ソープランドにおけるお土産論 ~男性→女性編~

ソープランドでは、ちょっと微妙な立ち位置にあるアイテムというものがあります。それが『お土産』というアイテム。男性から女性へ、はたまた女性から男性へと両方のパターンがあるアイテムで、使い方によっては良くも悪くもなるアイテムでもあり、男性と女性では意味合いが変わってくるというのも面白いものです。今回は、男性→女性のパターンにおけるお土産を考察してみましょう。

■ 土産を持っていくことの是非

そもそも、ソープ遊びにお土産というのは、本当に必要なものなのでしょうか。お土産を持っていく派、持って行かない派がいるわけですが、それぞれに言い分があるようです。

受け取る側の意見も大きく関係しますから一概にどちらが良いとは言えないわけですが、それでもどちらの言い分にもある程度理があるのではないでしょうか。

■ 持って行く物なら何を持っていくべきか

では、もしお土産を持って遊びに行くとするとして、どのような物を持っていくべきなのでしょうか。これは、持って行くべき物よりも持って行ってはいけない物を知っておく方が良いかもしれません。

まず絶対に避けたいのは「生もの」です。ケーキやプリン、ドーナツなんかもそうですが、日持ちのしない食品関連は避けましょう。忙しくて食べられるかどうかもわかりませんし、処分の手間なんかも掛かります。「手作りの食べ物」も絶対に避けたい物で、「中に何が入っているかわからない」という理由から警戒されてしまうでしょう。甘い物や脂肪分の多い物などはカロリーも高く、女性によっては体型維持のために食べないようにしている方も多いので、持って行かない方が無難です。

アクセサリーも避けたい物です。趣味に合うかどうかもわかりませんし、センスが悪ければ逆効果ですし、ブランド物のありふれた物なら質屋行きなんてこともあるでしょう。

好まれる物としては、お店で使えるような小物なんかが良いでしょう。髪留めあたりは実用性もありますし、自分のセンスもアピール出来ますし、比較的オススメです。

■ いつ持って行くべきか

内容と並んで重要なのが、お土産を持って行く時期の問題です。たまにいるのが「初めて入る時から手土産を持って行く」という方です。しかしこれは、好印象を与えるどころか警戒心を植え付けるだけの悪手となる場合が多いでしょう。

知らない人からいきなり物を貰っても、嬉しいというよりも警戒してしまうのは人間として当然です。特にソープのお仕事というのは、ストーカー犯罪にも巻き込まれやすいので、警戒心は強く持たなければいけませんから、こういう方は良客ではなくストーカー予備軍扱いされることの方が多いでしょう。

理想としては、3回目ぐらいに最初の手土産を持って行くぐらいでしょうか。顔見知りになって、適度に気心の知れた間柄であれば、ちょっとした物であれば好感を持って受け取って貰えるようになるでしょう。

次回は、女性→男性に向けてのお土産についてを考察したいと思います。

ソープ求人は保証についても考慮しよう

風俗の求人は、基本的にどの仕事であっても一般の仕事よりはるかに高給です。時間給と歩合という違いこそあれど、風俗の求人であれば最低でも1回の接客で一般の仕事の5時間~10時間、高い所なら10倍20倍も稼ぐことも可能ですから、風俗の求人が人気となるのも当然です。

そんな風俗の求人でも、特に高単価と言われているのがソープランドの求人です。昔からソープランドは「高級サウナ」とか「風俗の王様」なんて言われる業種で、その料金設定も安い店でも他の業種より高めに設定されていますから、バックされる金額も高いというわけです。

料金設定の相場は、格安ソープですと45分総額15,000円前後、大衆店では60分総額25,000円前後、中級で90分総額40,000円前後、高級店で120分総額50,000円以上で、その金額の60%程度がバックされる金額と言われていますから、格安店でも1回の接客で一般の仕事の1日分が稼げる計算になります。求人情報でも「日給3万円以上可」というのが最低ライン、5万円10万円を謳う店もあってそうした所に注目して求人を選ぶという方も多いのではないでしょうか。

しかし、ソープランドの求人を選ぶ時にそういった単価などだけで選ぶのは、良い選び方とは言えません。いくら単価が高くても時間給ではありませんから、接客出来なければ1円も給料は発生しません。8時間待機だろうが12時間待機だろうが、歩合制では関係無いのです。そこで注目したいのが、「日給保証」などの保証システムです。

ソープランドでは、客が取れなかった日でも最低限の金額を払う保証制度を用意している店が増えています。金額や付与条件などは店によって様々ですが、全くの無収入にならないようにという店側の配慮に基づくものです。こうした保証が付いていれば、もしお客が一人も付かなかったとしても最低限の給料は手に入れられます。

日給保証の出る条件は店ごとに違いますから、面接などでしっかりと条件を確認しておくと良いでしょう。この保証が適用されるかどうかによって、いざという時の収入が万単位で変わるわけですから、なかなかに大きな違いとなります。

日給保証は種類があり、比較的簡単に出る低額の日給保証は、出勤日数や指名数といったもので多くの方に適用されますが、店側が手放したくない女性などに適用する日給保証というのもあって、そちらはかなり適用条件が厳しかったりします。

常に客が付くという人気嬢になれる人はそう多くはありませんから、求人を選ぶ際には単価だけでなく保証についてもしっかりと確認しておきましょう。

ED(勃起不全)はソープ嬢に治してもらおう!

現在の日本で急増する「草食男子」の中の何割かは、「ED:勃起不全」になっているといわれています。
60歳も過ぎた年齢ならばそれでも納得いきますが、まだ20代や30代で男性機能が使い物にならないというのは、悲しいことですよね?
すでに何らかの処置を実践してみた男性もおられるでしょうが、それでも効果がない人に提案です。

それは・・・
「ED(勃起不全)はソープ嬢に治してもらえ」
というものです。
その詳細を見てみましょう。

●ED(勃起不全)の原因は?
男性機能というのは、意外にデリケートであり、ちょっとしたことが原因で”立たなく”なります!
40代後半や50代以降の年齢ならば、これまでの悪習慣(喫煙・暴飲暴食・運動不足など)が蓄積され、生活習慣病予備軍になります。
こうなると、血管壁と血液が取り返しの付かないほど汚れ、海綿体に血が行かなくなることが原因で立たなくなるのです。
しかし、まだ若い肉体をしているのに勃起が不完全だというのは、間違いなく「精神面」に異常があるはずです。
「精神の異常」といっても、精神疾患のことではありません。
ちょっとした苦手意識や、過去の性体験の思い出、女性に対する免疫の無さ・・・こういった何気ない精神の偏りがED(勃起不全)を引き起こすことがあるのです。

●過去のセックスで苦い思い出がある
過去に女性とセックスをし、そのときに「ヘタね」とか「小さいわね」とか、女性に心無い言葉をいわれた男性はEDになりやすいそうです。
本人は、そんな嫌な思い出は記憶から消し去っていたとしても、深層心理の中に焼き付いてしまうのです。
こういったタイプのEDは、ソープ嬢がもっとも得意とするケースです。
ソープ嬢の行為中に発する言葉は、まさに「癒やし」そのもので、失った自信を取り戻させてくれるでしょう。
口が裂けても男性客の悪口はいいませんし、行為中も適度に反応してくれ、そして母親のように優しい言葉で接してくれるのです。
何度か同じソープ嬢を指名すれば、そのレベルはさらに高まり、しだいに男性客も閉ざした心を開き始めるでしょう。

●女性に免疫がなくどう振る舞っていいかわからない
女性と付き合った経験のない男性にもEDは存在するようです。
そういった男性がはじめて女性を体験したときに、「立たない」「途中で折れる」「イカない」というEDの症状をあらわすことも少なくありません。
これは至極当たり前のことなのです。
あまり知られていないことですが、「セックスは他人から学ぶもの」なのです。
たいていの人は、「DNAにやり方が刻まれている」と勘違いしますが、野生動物でも成長した大人が未成熟なオスに自分の交尾を見せて教える動物がたくさんいます。
人間の場合、明治時代以前の田舎の集落などでは、既婚している中年女性(オバサン連中)が、童貞男子を優しく指導しながら、セックスの仕方を教えるのが通例だったようです。
この行為こそが「筆おろし」の実態です。
ソープランドに行くと、村の中年オバサンの役をソープ嬢が兼任してくれます。
非常にソフトに優しく、そして男性の心に自信が湧き出るような雰囲気を作りながらリードしてくれるはずです。
「性体験が少なくて、しかもEDです!」と正直に打ち明けてみましょう。

ED治療薬に頼っても一時的なものですし、若い年代の男性が食生活を改善してもED(勃起不全)は解決しません。
ソープ嬢は、あるいみ「セックスの専門家」です。
病院にいくつもりで、百戦錬磨のソープ嬢たちに”受診”してみましょう。

「ソープ嬢の憂うつ」~こんな客はソープで嫌われる~

ソープ嬢は、誠心誠意お客をもてなし、そして高い性的サービスを提供してくれるありがたい存在です。
しかし、肝っ玉の座った彼女たちでも、お客の行動によっては”憂うつ”にさせられることもあるようです。
ソープランドに遊びに行く私たち男性のほうでも、できれば彼女たちに嫌われたくはありませんから、どんな行動がソープ嬢を悩ませるのかを知っておきたいものです。
何人かのソープ嬢にインタビューし「憂うつ」にされてしまう、困ったお客の行動を聞き出しました。

●ストーカー行為
もっともソープ嬢を悩ませるのが「ストーカー行為」です。
なぜストーカーが日本で急増しているのか、理由ははっきりしませんが、これはソープランドだけではなく、その他の風俗店、クラブ、キャバクラなどでも同じようなことが増えているようですね。
何年も通いつめて一財産ソープランドで使ってしまったような、努力を見せたお客ならばまだ理解できますが、2~3度本指名しただけのお客のストーカー行為も少なくないそうです。
彼女たちの”至れりつくせり”のサービスが裏目に出ているとの意見もありますが、本来ソープランドとはそういうところですので、ソープ嬢がつっけんどんに対応することはできないのです。

●しつこく店外デートに誘う
ソープランドはキャバクラとは違い、「同伴出勤」や、閉店後に食事に誘う「アフター」は重要禁止事項です。
仮にソープ嬢がお客のことが好きになり、店外デートをするときには「ヒモ」にするか、その店を辞めるときだということを知っておきましょう。
大人の会話の中で「今度食事しようよ」と、軽く触れるくらいなら大丈夫ですが、本気モードで誘う行為は彼女たちを悩ませることになります。
断られると空気も悪くなり、自分も得はしないのでやめておきましょう。

●プライベートをしつこく聞く
「ソープ嬢のプライベートが知りたい・・・」
と女の子のプライベートに対して質問する。
これ、みんながやりがちですが、絶対やっちゃ駄目なことです。
ソープ嬢だけではなく、風俗全般で嫌われる原因ですね。
ソープ嬢になるということは、ある意味とっても「異常」なことであり、ふつうは好き好んでソープ嬢を目指すことはありません。
人生のどん底のようなピンチから逃れるためにソープランドで働いているのです。
ほとんどのソープ嬢は、思い出したくない過去の一つや二つはもっているものです。
好奇心を刺激されるのはわかりますが、男ならばグッとこらえて別話のネタを考えましょう。

●ドタキャン・遅刻
本指名で通うお気に入り嬢がいるなら、予約をして来店するはずです。
しかし、中にはしょっちゅうドタキャンをしたり、遅刻をしたりする指名客もいるようです。
ソープランドは、ソープ嬢の「個人事業」的色合いが強く、フリー客は店が担当しますが、本指名のお客に対しては「ソープ嬢が責任を持つ」という暗黙の了解があります。
なので、ドタキャンや遅刻など、店の売上にダイレクトに響くような行為は、お店よりもむしろソープ嬢を苦しめることになるのです。

いかがでしたか?
ソープランドで小粋に遊ぶためには、ソープ嬢に精神的な負担をかけないことが大切です。
ソープ嬢とお客が「Win Win」の状態になって初めて、大人の遊びが成立することを覚えておきましょう。

「雄琴VS福原」関西屈指のソープ街2強を考察

関西に住まれている男性には、”究極の選択肢”があります。
それは「雄琴か?福原か?」。
これはソープ街のことですが、ソープランド不毛地帯京都と大阪を真ん中にして両サイドにこの2つのソープ街が存在するのです。
性欲の虫が湧いたとき、多くの男性が「雄琴に行くか、それとも福原に行くか」と悩んでしまうようです。
この、関西のソープランド2強とも言うべき2つのソープ街は、レベルも高く優劣つけがたいクオリティーがあり、それがまた男性たちの心を迷わせるのです。

●「規模」はほぼ同等と考えて良し

雄琴は40店舗弱、福原には50数店舗のソープ店が営業していますから、規模的には「ほぼ同等」と考えて良いでしょう。
下調べのためにホームページを確認する際、すべての店を調べるわけではありませんから、この誤差は問題にはならないはずです。

●ソープ嬢のレベルはどうか?

福原は、関西屈指の繁華街三宮や、神戸の観光地が近くにある「都会型ソープ街」であるのに対し、雄琴は近くに繁華街もなく、あるのはびわ湖と温泉と比叡山だけです。
ですから、世間の印象としては、ソープ嬢のレベルでは福原に軍配が上がると思われがちですが、じつはそうかんたんな話ではありません。
福原を地の利を活かし、素人の女の子の入店応募があります。
しかし、雄琴も負けてはおらず、じつは雄琴は「稼げるソープ街」として全国ソープ嬢の憧れの的でもあるのです。
ですから、雄琴もコンパニオン獲得に困らないソープ街として、どの店舗もかなりの在籍数があります。
素人っぽい子を狙うならば、福原が多いかもしれませんが、きちんと仕事ができるテクニシャンならば、雄琴が勝っているかもしれません。

●店舗の設備を比較すると・・・

これは間違いなく、誰に聞いても「雄琴の圧勝」です。
おそらく、単純な店舗の広さでは全国でチャンピオンなのが雄琴です。
「郊外型ソープ」最大の利点だといえます。

●料金的な比較なら?

次に大切な「料金」の比較です。
これもシステムの印象が真逆なので、フェアな比較は難しいのですが・・・。
雄琴は立地の問題から「日の出割引」のような、超朝型の営業をしていません。
”早朝”といっても8時台が精一杯なので、大幅な値引きも存在しないのです。
これに対して福原は6時開店の激安コースが有名で、全国的に見てもいち早く取り入れたのが福原です。
しかし、早朝以外の時間帯を比較すると、雄琴は平均的に安く、福原よりもコスパでは上回るかもしれません。
アクセスに少し難があり、いくらか交通費がかかるところだけが数少ないデメリットです。

●店舗サービスの比較

関西系のソープランドは、気さくで明るい印象で、どちらもそれは共通しています。
もちろん、高級店では雄琴も福原も折り目正しい接客です。
割引などの料金サービスでは、バリエーションでは福原のほうが多いですが、メルマガ会員などの顧客サービスについては雄琴が有利な印象ですね。

甲乙つけがたい、関西2強ソープ、雄琴VS福原でしたが、いかがでしたでしょうか?
かんたんに「どちらが上」と決められるならば、みな迷いもしませんから、拮抗しているのはとうぜんですよね。

まるで”老人ホーム”?平日昼間のソープランド事情

現在の日本は誰疑うことない「高齢化社会」です・・・。
この、高齢化の波は歓楽街、ソープ街にも波及していることをご存知でしょうか?
平日の昼間のソープランドの待合室は、「老人ホーム」の様相を呈しているのです。
ただし、一般社会とは違い、若者が減って高齢者が増えているのではありません。
ただただ、高齢者のお客が急増している現状がそこにあるのです。
これにはいくつかの理由が考えられます・・・。

●高齢者が若くなった
一つは高齢者自体が「若くなった」ことが、ソープランドに高齢者があふれる原因です。
肉体的な健康年齢も伸びていますし、本人の精神年齢、性欲なども昔とは比較にならないレベルなのでしょう。
「高齢化問題」と悪い側面ばかりが取り沙汰されていますが、お年寄りが元気なことは何より喜ばしいことです。

●高齢者に対する世間の価値観が変わった
日本人の平均寿命が伸びたことで、高齢者の性に関係する世間の価値観もずいぶんと変わっています。
たとえば、昭和60年代ころの日本の中流階級の典型的な家庭を描いた、「サザエさん」の父親波平の設定年齢は「54歳」です。
今の感覚から見るとかなり若いのですが、サザエさんでは立派なおじいちゃんなのです。
とうてい、「波平と性」、「波平とソープランド」は連想できませんが、それが40~50年前の世間の平均的な感覚です。
それに対して、あのモテ男「石田純一さん」は、波平の9つ上の63歳ですが、彼がまだまだセックスが現役でも誰も不思議に思いません。
こういった世間の価値観の変化も、高齢者がソープランドへ足を運ぶことへの抵抗感をなくす理由なのでしょう。

●ソープランド側が客層として大事にしている
日本の不況は長く続きましたが、現在高齢者といわれる65歳位の年代の方は、「バブルの逃げ切り組」といわれ、貯蓄率が抜群に高いのです。
本来ならば暇な時間帯である「平日の昼間」に、週に何度も足を運んでくれる高齢者層は、ソープランドの経営者からすれば、ほんとうにありがたい存在ですし、大きなマーケティングの対象でもあるのです。
ですから、この客層を大事にし、そしてより多く足を運んでもらうために「シルバー割引」「シルバー特典」「シルバーイベント」などで盛り上げる動きが各店舗で行われています。

●高齢者のIT機器武装
先進国のIT・インターネットの普及はすでに頭打ち状態です。
しかし、まだまだ可能性があるのが「高齢者層へのIT機器の普及」です。
少し前までは、「パソコン」「スマホ」「タブレット」と聞くと条件反射のような拒否反応を示してした高齢者たちも、今ではその群れの中から抜け出して”IT機器武装”を果たした「NEO高齢者」の登場で状況が変わりつつあります。
今では「●●さんも使っているから、俺も使わないと遅れを取ってしまう」とばかりに、タブレット、スマホが爆発的に売れているそうです。
そしてこうしたIT武装をした高齢者男性が必ずするのが、奥さんにこっそり隠れた「エロ・コンテンツ検索」です。
そして、ソープ店のオフィシャルページにネット上で遭遇し、豊富な資金源を後ろ盾に、ソープランドへと突撃するのです。

いくつかのムーブメントが重なったことで、現在のソープランド店の待合室の老人ホーム化が実現しています。
紳士でお金持ちの高齢者は、ソープ嬢にも大人気なようで、持ちつ持たれつの良い関係がつくられているようですね。

知ってて得する雄琴の裏技4選

滋賀県にある「雄琴ソープ街」は、関西在住の男性ならば知っているはずです。
全国の有名ソープ街と比較をしても見劣りせず、それどころか吉原に匹敵するクオリティーをもっています。
西日本に住んでいる男性な、人生に一度くらいは行ってみたいものですよね?
ここでは、そんな雄琴で遊ぶときの「知っててとくする裏技」を5つご紹介します。

1)会員特典は有効に使う

雄琴のソープランドは、ほぼ全てがネット上にホームページをもっています。
ここでは、コンパニオンの顔写真や詳細、料金システムやアクセス方法なども豊富に掲載され便利さは満点です。
そして、多くの店舗が「メルマガ会員」「ネット会員」という、まだ一度も来店したことのない男性に対して発行している会員アカウントがあります。
無料ですから安心して登録できますし、その方法もメールアドレスとかんたんな個人情報(仮名でも可のことが多い)だけで完了します。
会員だけの情報を配信してくれたり、割引なども豊富です。
また、会員となってから実際に来店した場合にも、特典がつくことも多くスタッフにも顔を覚えてもらいやすくなります。

2)早い時間帯は安くてコンパニオンも充実

他のソープ街ではあまり見られない特徴ですが、雄琴ソープ街は昼の時間帯にかなり人気のコンパニオンが出勤しています。
通常ならば夕方以降の繁忙時間にならないといない指名ランカークラスが、雄琴では昼の時間帯にも出会えるのです。
これは全国共通ですが、昼間の時間帯はどのソープ店も料金が安いことが多く、低価格でハイレベルな遊びをすることが可能です。

3)冬の時期は割引チャンス

雄琴はあまり寒いイメージがありませんが、冬場は雪に閉ざされるようなことも少なくありません。
ですから、冬季は雄琴の閑散期であり、その打開策のために、冬場はお幅な割引イベントをすることが多いのです。
実際に車で行ってトラブルに巻き込まれてはいけませんから、JR湖西線を使って電車で来店しましょう。

雄琴ソープ街のコンパニオンたちは、たいていは近くの「寮」で暮らしているので、出勤率はふだんとあまり変わりません。
他の男性客に取られる前に、予約困難な人気嬢をゲットするチャンスです。

4)送迎車を有効に利用する

雄琴は田舎町にあることで、どのソープ店も「無料送迎車」を用意しています。
京都や大阪からもアクセスが良く、ストレスなく電車で向かえるので、無理にガソリン代を使って車で行くこともないでしょう。
予約を入れた際に、「おごと温泉駅」「比叡山坂本駅」のどちらかを指定すれば迎えの高級車が登場し、帰りも送迎してくれます。

特異なロケーションにある雄琴ソープ街ですので、他のエリアのソープランドとはまた違った裏技があります。
ご紹介した4つの裏技を駆使して、より充実したソープ・ライフを楽しんでください。

こんな時代だからこそ雄琴ソープ街に団体で行こう!

最近では会社や学校などで、人間関係に悩んでいる男性が増えているようです。
仕事や学業の本分で悩むのならまだしも、人との付き合いで人生に暗い影を落としてしまうのは、ほんとうに残念なことです。
突飛な発想ではありますが、そんな男性たちにおすすめなのが「ソープランドへの団体登楼」です。
日本の各地には大型のソープ街があり、関西では「雄琴」などが有名です。
こういった”男の遊び場”に団体で遊びに行くことで、いらない誤解やわだかまりを払拭して良好な人間関係を再構築することが可能だと考えるのです。

●趣味は違えど「性欲」は一緒?

文明の進歩によって、最近では日本人男性の趣味も多様化しているようです。
趣味は友人をつくる最良にものですから、あまりにそれが分散するのも、コミュニティ構築の妨げにもなります。
ただし、男性が興味をもち、また全世界共通の対象があります。
—-それは「性欲」です。
趣味は違えど、性欲はすべての男性に共通するものです。
誰かが言い出しっぺになり、ソープランドへ団体登楼をすれば、共通の話のネタができあがります。
これによって一気に友人たちとの親交も深まるはずです。

●辛い上司の「飲み会強制ハラスメント発言」

最近では昔のように「今日の見に行くか?」と部下を誘っても気乗りしないそうです。
それどころか「飲み会強制ハラスメント」と発言されてしまうありさま・・・
昔は飲みに連れて行ってくれる上司は「いい上司」と言われたものですが、アルコールの飲酒率低下とともに、上司は部下のアフターケアもしづらい世の中になってしまいました。
ただし、それが「飲み屋」ではなく「ソープランド」ならば話は別です。
飲み屋でも3~4人を連れていき、全額負担をすれば、一人頭数千円から1万円以上は使ってしまうはず。
それを、雄琴ソープ街の格安店などで使えば、きっと部下から尊敬されるでしょう。
それぞれの個室に分かれて遊ぶのですから、コミュニケーションが苦手な部下でも喜んで誘いにのってくれるはずです。

●雄琴ソープ街では「団体割り引き」をする店舗が多い

雄琴はもともと繁華街が近くにない、郊外型のソープランドです。
ですから、遠路はるばるやってくるお客に団体が多いために、「団体割引」を実施しているソープ店が多いのです。
また、団体客は店にとってもこの上ない「上客」ですから、スタッフもコンパニオンもサービス満点で迎え入れてくれるはずです。
友人や部下を連れ立っていけば「即、お得意様」になれることは確実でしょう。

個人主義がこじれて、コミュニケーションが苦手な男性が増えている世知辛い世の中です。
こういった状況を打破するのに最適なのが「ソープランド団体登楼」なのかもしれません。
まだ、日本人男性に性欲が消えないうちに、ソープランドを利用して、良好な人間関係を作り上げましょう。

競争が激化する雄琴ソープ街の見えない裏側

日本全国には有名ソープ街がいくつか存在します。
関西では、滋賀県の「雄琴ソープ街」が有名ですね。
現在、有名ソープ街では、店舗の入れ替わりが頻繁に行われています。
それは、ソープランド業界のげ競争激化が理由のようです。
ソープランド業界に何が起きているのでしょうか?
今回は滋賀県「雄琴」を調査サンプルとして、その裏側を探ってみました。

●若者が風俗店から離れている?

ここ数年、ソープランドの対象年代である20代~30代までの若者に風俗離れが起きているようです。
ただし、これは風俗業界全体を見渡した場合であり、ソープランドの集客は逆に増えているようです。
—–以前まで風俗業界の花形であった「ファッションヘルス」「ピンクサロン」が低迷しています。
その理由ははっきりしませんが、関西ではヘルス街まるごと消失したようなエリアもあるのです。
しかし、男性の性欲が衰えているわけではありませんから、必ずどこかの風俗を男性は探します。
そこで、そういった低価格風俗の常連層を取り入れるために、ソープランドも昔と比べてかなり低価格になり、値引き合戦が繰り広げられることになったのです。

●若者の趣味の変化

スマホやオンラインゲーム、アニメ・コミック文化が大流行も、風俗業界に影響を与える原因の一つかもしれません。
繁華街に若者が減ったという声もあり、「買い物はアマゾン、趣味はネット」というインドア派が増えているようです。
コミックフェスなど、若者たちの琴線に触れるようなイベントでは、信じられない集客があることから見ても、もう、現在の若者たちは「繁華街」に興味を示さなくなったのかもしれません。
世相と人々の価値観に大きく影響されるソープ業界ですから、なんとかそういった「オタク層」を取り入れるべく、コンセプトの変更がさかんに行われています。
「学園系」「アイドル系」「アニコス系」など、雄琴ソープ街でも斬新なコンセプトで新規客獲得の競争が激化しています。

●「最強の客」シニア層の獲得合戦

”団塊の世代”が徐々に現役引退をはじめています。
この世代はバブル期に多額の貯蓄を蓄え、そして体力的にもまだまだ元気な世代です。
先日政府から発表された「高齢者の定義の変更」においても、一般企業が定める定年の平均である65歳はまだまだ健康で、”高齢者”という位置づけには当たらない、とのことです。
もちろん男性ならば性欲も健在で、しかも財力には余裕がありますので、団塊の世代はソープランド業界にとって「最強の客層」だといえるのです。
こうした層を取り込むためには「昼の営業」に力を入れなくてはなりません。
最近では昼間の時間帯に人気嬢を常駐させ、新たな繁忙期が生まれているようです。

競争激化の裏側には、こういった理由が隠されていたんですね・・・。
このように、雄琴ソープ街でも競争は激化していますが、ある意味「追い風の状態」であることは確かなようです。

「雄琴の開店・閉店」最新情報のまとめ

滋賀県のびわ湖のほとりにあるソープ街「雄琴」は、ソープ激戦地区であることでも有名です。
ソープランドを含めた”風俗客”は、優良店とそうでない店の見る目が厳しく、また少し「飽き性」でもあります。
そのために、いくら優良店であっても安心できず、常に脱皮をし続けることで客離れを阻止しなくてはなりません。
ここでは、そんな雄琴ソープ街の「開店と閉店」の新情報をまとめています。

●残念がら閉店・休業してしまったソープ店

優良店であるにも関わらず、さまざまな事情により、残念ながら営業を止めざるを得なかった店舗です。
・「スクエア」・・・休業
・「かわいっくす」・・・休業
・「雄琴大手町商事」・・・休業
この3つは「完全閉店」とのコメントはなく、また営業を再開する可能性もあります。
とくに「雄琴大手町商事」などは、そのレベルの高さと”オフィスプレイ”という斬新なコンセプトで一世風靡をした優良ソープランドです。
本指名している姫がいる男性客などは、残念ですが、おそらく近くの店舗に移籍しているとも考えられますので、場を改めて楽しめるように工夫をしてみましょう。

●新規オープン・リニューアルオープン

・「MINERVA(ミネルヴァ)」・・・新規オープン
・「美人コレクション」・・・新規オープン
・「べっぴんハイスクールDX(ブティックべっぴん)」・・・リニューアルオープン
・「ガールズファンタジー」・・・新規オープン
営業権利を買い取り、新規オープンした店舗と、改装して心機一転リニューアルを果たしたソープ店です。
こういった店舗のスタートダッシュは凄まじく、コンパニオン、経営陣ともに新鮮な気持ちで密度の濃いサービスをしますので、要チェックです。
ネットでの各店舗ホームページを参考に、突撃を試みましょう。

●再オープン・コンセプト変更オープン

さまざまな事情で一時期休業していたり、営業形態やコンセプトを変更して再オープンした店舗です。
・「雄琴ドMなバニーちゃん」・・・営業形態をソープランドに変えて再オープン
・「雄琴さくらん」・・・営業再開
こういった店舗も新規オープン・リニューアルオープン同様、経営陣は気合が入っています。

店内には、言葉で説明できないような活き活きとした空気感が感じられ、お客として来店したほうにも伝わります。
雄琴で日夜繰り広げられる新旧交代劇は、当のソープ店経営者にとっては大変です。
しかし、マンネリ化して淀んだ空気を発せられるよりも、常にリフレッシュしていてくれたほうが、遊ぶ方としては飽きがきません。
伝統あるソープ街「雄琴」が、常に新鮮な輝きを放つ理由には、こうしたことが背景にあるからなんですね。