社会問題で風俗が激変!?雄琴ソープ嬢が増え続ける理由

雄琴ソープ街のソープ嬢が増え続けているといいます。
それには、現在のわが国の女性の労働環境が深く関係しているそうで、社会学者も警鐘を鳴らしているそうです。

『ワーキングプア』という言葉も聞き飽きるくらいにニュースで聞きますし、劣悪の労働環境がソープ嬢を大量に生み出す原動力となっているのです。
いったいどんな女の子たちが雄琴ソープ街に救いの手を求めているのでしょうか?

●ワーキングプアNO.1は『介護ヘルパー』

平成9年の施行された介護保険法によって、瞬く間に登場した老人介護施設。
その中の中心で活躍するのが「介護ヘルパー」のみなさんです。
国家試験に合格し、晴れて”ヘルパー”となりますが、労働条件は想像を絶するものだといいます。

給料はパートタイマー並で、わがままの限りを尽くす老人たちを相手にし、ヘルパー会社からは「尊く、やりがいのある夢のある仕事」と精神的なプレッシャーまでかけられる「割の合わない仕事」の代表でもあります。

ヘルパーの方は仕事柄「外見を磨く間もない職業」ですので、悲しいかな面接で落とされることも多いようですが、それでも求人への応募率はNO.1だそうです。

●『保育士』もまた恵まれない女性たち・・

『保育士』も介護ヘルパー同様にソープ嬢への転職が多い職業です。
子供はわがままでも老人よりは可愛いものですし、「子供好き」が憧れる職業でもあります。
にもかかわらず、保育士の離職率は高く、たいていは3年続かずに辞めてしまうのです。

これも介護ヘルパー同様に給料が安く、また最近では「モンスターペアレント」の急増のために苛酷さが増していると言われています。

介護ヘルパーと比べるとまだ平均年齢も若いために「転職するなら早く!」と、関西圏の保育士たちがこぞって雄琴を目指すのです。

●定番『看護師』もいまだ健在

もともと「前職が看護師」というソープ嬢は昔からたくさんいましたが、今回もトップ3に入っています。
一般職の女性の中では高収入で将来性にある仕事なのに、不思議な現象だといえます。
専門家の中には「常に命に関わるような、心身ともにハードな職務の看護師は、性に対する割り切りもスムーズ」という見解をする方もおり、行動力がある分、「風俗」という高い壁を難なく超えられるのかも知れません。

看護師は高収入ではありますが、人手不足は社会問題化しており、現場は苛酷さを極めています。
今なお元看護師のソープ嬢の風俗転身は継続されているのです。

女性の社会進出が推進され、結局苦しんでいるのは女性本人なのかもしれません。
雄琴でソープ嬢に転身して「やっと人間らしい暮らしができた」と胸を撫で下ろす子もいるらしく、それほど世間の女性に対する風当たりは厳しいのかもしれません。

雄琴でソープデビュー戦をするためのオススメ店

雄琴のソープ街は日本国内では非常に有名で、関西圏では福原に並んで話題になる一大ソープ街です。そこには30軒以上のソープランドが軒を連ね、滋賀県内はもちろん近隣県からも利用者が訪れる場所となっています。そこで営業しているソープランドのレベルも高く、誰が訪れても満足すること間違い無しと言えます。

さて、そんな雄琴のソープランドでソープ遊びのデビュー戦を飾るという方も多いでしょう。というよりも、滋賀は当然のこと京都であったり場合によっては大阪の方なども雄琴ソープでデビュー戦を行うことがほとんどではないでしょうか。では、ソープ遊び初心者の方が利用すべきオススメの店というのは、一体どんな店があるのでしょうか。

【 料金をケチるべからず 】
初めてのソープ遊びというと、まず最初に考えるのが失敗してしまった時のことです。最低でも1万円は確定となる遊びなわけですし、期待通りの遊びで無かった時の被害を最小限に留めたいという気持ちはわかります。しかし、ソープランドは基本的に価格が高ければそれに比例してサービスの質も高くなるもので、せめて最初くらいは豪儀にいったほうが失敗することは少ないでしょう。

しかしながら、いきなり高級店へ行っても比較対象が無いのでその良さはわかりませんから、2万円~3万円程度のお店を選択することをオススメします。雄琴であればこの価格帯の店でも十分満足することが出来るでしょう。

【 20代後半~30代前半のキャストを選ぼう 】
雄琴で働く女性は、20代~40代くらいがメインであり、他のソープ街に比べてやや年齢が高めです。そのため、この年代の女性を探すのは難しいことではありません。この年代のキャストはそこそこ経験も積んでいるため、最初に遊び慣れていないことを伝えれば、ちゃんとそれに合わせて接客を行ってくれます。雄琴の醍醐味とも言えるのがこの年代のキャストさんですから、それらを狙いたいものです。

【 選ぶべきお店はこの辺り 】
では、このような条件を満たすお店はというと、『恋人』『花影』『雄琴さくらん』『アトリエ』『シャトールイ』といった辺りです。同価格帯には人妻・熟女店というのもありますが、上記のお店であれば年齢層がある程度広く在籍しているので、選択の幅は多いでしょう。歴史ある老舗も含まれていますし、これらの店ならばほぼ失敗しないでしょう。

あくまで上記で挙げた条件やお店というのは、あくまで失敗しないことを前提にしたもの。雄琴は地域全体的にレベルが高い店が多い街ですから、ウェブサイトなどで比較して満足出来そうなお店でデビュー戦を飾ってみましょう。

雄琴のソープで遊ぶなら短時間コースはオススメ出来ない

昔に比べてソープランドの傾向というのは大きく様変わりしました。昔のソープランドというのは、料金は高めでも60~120分のサービスをしっかりと味わうのが普通の遊び方でしたが、最近ではそこまで長くはないので45~60分程度の短時間でササッと遊んで帰るというのが人気となっています。

こうした変化は料金的な問題も関係しているのでしょうが、デリヘルなどの他の風俗においても同様の傾向が出ているようですので、利用客の意識自体が変化してきているのかもしれません。「長時間のコースを選んでも、途中で気まずくなる」とかいうのもよく耳にする話です。

雄琴のソープ街でも同様の傾向はあり、雄琴にあるソープランドの大半は格安店や大衆店。基本コースとなっているのは45~60分で総額15,000円です。しかし、他の地域でならともかく雄琴のソープランドで短時間のコースで遊ぶのは非常にもったいないと言えます。むしろ、短時間コースへ行くぐらいのであれば、行かないでお金を貯めた方が良いと言えるかもしれません。

雄琴のソープランドで短時間コースはオススメしない理由としては幾つかあるのですが、まず一つ目の理由として『行くのが面倒な場所にある』ということ。雄琴のソープ街は最寄り駅からも徒歩数十分という郊外にあります。行くのに車は必須ですし、公共交通機関を使う場合は電車にバス、タクシーなどを使わなければいけませんから、その場合は近場の大都市である京都市内から待ち時間なども考えれば40~1時間はかかると見ておくべきです。高級ソープなどでじっくり遊ぶならまだしも、格安ソープで軽く遊ぶというのであれば面倒だと思う時間でしょう。

二つ目の理由としては、『雄琴ソープは短時間では楽しみきれない』ということです。雄琴のソープランドのサービスは全国的に見ても高いレベルにあるのは間違いありません。しかし、やはり最初は場を温めるために会話をしたりするものですし、そうなれば実質的にサービスを受ける時間はごくごく短いと言わざるを得ません。ハイレベルのサービスであっても短時間であれば、満足するには程遠いと感じるのではないでしょうか。

わざわざ時間をかけて満足仕切れないサービスにお金を払うよりも、どうせ行くならしっかりと長く遊べる時に行った方が満足出来るというわけです。この辺りの認識については個人個人の意見があるかと思いますが、せっかく万単位でお金を払って遊ぶわけですから、後悔しない遊び方で楽しみたいものです。

良質な人妻・熟女ソープの宝庫である雄琴ソープ

雄琴のソープランドでは、若い女性よりもややベテラン気味の女性が多く働いています。人妻系や熟女系のソープランドが多いことからもそれは伺うことが出来ますが、昨今では人妻や熟女という比較的年齢の高い女性も需要が高まっていますから、その分雄琴の需要もやや高くなっていると言えるかもしれません。

雄琴にある人妻や熟女専門店というと全部で6店舗ほど、専門店ではないにしろ30歳前後がメインとなっているお店を加えればその倍ぐらいにはなるでしょう。元々雄琴では人妻系や熟女系が強い傾向がありますが、それを抜きにしても他の地域に比べてその数はかなり多いでしょう。最近では素人接客を売りとしたお店が増えたことで若い女性も増えていますが、それでも雄琴での需要は人妻や熟女系ということなのです。

人妻や熟女に属するベテランのコンパニオンの方は、長年の経験によるテクニックが売りであることが多く、さらに年長者ならではの気遣いなどが魅力と言われています。若い女性ではまだ経験が足りずに細かい所まで気が回らなかったり、プレイにおける様々なテクニックのレベルが低かったり接客の質の違いなどもあって、わりと当たり外れが大きいのですが、人妻や熟女くらいの年齢になってくるとその辺りがしっかりしているので、若いだけの女性よりもはるかに満足感のあるサービスが期待出来るのです。

雄琴のソープランドの人気の理由で多いのは、「サービスの良さ」というものです。この理由は昔から言われていることなのですが、これは人妻や熟女というベテランのコンパニオンが多いからこその評判なのかもしれません。一口にサービスの良さといっても、人によってサービスの良さを感じるには様々なポイントがあるでしょうし、それらをカバー出来るのが人妻や熟女というベテランならではということなのでしょう。

雄琴の人妻ソープや熟女ソープは、昔から評判が良く老舗と呼ばれるような営業期間の長さを誇る店もいくつかあります。そうした所であれば、一際サービスに期待が出来ますし、プレイのテクニックを十分持っているベテランコンパニオンと出会うことは容易です。洗練された人妻や熟女のテクニックは評判に違わぬものですし、若い女性にはないテクニックや気遣いで、疲れた男性を癒してくれることでしょう。

良質な人妻・熟女ソープが多い雄琴であれば、こうした専門店を食わず嫌いしている方でもその魅力にハマってしまうこともあるかもしれません。他所のソープ街の人妻店や熟女店よりもハイレベルな店が多いので、興味が湧いたら絶対に利用しておきたいものです。

ハイレベルなマ○トプレイを楽しみたいなら雄琴のソープへ

ソープランドのプレイの一つに、マ○トプレイと言うものがあります。マ○トプレイは、いわゆる泡踊りと呼ばれていたプレイで、これを開発したのは川崎堀之内のとあるトルコ嬢で、それがあまりにも評判が良かったので全国的に広まって、ソープランドの基本プレイの一つとして確立されたと言われています。

しかし、近年のソープランドではそのマ○トプレイが徐々に無くなりつつあります。これには様々な理由があるのですが、そのうちの一つに「マ○トプレイを行うのに満足なスペースを確保出来ない」ということが挙げられます。確かに、どこの地域のソープランドでも部屋の狭い場所が多く、浴室などにもマ○トを置けないような所も少なくありません。しかし、ある地域のソープランドは、建物の大きさの問題を始め、マ○トプレイが減少する諸問題を気にせずマ○トプレイを楽しむことが出来ます。

それはどこの地域かというと、滋賀県にある雄琴のソープランドです。雄琴のソープランドの特徴の一つに、「建物がやたら広い」というものがあります。格安店でも、他の地域の高級店並かそれ以上の広さがあったりするのです。雄琴のソープ街は、他のソープ街と違って立地的にかなり独立しています。そのため、土地代などが安かったのか一つ一つのお店の面積がとても広く、ラブホテル並とも言われる広さを確保出来たというわけです。

そして、マ○トプレイが減少するその他の原因である「プレイ時間の問題」と「マ○トプレイが出来るコンパニオンの減少」というのも、雄琴であれば問題ありません。プレイ時間に関しては、格安店などは45分程度ですから無理ですが、どんなお店でも60分以上のコースも用意されていますから、問題ないでしょう。

コンパニオンの技術的な問題についてですが、雄琴には昔からベテランのコンパニオンが集まっていて、高い評判を得ています。今でもそうしたコンパニオンは多く、当然マ○トの技術もしっかりと持っていますから、低価格帯のお店でも十分満足出来るレベルのマ○トプレイを楽しめるのです。大衆店クラスでも満足のいくマ○トプレイは楽しめるでしょうが、高級店などになれば、基本プレイとなっている分だけさらに素晴らしいテクニックを持ったコンパニオンもいることでしょう。

「満足のいくマ○トプレイを味わいたい!」と強く思うのであれば、是非一度雄琴のソープランドを利用してみてはいかがでしょうか。余裕のある広さのある部屋でしっかりとしたテクニックで行われるマ○トプレイは、期待を裏切らない快感と満足感を与えてくれることでしょう。

雄琴ソープ嬢の「私が感じるとき」特集

ソープ嬢は「セックスのプロ」ですから、「仕事中に本気で”感じる”なんてことはない」と思っている男性客がおおいはずです。
しかし、本音トークをしてもらうと意外にそうでもないらしく、ときおり本気で「イッテしまう」こともあるんだそうです。
雄琴は、毎日多くの男性客が来店する西日本でも指折りのソープ街です。
今回は、その雄琴ソープ街のコンパニオンたちに、本音の性の告白をしてもらいました。

●定期的に感じることがある

女性には「生理」がありますから、一般女性だと「排卵日の前」などがとくに感度がアップするのが普通です。
しかし、雄琴のソープ嬢たちの多くは「ピル」を使用して避妊をしているために、この周期は当てはまらないのだそうです。
—–ただ、女性の体は神秘的です。
注意深く自分の体を観察したソープ嬢の話では、ちゃんと排卵周期の前後には必ず「イキやすくなる時期」があるのだそうです。
もしかしたら「満月」のときがその時期なのかもしれませんね。

●ダイエット中

体型を気にしてダイエットをしている期間はとくに感じやすくなる・・・というソープ嬢が多くみられます。
これは一般女性にも当てはまるセオリーだそうですが、「飢餓状態」になると体中のセンサーが敏感になるということは医学的にも証明されていることです。
女性をイカせることが好きな、責好き男性ならば”ダイエット中”が狙い目です。

●「好きなタイプ」が来たとき

当たり前すぎることですが、やはりセックスのプロと言われるソープ嬢も「女」ですから、好き嫌いの好みはあります。
好きなタイプのお客が来たときには「今日はプライベート」と口に出さずとも、心の中で思いながらプレイするようです。
雄琴のソープ嬢は地雷が少なく、手抜きしないことで有名なのですが、本音でこんなことを思っていたなんて意外ですね。

●「本指名」の客のほうがイキやすい

ソープランドは大きく分けて「フリー」と「本指名」の2種類で遊ぶシステムです。
ソープ嬢はフリーで当たったお客よりも、自分の顧客となる本指名のお客の方が「イキやすい」と口を揃えます。
本指名客は自分のステータスでもあり、また単純に自分を好きで指名してくれる、という喜びも大きいようです。
何度か本指名を重ねるごとに信頼関係が気づかれて安心感もできてきますから、感じる心の余裕が現れます。
医学的にも、女性は興奮状態よりもリラックス状態の方が”オーガズムを得やすい”のだそうで、ある意味「愛のあるセックス」に近いものがあるのでしょう。

肉体的なものから精神的なものまで、さまざまな要因でソープ嬢でも「イク」ことがわかりました。
男性客は「演技じゃないの?」と懐疑的な目でソープ嬢を見ますが、彼女たちも生身の人間であり女性なのです。
男としては本気で感じているか、いないかの区別くらいは見抜ける目を持ちたいものです。

仕事が終わった雄琴ソープ嬢のプライベート

雄琴ソープ街にお客として通っていると、不思議に思うことがあります。
周囲に飲み屋を見つけることも難しい雄琴の街で、ソープ嬢たちは毎日仕事が終わったあと何をしてプライベートの時間を過ごしているのでしょうか?
雄琴で半数近くいると言われている「寮暮らし」のコンパニオンたちのプライベートを探ってみました。

●オンラインゲーム

色っぽいプライベートを期待してしまいますが、意外に多いのが「オンラインゲーム」だそうです。
やはり、インドア派が多数を占めているのです。
また、雄琴のソープ嬢は計画性の高い子が多く、本気で借金を返し貯金に励みたいので、お金のかからないゲームで時間を潰すのです。
また、買い物もアマゾンなどのネット通販を利用し、無駄遣いは極力避ける傾向にあります。

●勉強

雄琴には現役の大学生や資格取得を考える子も多く、仕事が終わると真面目に勉強するのだそうです。
公言できませんが、現在普通のOLをしていたり、資格を活かした仕事をしている関西の女性の中にも「雄琴ソープ街出身者」がかなりいるはずです。

●京都四条・大阪梅田近辺が人気

もちろん休みの日などには繁華街を目指す子はたくさんいます。
人気なのは京都の四条河原町や大阪の梅田だそうです。
梅田は関西最大の繁華街でショッピング最適なので女性人気は非常に高いのです。

●パチンコ

雄琴にある数少ないアミューズメントです。
しかし、これはごく少数派で、お客とバッティングする可能性も高いので危険なのです。
根っからのギャンブル好きは、電車に乗って京都あたりまで遠征しているようです。

●スポーツクラブ・ヨガなど

ソープ嬢は体が資本ですし、太ると人気が落ちてしまうこともあるので、意識の高いコンパニオンは健康志向です。
雄琴のソープ嬢の中には、鍛え抜かれてシェイプされた素晴らしい肉体美を誇る子も多数いて、モデル顔負けのレベルに驚かされることもあります。

●何もしない

ソープ嬢という仕事はみんなが思っている以上にハードな肉体労働です。
精神的にも疲れるので、家に帰ったら「ドロのように眠る」「何もしない」というソープ嬢も少なくありません。
人前で肌を晒す仕事なので、睡眠不足などでコンディションが悪くなるのを防ぎたいという心理も働くようです。

●趣味に没頭

雄琴のソープ嬢の中には意外に家庭的な子も多く、趣味でアクセサリーや小物を作ることを趣味にしていることもあります。
バブル以降、こういった地味めのソープ嬢が増えたことも事実で、これも「時代の流れ」の一つなのかもしれません。

雄琴のソープ嬢は、繁華街にあるソープ街のコンパニオンとはまったく真逆なプライベートを送る子が多いようです。
あの、安定した接客やプレイのレベルの高さも、こういった落ち着いたプライベートの過ごし方に支えられているのかもしれませんね。

需要に合わせて変わってくるソープランドのキャストたち

ソープランドで働きたいという女性はどんどん増えていて、昔は「面接に行けばまず受かる」というぐらい働きやすかったものですが、現在のソープランドは倍率が高く面接でお断りされる方も少なくありません。採用されても稼げる女性と稼げない女性はハッキリ分かれるようになりました。稼ぐためには、自分だけの武器というか特徴を持たなければいけません。

【 最近の人気はパイパン嬢 】

最近増えてきているのが、陰毛を脱毛したパイパンの女性。ソープランドには昔からプレイの一つとして、陰毛をたわしに見立てて体を洗うたわし洗いというものがありますので陰毛を無くすことは御法度でしたが、最近では衛生面などを重視してパイパンにする女性が増えているようです。パイパン嬢だけを検索出来るようなサイトもあることからその需要は確かであり、プロフィールなどでも強調してアピールされているのが普通です。

欧米ではパイパンにしておくのが身だしなみとして浸透していて、欧米のモデルや女優は当然のこと一般人の女性でも処理しているのが普通になっています。日本ではまだ浸透しているとは言い難いのですが、今後はさらにパイパン嬢は増えて行くと予想されています。

【 需要はあるけれど数は少ない黒ギャル嬢 】

ソープランドとギャルという組み合わせは、ありそうでなかなかありません。それというのも、昔からソープランドは風俗の王様、高級サウナ、大人の社交場などと呼ばれ、ある程度の品格を求められていたからです。どこのソープランドでも「高級感」をテーマにしていて、高級店ともなればまるで一流ホテルとか宮殿を思わせるような豪華な内装にして、高級感を演出していることからもわかるでしょう。

対して、黒ギャルというとそのようなイメージとは真逆です。ソープランドが求める理想の女性像とは方向性が違うので、面接に来たとしても受かることは少ないのです。しかし、最近ではそういった傾向も徐々に薄れて、ギャルとは縁の無かった吉原でもギャル系ソープが登場しています。

【 アニメやゲームに詳しいオタク系女子も登場 】

コスプレ系ソープなどの極一部の限られたお店に現れたのが、アニメやゲームなどのオタク趣味に精通した女性です。お店の傾向にピンポイントで合わせたことで、風俗利用経験が少ない男性にも抵抗なく遊びにきてもらおうという試みのようです。

こうした様々なタイプのキャストが出てきたということは、従来のようなソープ嬢だけでは飽きられつつあるとも言えるわけで、今後はさらに個性的なキャストが増えてくるのかもしれません。そうなると、面白いキャストを探して色々なソープランドに行ってみるという遊び方も面白そうです。

雄琴のソープ嬢はふだん何を”つぶやいて”いるのか?

男は女に惹かれ、女は男に惹かれるものです。
その感情が膨れ上がり、「妄想化」してしまうと、性犯罪を起こすほどに抑制の効かないレベルにまで達してしまうのです。
雄琴ソープ街に訪れる男性たちも、きっと「ソープ嬢たちが何をしているのか?」「どんな会話をしているのか?」など、ふだん男性客に見せない「もう一つの顔」が気になるはずです。
最近ではそういった「本心」をSNSやブログで吐露するソープ嬢も増え、男性はこっそりとそれを覗き見ることも可能です。
”インターネット”というパブリックな場所に配信しているものなので、男性が閲覧をしてもルール違反ではないでしょう。
SNSの代表格「Twitter」などで呟かれる、雄琴のソープ嬢の本心を覗いてみましょう。

●やはり「愚痴」は多い

女性は「愚痴る動物」と言っても過言ではないでしょう。
本心はそれほど不満を持っていなくても、コミュニケーションのスタイルとして「愚痴」から会話の糸口を開くのです。
雄琴は現在どの店も客入りが良く稼げているはずですが、それでも「愚痴」をつぶやくソープ嬢は多いようです。
「へんなお客の愚痴」「店長への愚痴」「男性スタッフへの愚痴」と内容はさまざまですが、どれも深刻な悩みではいようですが・・・

●「美容関連」のつぶやきも多い

女性がする仕事の中で、最上級に肌を露出する仕事がソープ嬢ですし、また一日に何度も石鹸やシャンプーに触れるために肌トラブルに悩むソープ嬢も多いようです。
そのために「どこのスキンケア用品がいい」とか「〇〇というメーカーのボディーソープならば肌荒れがマシ」とかいった、男性にはあまり興味のないつぶやきも多くみられます。

●客入り情報・ギャランティーの情報

ソープ嬢にとって一番肝心な「客入り」や「ギャランティー」の情報交換もさかんにつぶやかれています。
雄琴に注目する他の地方のソープ嬢も交えて、かなりリアルな金額が投稿されているのに興味がひかれます。
「ソープ嬢ってこんなに稼げるの!?」と驚かれることでしょう。

●Q&A

ベテランソープ嬢に向けて、新人ソープ嬢が「Q&A」方式でつぶやきを往復させているのも目に付きます。
新人ソープ嬢は「どうやったら本指名をとれるのか?」とか「フェラやマットプレイの上達の方法」などを、ベテランソープ嬢に質問をして、その解答がなされているのです。
あくまで「お仕事」としての話なので、男性ソープファンはあまり見ない方がいいでしょうね・・・熱が冷めるかも知れません。

●恋愛相談

女性の会話の代表格「恋の話」も雄琴ソープ嬢のWEBコミュニティではさかんです。
取りとめのない話ですが、「女の恋愛観」「好きな男性のタイプ」などは、男性にとって最も気になるところなので、目が離せなくなります。

●趣味の話

仕事が充実し、思うように稼げているソープ嬢は雄琴にはたくさんいます。
仕事に満足をしているソープ嬢はもっぱら「趣味の話」をつぶやいているようです。
最近目立つのは「ペット」です。
わが愛犬や愛猫の写真をつぶやきとともに配信し、ペットつながりの別コミュニティーを形成していることもあります。

やはりソープ嬢といっても「女性」です。
ネットでつぶやかれる内容も至って女性的であり、見ていて安心できるものです。
雄琴ソープ街のファンの男性ならば楽しく見ることができるでしょう。

ソープランド経営者激白!なぜ今”雄琴”なのか!?

風俗業界がザワついているようです。
各業態、地域でこれまでにないほどの激変が訪れ、パワーバランスが年々入れ替わっているのが現代風俗の現状なのです。
現代風俗の勝ち組とも言われているソープ業界の中の雄、「雄琴ソープ街」の経営者たちに現在のソープ街の現状を赤裸々に語っていただきました。

●経営者Aさん談

「地方の繁華街はキツイようですよ。最近の田舎の方はデリヘルが急増して、各地に『デリヘルシティ』と呼ばれるところが登場してますから・・・最近では雄琴にかなりの数のコンパニオンが流入してますよ。風俗嬢過剰と言われてますが、集客も増えてるんでバランスは高い位置で保たれてる感じですね」

—–全国からソープ嬢が雄琴に流入しているという噂は現実のものでした。

しかし、地方のデリヘルがこれほど数を増やしてこれほど各方面に影響を及ぼしているとは驚きです。

●経営者Bさん談

「風俗業界を語るには”東京”を抜きにすることはできませんよ。2020年の東京オリンピックの影響は必ず現れるでしょうね。これまでも国家レベルの大きなイベントには常に風俗業界は苦しめられていますから。現在のパチンコ業界への締めつけも、東京五輪が関係しています。ソープランドに限らず水商売全般に言えますが、これから東京には「粛清」が入ることは確実でしょうね。雄琴にも関東圏から流れてきた風俗嬢が目立ちますね」

—–東京オリンピックも風俗業界に影響を与えているようです。

こういった国家規模のイベントは「時代のターニングポイント」になることも珍しくなく、そこに”雄琴ソープ街”も一枚噛んでいる状況のようです。

●経営者Cさん談

「全国の風俗街やソープ街の中で、雄琴は恵まれている方ですよ。衰退している地域もありますからね。でも私たち経営陣は安心してられないんですよ。雄琴は元々”何もない場所”に現「花影」の経営者がフロンティアとして開拓しましたが、たいていはすでに人間が集まるところに風俗店は出店されるものなんです。だから、現在の雄琴の好景気にあやかろうと、虎視眈々と狙いを雄琴に向けている風俗グループたくさんあることは知っていますし、すでに雄琴で出店しているソープ店同士の競争も熾烈を極めています。気を抜いたらあっというまに新興勢力にやられてしまいますよ」

—–過当競争が雄琴にあることが分かりました。

しかし、こういった生き残り合戦が今の雄琴のレベルの底上げにつながっているんでしょう。

ソープランドの経営は今や”ビッグビジネスの対象”としてみられています。
昭和の風俗経営では立ちいかないのが現状のようです。
世情がいち早く反映するといわれる性風俗業界で、雄琴ソープ街の動向はひとつの時代の象徴ともいえるのかも知れません。