベント割引を行っていて、基本価格よりお得に遊ぶことが出来るようになっています。元の価格が高いためその割引額も決して安いものではなく、最低でも5,000円以上になるのが当たり前ですから、結構な額での割引と言えるでしょう。

よくある割引なのが、お店に入った新人さん限定の割引。経験が少ないということもあってその店の本当のサービスを満喫出来るかというと疑問かもしれませんが、安く遊べることである程度妥協してもらうというのが目的です。大体入店から1ヶ月程度で新人割りが無くなって通常価格になるるようです。他にも、キーワード割引なんかも月並みですが高級店も含めて雄琴のソープランドの大半が行っている割引です。

こうしたイベントはかなり短いスパンで切り替わっていきますし、さらに当日限定というものもありますから、行くと決めたらまずはウェブサイトをチェックするクセをつけましょう。もしかしたら、意外な割引をやっているかもしれませんし、それを利用出来れば高級店も多少は手が届きやすくなるというものです。割引を上手に使って、雄琴の高級ソープを楽しんでみてはいかがでしょうか。

昔の雄琴ソープと今の雄琴ソープは違ってきている

雄琴のソープランドというと、昔は温泉のついでに訪れる中年層がメインで、コンパニオンの女性もそれに比例するように、福原や大阪といった場所である程度経験を積んだベテランの女性がメインとなっていました。現在でも雄琴の良い評判の一つに「サービスが良い」ということが言われていますが、その理由はこうしたベテランのコンパニオンが作り上げたと言っても過言ではないでしょう。

昔の雄琴は客と女性のマッチングが絶妙だったということで、それが雄琴ソープランドを世に知らしめたわけですが、では現在の雄琴はどうでしょうか。客層の変化や働く女性の変化というのも当然あります。もうあと数年で形成されて50年にも届こうというかの歴史が出来るわけですから、昔のままというわけにはいきません。

現在の雄琴は、客層は昔に比べて若い人の割合が高くなっていると言われています。その理由が、雄琴のソープランドの知名度が高くなったことによって、大学生や新社会人などの若い人たちの風俗デビューの場として利用されるようになったからです。雄琴周辺の若い男性の憧れの場所となり、初風俗の通過儀礼の場所となっているようで、若い人を見かけることも多くなっています。

では、働いている女性側はどうでしょう。こちらも若い人は増えてきていますが、まだまだベテランな女性がメインとなっている構図は変わってはいません。割合的に20代の女性が増えてきてはいるものの、出稼ぎなどの条件や待遇も改善されていることがその理由の一つと考えられます。しかし、メインは30代の女性で、そういったベテラン勢が良質のサービスを提供してくれているというのに変化はありません。

大きく変わったと言えるのは、店の分布ではないでしょうか。昔と比べて、ジャンルが広くなっていると言えます。昔の雄琴のソープランドは良くも悪くも基本に忠実で、いわゆる王道とか正統派とか言われるソープランドが多かったのですが、現在ではそうした本筋から若干外れはするものの、コスプレやイメージプレイなどの方面に特化した店が増えてきています。

こうした移り代わりを見ていくと、現在の雄琴と昔の雄琴というのはもはや同じソープ街と言うべきではないのかもしれません。同じお店であってもサービスの内容などは日々改善していますし、働く女性も変わっていきます。昔に「もう雄琴のソープランドは遊び尽くした」という人でも、現在の雄琴で遊んでみればその違いに驚くかもしれません。