独立した区画になっている雄琴のソープ街

滋賀県の雄琴といえば、風俗好きの間ではとても有名なソープ街となっています。
一般の方からすれば温泉の方を思い浮かべるという方も多いでしょうが、ソープ街もかつては温泉街とともに雄琴を代表する場所として知られています。
雄琴のソープランドと言えば、数あるソープ街のソープランドの中でも、高い評価を受けている店が多く、安定して遊べるソープ街の一つとなっています。
比較的抑えめな値段で、広く豪華な建物で、質の良いサービスを受けることが出来るというのが特徴で、インターネット上にある雄琴のソープランドの口コミ評判や体験記などを見ても、良質のサービスが行われている店が多いというのは窺えます。

ソープランドというと、世間的には非常に悪いイメージを持たれていることが多く、他地域のソープ街というのは現在の風俗規制の影響もあって、周辺住民はもとより行政などからも目の敵にされていることが多く、維持していくことすら危ぶまれる地域もあります。
雄琴のソープランドも多少はそういった風潮はあるものですが、それでも他地域に比べて非常に穏やかと言えます。
何故、雄琴だけはそんなに批判されることはないのかというと、それには雄琴のソープ街の特殊性というのがあると思われます。

雄琴のソープランドは、他地域と比べて大きく違う点があり、それはソープ街が周辺から独立しているということです。
普通のソープ街というのは街中に形成されています。
ソープランドが集まってはいるものの、普通の飲食店やコンビニといった一般の商業施設も混在していて、ソープランドの利用客以外もソープ街に紛れ込んでしまうことも多いのです。
そういった普通の方からすれば、興味も無いソープランドの客引きに声をかけられたりするのは不愉快ですし、風紀的な問題もありますから排除の気運が高まるというわけです。
しかし、雄琴のソープ街はほぼ完全に周辺地域から隔離され、ソープ街にはほぼソープランドのみが存在しているとう状況ですから、そもそもソープランドに興味が無ければ行く必要も無い場所ということです。

ソープ街は雄琴温泉街のすぐ傍にあると言っても、興味の無い方がうっかり迷いこむほど近くはありませんし、区画の道路事情的にもそういったことはまずありません。
ソープランドを利用する客側からすれば行くのに多少面倒ではあるというデメリットはあるものの、こうした立地というのも雄琴のソープランドが有利に働く一面とも言えます。

100%楽しめる「アダルトグッズOK」のソープランド

ソープランド遊びの成功と不成功は、選んだソープ嬢によって確定するといっても言い過ぎではありませんよね?
コンセプト、システム、サービス、コンパニオンの外見レベルなど、ソープランド評価はたくさんの要素がありますが、最終的には「本気でサービスしてくれたかどうか?」ということが大きいのです。
最近では、インターネットを利用することで、無料でコンパニオンの顔やスタイルなどは推測できますが、その子の性格まではさすがにわかりません。
そこで今回、斬新な提案があります・・・
”本気のソープ嬢を探し出す方法”として、「アダルトグッズOK」な店舗や、コンパニオンを探すのです!

●本気の「イキ顔」が見られる可能性大!

アダルトグッズの多くは「女性が楽しむもの」であり、責め好きの男性は精神的な興奮を主に楽しみます。
グッズ使用をOKしているコンパニオンは、性的なプレイが「本能的に好き」なことが多く、本気でイクことも少なくありません。
責め好きの男性ならば、これは最高の報酬なはずです。
多くの風俗では演技で感じることはしてくれますが、一日中すべてのプレイで感じるというのは現実的ではありませんよね?
でもアダルトグッズのオプションをOKしているソープ嬢ならば天性のドスケベ女子なので、十分にありえることなのです。

●セックスのプロをイカせられる

アダルトグッズ(ピンクローター・バイブレーター)などの威力は絶大で、セックスのプロである彼女たちでも肉体的な快感ををコントロールすることは不可能です。
ローターや電動マッサージャーを使うと、半ば強姦的な場合にでも、心では拒否し、肉体は喜びを感じてしまうほどなのです。
ですから、セックスの技術がない男性であっても、グッズを使えば確実にプロがイッテしまう様子をみることができます。

●グッズOKのソープ嬢は根性が違う

これらのグッズに関する知識や、体が受けるダメージはソープ嬢側でも認知しています。
それでもお金のためや、自分で楽しむためにアダルトグッスのオプションを引き受けるのですから、相当な根性の持ち主だということになりますね。
こういったコンパニオンは職業意識が非常に高く、手抜きをしませんから、「サービス地雷」などというのもほとんどないのです。

●まさに”天職”なのがグッズOKのソープ嬢

どんな職業にも向き不向きはあります。
これは努力の差ではなく、天性のものだといえるでしょう。
もちろんソープ嬢にも向いている子と向いていない子とがいて、それは男性客側にもひしひしと伝わってくるものです。
楽しく仕事しているコンパニオンならば、セックスの歯車が合い、高い快感を得られますが、そうではないといくら美人でも「なんか違う・・・」となるのです。
グッズの使用をOKするようなソープ嬢ならば、それはまさに”天職”であり、その言葉にできない感動はきっとお客側も感じるはずです。
オーガズムを感じ、潮を吹くことが好きなソープ嬢ならば、きっとどんな男性でも高い満足感が得られることでしょう。

地方のソープランドを楽しむ5つの心得

ソープ業界は、吉原をはじめとした巨大ソープ街である金津園や雄琴、福原、中洲、ススキノなどが君臨しています。
しかし地方に行くと、小規模でも十分に楽しめるソープランドもかなりの数存在し、遊び方を心得ていれば、有名ソープ街では味わえないような異次元の喜びを得ることができるのです。
ここでは、無名地方ソープランドを楽しむための5つの心得を紹介します。

1.方言の強い地元っ子を楽しめ!

地方に行くなら、自分の故郷とは完全に言語圏の違ったエリアを探しましょう。
関東なら関西、関西ならば関東や東北、北陸など、コンパニオンの話す「訛り」を聞くことで、形容できない恍惚感を味わうことができるのです。
これはオスの本能なのでしょうか?
フロントで「地元訛の強い子をお願いします」といえば、喜んで対応してくれるはずです。

2.文化の違いを楽しめ!

ソープランドに長く通っている、いわゆる”ツウ(通)”の男性ならば、頭の中で「ソープランドの常識はこんな感じ」と凝り固まっているはずです。
ところが300kmも離れると、ソープランドのサービスやシステム、プレイなどもずいぶんと様子が違うのです。
この文化の違いにネガティブになっては「地方」では楽しめません。
これらの違いはすべて「文化・風習の違い」でもあるのです。
カルチャーショックを堪能しましょう。

3.「ノースキン狙い」で楽しめ!

都会のソープランドでは、スキンの使用と不使用は、店舗かソープ嬢本人の「方向性」で決まります。
どんなに通いつめても「NN・NS(生中出し・ノースキン)はやらない」と決めているソープ嬢は永遠にできないものなのです。
これが地方のソープ嬢では違います。
「その日の気分」「お客が自分の好み」「たまたま安全日だから」「自分もナマでプレイしたい」「疲れているから早くイッテほしい」など、理由はさまざまですが、工夫しだいで成功率は高くなります。

4.「天然美女」を探せ!

都会の大型ソープ街と地方の無名ソープ街とで、ソープ嬢の外見だけで見比べるとその差は明らかです。
メイクやファッション、環境の優位性などで、都会型ソープランドのコンパニオンの方が洗練されているのは当然です。
しかし、地方ソープのホームページをしらみ潰しに探していると、メイクやファッションはイケてなくても、素材が光る「天然美女」が必ず存在します。
都会型ソープではたらくソープ嬢たちにはない、原石の輝きがあり、”素材の良さ”を楽しむことができるのです。

5.地方ソープは「店外デート天国」だと知れ!

都会型の有名ソープランドのコンパニオンたちは、職業意識が高く、また女としてのプライドも相当にあるので、「店外デート」に誘ってもOKされることは稀です。
しかし、「ノースキン狙い」の項でも書いたように、地方のソープ嬢たちはその日の感情のコンディションによってまぐれホームランが飛び出すことが少なくありません。
こちらも、相手に良い印象与えるように努力をすれば、かなりの高確率で店外デートが成功するのです。
その際には必ず「遠いところから遊びに来ている」ことを伝えましょう。
後腐れなく遊びたいのは、男も女も同じことなので、その辺をアピールしてワンナイトラブに華を咲かせてみてはいかがでしょうか。

有名ソープでクオリティーの高いソープ遊びを十分に体験したら、たまには地方に目を向けてディープでサブカル的な楽しみ方をしてみましょう。

最近のソープランドはボーダーレス化が進んでいる

業界生き残りのために常に進化と脱皮を続けるソープランドは、ここ数年目に見えて「ボーダレス化」が進んでいます。
”ボーダー”とは「境界線」のことですから、一体何とクロスオーバーしているのか?という話になります。
ソープランドが、その境界線を打ち破っているものは・・・
・他の風俗業態
・風俗以外の射精産業
・完全なる異業種
です。
これら一つ一つを検証してみましょう。

●他の風俗業態とのボーダーレス

「他の風俗業態とのボーダーレス化」は、現在20代のソープファンならば実感できないでしょう。
その変化は10数年前から起こり、現在のソープランドが形成されて、もうかなり経過しているからです。
旧態然のソープランドは「ソープランド」という確固たる様式美があり、そこから抜け出る店舗はほとんどありませんでした。
しかし、最近ではピンサロから発案され広がった、「痴漢」「オフィス系」「人妻・熟女」「学園・ロリ系」「痴女・性感マッサージ」などのコンセプトが、ソープ業界に取り入れらたのです。
本来”風俗”とはいえない「エステ」や「SM」などのコンセプトも、現在のソープ業界では定番的な位置づけになっています。

●風俗以外の射精産業とのボーダーレス

”風俗以外の射精産業”と聞いてすぐに連想するのが「セクシー動画業界」です。
最近では、この近くして遠いAV業界とのコラボも頻繁に行うようになりました。
数年前までは「元セクシー女優在籍」は、一大センセーショナルとして風俗業界で話題になったものですが、現在では「現役セクシー女優在籍」が主流となりつつあります。
セクシー女優ファンの男性かられば、精神的な性のシンボルであったセクシー女優と、実際にまみえることができるのですから、人気が高まるのも当然です。
これはソープ業界の景気が良いこと、それに反してネットの普及によってセクシー動画業界の業績が低迷していることなどが原因していると考えられています。
最近では元アイドル、元グラビア女優などがセクシー業界を経由して、ソープランドにまで至る・・・といったケースも少なくはなく、手の届かない存在だった性的カリスマたちの降臨を目にすることができる時代になったのです。

●完全異業種とのボーダーレス

「失われた20年」で表現される日本経済の低迷の中で、ひときわ消費活動を続け、マーケットを拡大してきた「オタク文化」も、最近ではソープ業界とのコラボレーションが見られるジャンルです。
もともと縁遠かったこの2つの業界ですが、ソープランドの方に「アニメコスプレ専門店」などが出現して成功を収めると、オタク文化の方でも『行かなくても分かるソープランドマニュアル』などという電子書籍・サイトが大流行し、いまやソープ街をオタク青年たちが闊歩している現状です。
またこれまでの例とは反対に、陰日向に咲く花の存在だったソープ嬢たちが、深夜のネットTVで顔を晒すようになったり、アイドル化して顔を売る、などという逆方向の進出もしています。
もはやソープ嬢たちは「体を売っているグレーな職業」などという概念はなく、ソープ嬢であることを謳歌しているようにも見受けられます。
完全異業種とのボーダーレスはこれからも形を変えて発展していくこととなるでしょう。

巧いマ○トプレイは雄琴で楽しむ

ソープランドにおけるサービスの定番といえば、マ○トプレイです。短時間でありながら設定料金も安い格安店というのが大きな流行となっている現在、マ○トプレイというのは失われつつあるサービスとなっています。その理由として、格安店はマ○トプレイを時間の関係から行わないということもありますが、格安店で経験を積むコンパニオンが増えたことによって、マ○トプレイの技術すらも失われつつあるのです。

これは、格安店が大半を占めるようになった雄琴のソープランドでも同様で、徐々にマ○トプレイを行える店や女性は減りつつあるようです。元々マ○トプレイには広めのプレイルームが必要になるのですが、雄琴といえば建物の大きさや部屋の広さというのは全国トップと言っても過言ではありません。せっかくの広さがあるわけですから、ゆったりとマ○トプレイを楽しめないというのはとてももったいない話なのです。

雄琴のソープランドで満足のいくマ○トプレイを楽しみたいのであれば、ある程度のランクの店へ行く必要があります。「格安店などでも長めのコースを選択すれば問題無い」と思われるかもしれませんが、格安店の場合は基本的に女性に技術が伴っていないことが多いので、期待ハズレに終わることも多いのです。しかし、マ○トプレイが基本プレイとなるような時間設定が長めのお店すなわち中級店や高級店といった所であれば、女性にもマ○トプレイの技術が備わっていることが多く、満足の出来るマ○トプレイが楽しめるでしょう。

マ○トプレイは、見た目以上にハードでテクニックが求められるプレイです。ローションによって肌の密着感をいかに高めて、女性の柔らかい肌の感触などを楽しむことが出来るかというのが醍醐味。とてもではありませんが一朝一夕で身につくものではないのです。コツを聞いただけで満足させられるようなものでもありませんし、やはり日常的に行っているかどうかというのは重要です。

マ○トプレイに関しては、どちらかというと若い女性よりもベテランの女性の方が上手である傾向は強く、人妻・熟女系の店に行くというのも一つの手段です。こういった店で働く女性は、大抵の場合はマ○トプレイの経験もありますし、ちゃんと実習などで技術を教わったことがある世代です。格安店でロングコースでマ○トプレイをお願いしてもしっかりこなせるでしょうし、マ○ト上手な女性を見つけるのもたやすいでしょう。

雄琴には数多くの人妻・熟女店がありますし、プレイルームも広くマ○トプレイをするには最適な場所。雄琴で最高級のマ○トプレイを楽しんでみてはいかがでしょうか。

人妻や熟女が強い雄琴でも20代女性が増加中

「雄琴のソープランドは年齢層が高め」と言われています。そもそもの雄琴ソープ街の成り立ちも関係して、利用客は年配層が多かったこともあり、他の街では年をとったと言われる女性でも働けるという傾向にありました。近場のソープ街である福原などでは「福原や大阪で経験を積み、雄琴で一花咲かせる」というのが関西圏のソープ嬢の定番コースと言われていました。

しかし、昔と今では雄琴ソープ街の立ち位置というのも大きく変化しています。利用客層も周辺を取り巻く環境だって大きく変化しているわけですから、働いている女性も変化していると考えるのが普通です。では、現在の雄琴と昔の雄琴では、働いている層というのは違うのでしょうか。

女性のことに触れる前に、雄琴やその周辺にどのような変化があったのかを見てみましょう。大きく変わったのは「温泉街とソープ街の関係の変化」と「利用客の変化」という2つの事柄でしょう。前者についてですが、昔はソープ街と温泉街はかなり密接な関係にあったと言えます。ソープ街の利用者は温泉街の利用者であり、温泉のついでにソープまたはソープを目的に温泉街を利用するという具合で、お互いにお客を共有していたのです。しかし、ソープランドの話題性は強く温泉街のイメージが悪くなったことによって、お互いは決別してしまいました。温泉街はソープ街と無関係というスタンスになりましたし、ソープ街も同様です。

次に、利用客の変化についてですが、これは主にソープ街までの交通手段の変化です。昔よりも車が普及したことで利用者は年配層だけではなく、免許を取って自由に車が使える20歳前後まで広がりました。つまり、ソープ街にも若い人を見かけることが多くなったのです。今では風俗デビューの大学生から新社会人などなど、年齢層を問わず雄琴のソープランドを利用しています。

では、実際にソープランドで働いている女性はどうなのかというと、これもまた若い人が増えたと言えます。あくまで昔に比べてですし、ウェブ上で公開されている年齢などは風俗年齢ですから公開年齢と実年齢は大きな差があることでしょう。しかし、実年齢が20代前半の女性も増え、中には20代前半~中盤の女性だけを集めた店というのも存在しています。まだまだ人妻や熟女と呼ばれる年齢の人が主流ではあるものの、20代の若い世代もどんどん増えているのも事実なのです。

そういった現状ですから、雄琴の若い女性を狙って店選びをしてみるのも良いかもしれません。雄琴で揉まれて活躍する女性で「雄琴のソープランドは年齢層が高め」と言われています。そもそもの雄琴ソープ街の成り立ちも関係して、利用客は年配層が多かったこともあり、他の街では年をとったと言われる女性でも働けるという傾向にありました。近場のソープ街である福原などでは「福原や大阪で経験を積み、雄琴で一花咲かせる」というのが関西圏のソープ嬢の定番コースと言われていました。

しかし、昔と今では雄琴ソープ街の立ち位置というのも大きく変化しています。利用客層も周辺を取り巻く環境だって大きく変化しているわけですから、働いている女性も変化していると考えるのが普通です。では、現在の雄琴と昔の雄琴では、働いている層というのは違うのでしょうか。

女性のことに触れる前に、雄琴やその周辺にどのような変化があったのかを見てみましょう。大きく変わったのは「温泉街とソープ街の関係の変化」と「利用客の変化」という2つの事柄でしょう。前者についてですが、昔はソープ街と温泉街はかなり密接な関係にあったと言えます。ソープ街の利用者は温泉街の利用者であり、温泉のついでにソープまたはソープを目的に温泉街を利用するという具合で、お互いにお客を共有していたのです。しかし、ソープランドの話題性は強く温泉街のイメージが悪くなったことによって、お互いは決別してしまいました。温泉街はソープ街と無関係というスタンスになりましたし、ソープ街も同様です。

次に、利用客の変化についてですが、これは主にソープ街までの交通手段の変化です。昔よりも車が普及したことで利用者は年配層だけではなく、免許を取って自由に車が使える20歳前後まで広がりました。つまり、ソープ街にも若い人を見かけることが多くなったのです。今では風俗デビューの大学生から新社会人などなど、年齢層を問わず雄琴のソープランドを利用しています。

では、実際にソープランドで働いている女性はどうなのかというと、これもまた若い人が増えたと言えます。あくまで昔に比べてですし、ウェブ上で公開されている年齢などは風俗年齢ですから公開年齢と実年齢は大きな差があることでしょう。しかし、実年齢が20代前半の女性も増え、中には20代前半~中盤の女性だけを集めた店というのも存在しています。まだまだ人妻や熟女と呼ばれる年齢の人が主流ではあるものの、20代の若い世代もどんどん増えているのも事実なのです。

そういった現状ですから、雄琴の若い女性を狙って店選びをしてみるのも良いかもしれません。雄琴で揉まれて活躍する女性であれば、若い女性でもしっかりとしたサービスが期待出来るでしょう。

社会問題で風俗が激変!?雄琴ソープ嬢が増え続ける理由

雄琴ソープ街のソープ嬢が増え続けているといいます。
それには、現在のわが国の女性の労働環境が深く関係しているそうで、社会学者も警鐘を鳴らしているそうです。

『ワーキングプア』という言葉も聞き飽きるくらいにニュースで聞きますし、劣悪の労働環境がソープ嬢を大量に生み出す原動力となっているのです。
いったいどんな女の子たちが雄琴ソープ街に救いの手を求めているのでしょうか?

●ワーキングプアNO.1は『介護ヘルパー』

平成9年の施行された介護保険法によって、瞬く間に登場した老人介護施設。
その中の中心で活躍するのが「介護ヘルパー」のみなさんです。
国家試験に合格し、晴れて”ヘルパー”となりますが、労働条件は想像を絶するものだといいます。

給料はパートタイマー並で、わがままの限りを尽くす老人たちを相手にし、ヘルパー会社からは「尊く、やりがいのある夢のある仕事」と精神的なプレッシャーまでかけられる「割の合わない仕事」の代表でもあります。

ヘルパーの方は仕事柄「外見を磨く間もない職業」ですので、悲しいかな面接で落とされることも多いようですが、それでも求人への応募率はNO.1だそうです。

●『保育士』もまた恵まれない女性たち・・

『保育士』も介護ヘルパー同様にソープ嬢への転職が多い職業です。
子供はわがままでも老人よりは可愛いものですし、「子供好き」が憧れる職業でもあります。
にもかかわらず、保育士の離職率は高く、たいていは3年続かずに辞めてしまうのです。

これも介護ヘルパー同様に給料が安く、また最近では「モンスターペアレント」の急増のために苛酷さが増していると言われています。

介護ヘルパーと比べるとまだ平均年齢も若いために「転職するなら早く!」と、関西圏の保育士たちがこぞって雄琴を目指すのです。

●定番『看護師』もいまだ健在

もともと「前職が看護師」というソープ嬢は昔からたくさんいましたが、今回もトップ3に入っています。
一般職の女性の中では高収入で将来性にある仕事なのに、不思議な現象だといえます。
専門家の中には「常に命に関わるような、心身ともにハードな職務の看護師は、性に対する割り切りもスムーズ」という見解をする方もおり、行動力がある分、「風俗」という高い壁を難なく超えられるのかも知れません。

看護師は高収入ではありますが、人手不足は社会問題化しており、現場は苛酷さを極めています。
今なお元看護師のソープ嬢の風俗転身は継続されているのです。

女性の社会進出が推進され、結局苦しんでいるのは女性本人なのかもしれません。
雄琴でソープ嬢に転身して「やっと人間らしい暮らしができた」と胸を撫で下ろす子もいるらしく、それほど世間の女性に対する風当たりは厳しいのかもしれません。

雄琴でソープデビュー戦をするためのオススメ店

雄琴のソープ街は日本国内では非常に有名で、関西圏では福原に並んで話題になる一大ソープ街です。そこには30軒以上のソープランドが軒を連ね、滋賀県内はもちろん近隣県からも利用者が訪れる場所となっています。そこで営業しているソープランドのレベルも高く、誰が訪れても満足すること間違い無しと言えます。

さて、そんな雄琴のソープランドでソープ遊びのデビュー戦を飾るという方も多いでしょう。というよりも、滋賀は当然のこと京都であったり場合によっては大阪の方なども雄琴ソープでデビュー戦を行うことがほとんどではないでしょうか。では、ソープ遊び初心者の方が利用すべきオススメの店というのは、一体どんな店があるのでしょうか。

【 料金をケチるべからず 】
初めてのソープ遊びというと、まず最初に考えるのが失敗してしまった時のことです。最低でも1万円は確定となる遊びなわけですし、期待通りの遊びで無かった時の被害を最小限に留めたいという気持ちはわかります。しかし、ソープランドは基本的に価格が高ければそれに比例してサービスの質も高くなるもので、せめて最初くらいは豪儀にいったほうが失敗することは少ないでしょう。

しかしながら、いきなり高級店へ行っても比較対象が無いのでその良さはわかりませんから、2万円~3万円程度のお店を選択することをオススメします。雄琴であればこの価格帯の店でも十分満足することが出来るでしょう。

【 20代後半~30代前半のキャストを選ぼう 】
雄琴で働く女性は、20代~40代くらいがメインであり、他のソープ街に比べてやや年齢が高めです。そのため、この年代の女性を探すのは難しいことではありません。この年代のキャストはそこそこ経験も積んでいるため、最初に遊び慣れていないことを伝えれば、ちゃんとそれに合わせて接客を行ってくれます。雄琴の醍醐味とも言えるのがこの年代のキャストさんですから、それらを狙いたいものです。

【 選ぶべきお店はこの辺り 】
では、このような条件を満たすお店はというと、『恋人』『花影』『雄琴さくらん』『アトリエ』『シャトールイ』といった辺りです。同価格帯には人妻・熟女店というのもありますが、上記のお店であれば年齢層がある程度広く在籍しているので、選択の幅は多いでしょう。歴史ある老舗も含まれていますし、これらの店ならばほぼ失敗しないでしょう。

あくまで上記で挙げた条件やお店というのは、あくまで失敗しないことを前提にしたもの。雄琴は地域全体的にレベルが高い店が多い街ですから、ウェブサイトなどで比較して満足出来そうなお店でデビュー戦を飾ってみましょう。

雄琴のソープで遊ぶなら短時間コースはオススメ出来ない

昔に比べてソープランドの傾向というのは大きく様変わりしました。昔のソープランドというのは、料金は高めでも60~120分のサービスをしっかりと味わうのが普通の遊び方でしたが、最近ではそこまで長くはないので45~60分程度の短時間でササッと遊んで帰るというのが人気となっています。

こうした変化は料金的な問題も関係しているのでしょうが、デリヘルなどの他の風俗においても同様の傾向が出ているようですので、利用客の意識自体が変化してきているのかもしれません。「長時間のコースを選んでも、途中で気まずくなる」とかいうのもよく耳にする話です。

雄琴のソープ街でも同様の傾向はあり、雄琴にあるソープランドの大半は格安店や大衆店。基本コースとなっているのは45~60分で総額15,000円です。しかし、他の地域でならともかく雄琴のソープランドで短時間のコースで遊ぶのは非常にもったいないと言えます。むしろ、短時間コースへ行くぐらいのであれば、行かないでお金を貯めた方が良いと言えるかもしれません。

雄琴のソープランドで短時間コースはオススメしない理由としては幾つかあるのですが、まず一つ目の理由として『行くのが面倒な場所にある』ということ。雄琴のソープ街は最寄り駅からも徒歩数十分という郊外にあります。行くのに車は必須ですし、公共交通機関を使う場合は電車にバス、タクシーなどを使わなければいけませんから、その場合は近場の大都市である京都市内から待ち時間なども考えれば40~1時間はかかると見ておくべきです。高級ソープなどでじっくり遊ぶならまだしも、格安ソープで軽く遊ぶというのであれば面倒だと思う時間でしょう。

二つ目の理由としては、『雄琴ソープは短時間では楽しみきれない』ということです。雄琴のソープランドのサービスは全国的に見ても高いレベルにあるのは間違いありません。しかし、やはり最初は場を温めるために会話をしたりするものですし、そうなれば実質的にサービスを受ける時間はごくごく短いと言わざるを得ません。ハイレベルのサービスであっても短時間であれば、満足するには程遠いと感じるのではないでしょうか。

わざわざ時間をかけて満足仕切れないサービスにお金を払うよりも、どうせ行くならしっかりと長く遊べる時に行った方が満足出来るというわけです。この辺りの認識については個人個人の意見があるかと思いますが、せっかく万単位でお金を払って遊ぶわけですから、後悔しない遊び方で楽しみたいものです。

良質な人妻・熟女ソープの宝庫である雄琴ソープ

雄琴のソープランドでは、若い女性よりもややベテラン気味の女性が多く働いています。人妻系や熟女系のソープランドが多いことからもそれは伺うことが出来ますが、昨今では人妻や熟女という比較的年齢の高い女性も需要が高まっていますから、その分雄琴の需要もやや高くなっていると言えるかもしれません。

雄琴にある人妻や熟女専門店というと全部で6店舗ほど、専門店ではないにしろ30歳前後がメインとなっているお店を加えればその倍ぐらいにはなるでしょう。元々雄琴では人妻系や熟女系が強い傾向がありますが、それを抜きにしても他の地域に比べてその数はかなり多いでしょう。最近では素人接客を売りとしたお店が増えたことで若い女性も増えていますが、それでも雄琴での需要は人妻や熟女系ということなのです。

人妻や熟女に属するベテランのコンパニオンの方は、長年の経験によるテクニックが売りであることが多く、さらに年長者ならではの気遣いなどが魅力と言われています。若い女性ではまだ経験が足りずに細かい所まで気が回らなかったり、プレイにおける様々なテクニックのレベルが低かったり接客の質の違いなどもあって、わりと当たり外れが大きいのですが、人妻や熟女くらいの年齢になってくるとその辺りがしっかりしているので、若いだけの女性よりもはるかに満足感のあるサービスが期待出来るのです。

雄琴のソープランドの人気の理由で多いのは、「サービスの良さ」というものです。この理由は昔から言われていることなのですが、これは人妻や熟女というベテランのコンパニオンが多いからこその評判なのかもしれません。一口にサービスの良さといっても、人によってサービスの良さを感じるには様々なポイントがあるでしょうし、それらをカバー出来るのが人妻や熟女というベテランならではということなのでしょう。

雄琴の人妻ソープや熟女ソープは、昔から評判が良く老舗と呼ばれるような営業期間の長さを誇る店もいくつかあります。そうした所であれば、一際サービスに期待が出来ますし、プレイのテクニックを十分持っているベテランコンパニオンと出会うことは容易です。洗練された人妻や熟女のテクニックは評判に違わぬものですし、若い女性にはないテクニックや気遣いで、疲れた男性を癒してくれることでしょう。

良質な人妻・熟女ソープが多い雄琴であれば、こうした専門店を食わず嫌いしている方でもその魅力にハマってしまうこともあるかもしれません。他所のソープ街の人妻店や熟女店よりもハイレベルな店が多いので、興味が湧いたら絶対に利用しておきたいものです。