雄琴新人ソープ嬢にアンケート「こうして風俗デビューしました」

近年の全国的なソープ嬢の急増で、滋賀県雄琴のソープ街にも日々たくさんのコンパニオン募集に女性が集まっているようです。
ふつうの暮らしをしていた女性たちが、ソープ嬢になることを決意するには、高い精神的なハードルを超えなければなりません。
一体彼女たちはどんな経緯から雄琴でデビューを果たしたのでしょうか?
雄琴有名店の新人さんたちにアンケートに協力してもらいました。

●離婚してシングルマザーに・・・

ここだけの話、雄琴ソープ街には「シングルマザー」がたくさん在籍しています。
まだ20歳くらいの子もいますから、そう言われてみないと気づく人も少ないはずですが・・・
若くして結婚をしたのですから、別れた夫もたいていは若く、「慰謝料」「養育費」などが支払われることも稀です。
子供を抱えてどうしようもなくなり、考えに考えた末に「ソープ嬢」を決意するのです。
「母は強し」ですね。

●DV・ストーカー・離婚の果に・・・

夫の暴力や交際相手のストーキングが社会問題となっていますが、法制度が整っておらず、警察でも抑止できないのが悲しい現状です。
雄琴は滋賀県の田舎町で、ほとんどのソープ店は近くに寮をかまえています。
ここに逃げ場の失った女性たちが仕事と避難所を兼ねて駆け込んで来るのだそうです。
ソープ店に在籍をすれば男性スタッフに守られるようになるので、彼女たちにとっては安住の土地になるようですね。

●借金地獄が原因・・・

昔から風俗嬢の多くが借金地獄から逃れることを目的にデビューをしています。
これは現在も続きますが、昔とは少し借金の性質も違うようです。
最近では「生活費」「奨学金」といった、散財が理由ではない真面目なものが多く、それだけ日本全体に貧困層が増えているということなのでしょう。
4年制大学を卒業した高学歴女子の就職問題も悲惨な状況であり、奨学金という借金を抱えたまま社会に放り出されて八方塞がりの多重債務者になってしまうのです。
やたらと若い新人ソープ嬢をよく見ますが、こういった原因が背後に隠れていたのです。

●ブラック企業から転職・・・

最近では「ブラック企業」なるものが増え、就職難につけこんで労働者をモノのように扱う企業が後を絶ちません。
とくに雄琴の新人ソープ嬢に多いのが、「介護ヘルパー」「保育士」などの社会貢献度の高い職場からの転職です。
これらの仕事は国家試験という難関を通り抜けた割には給料も安く、過酷極まりない仕事ですので、本来「キツイ」と言われてきたソープ嬢という仕事でもすんなりと馴染むようです。
人気が出れば、給料は5倍以上になりますから、労働力とギャランティーのバランスを考えると前職とは比較にはならないでしょう。

聞くも切ない新人ソープ嬢の身の上話ですが、みな入店をすると苦難から開放されたためか、一様に表情が明るかったのが印象的です。
社会の闇の影響をもろに受けてしまうのは、いつの時代もか弱い女性たちのようですね。

雄琴のソープ嬢はこんな男が好き

雄琴ソープ街のソープ嬢たちは、ビジュアルレベルも高く、接客も非常に洗練されているので、本気で好きになってしまう男性もいるようです。
気に入ったソープ嬢がいた場合には、「本指名」をすることでいつでも会いにいけることができます。
そして男ならば、やはり相手にも好かれたいものです。

しかし、ソープ嬢は一般女性とは感覚的にも少し違った部分があるので、指名客はどうしていいか悩んでしまいます。
雄琴で働くソープ嬢たちが、いったいどんな男が好きなのかを調べてみました。

●”ウソ”をつかない男・・・

雄琴のソープ嬢に好きな男性のタイプは?とアンケートを取ってみて、一番多いのが、「ウソをつかない人」とのことです。
これは一般女性も同じく口にすることなので、共通した女性の傾向だといえるでしょう。
ソープランドでは、男性客は自分を大きく見せようとして仕事や年収、住んでいる家などを盛って話すことが多いようです。
しかし、彼女たちは毎日多くの男性と接する、接客のプロですから結構バレてしまっていることもあるので注意が必要です。
多少見栄を張るぐらいなら可愛いものですが、明らかなウソは厳禁ですね。

●誠実な男・・・

これもまた、一般女性と変わらない回答ですが、「いいかげんな感じの男」もまた雄琴ソープ嬢が嫌う男性だそうです。
いついつに予約を入れる・・・とか約束をしておいて、なんの連絡もなくキャンセルしたりするのは言語道断な行為です。
こういうことを続けていると、いくら外見が優れた男性でも嫌われてしまうので注意しましょう。
やはり「誠実な男」が最終的には勝利するのです。

●おとなしい男・・・

なぜかソープ嬢は「おとなしい男」を好む傾向にあります。
何人か知り合いのソープ嬢の彼氏を見たことがありますが、みな「ペット系」です。
毎日ハードな仕事をしていると、心を癒やしてくれるような男性が好きになるのでしょうか?

●よく喋る男・・・

会話の内容にもよりますが、「よく喋る男」を雄琴のソープ嬢は好みます。
商売の性質上、ソープ嬢は自分のプライベートなことはあまり詳細には話せないので、会話を成立させようとするならば、やはり男性客の方から話のネタを振ってくれることを望むのです。
コミュニケーションにはセンスが大事ですから、話の内容にもよりますが、とりあえず常識的な会話ができれば問題はないようです。
あがってしまうと言葉も出ませんが、意外にソープ嬢のほうも緊張はしているようなので、何かしらの会話のきっかけをつくるように心がけたほうがよさそうですね。

特殊な仕事をされている雄琴ソープ嬢も、やはり「女」だということでしょう。
好きな男性のタイプも意外に”フツウ”です。
男性客の方も、「ソープ嬢だから」と方に力が入って、突拍子もないことをしでかさず「か弱い女性」として優しく接することが彼女たちに気に入られる秘訣なのかもしれません。

雄琴ソープランド 得する遊び方

優良店が軒を連ねる雄琴ソープ街。
その規模はあまりにも大きすぎますから、事前情報もなく飛び込みで来店を考えるのは無謀だといえます。
最近の雄琴のソープ店はどこもキャンペーンや割引システムを実施していますし、時間帯によってはコンパニオンの出勤状況も違いますから、当てずっぽうで来店するのは「もったいない」の一言です。
ここでは雄琴ソープランドの”得する遊び方”を紹介しています。

●基本的には平日の早い時間が狙い目

雄琴のどの店舗もそれぞれに独自の割引システムを持っていますが、全体的に共通しているのは「早い時間帯は安い」ということです。
ただし、土日祝などが例外ですが、それでもやはり夕方以降の時間帯よりも朝や昼の方がいくらかは安くなります。
また、コンパニオンもまだ出勤したてで元気なので、持てるテクニックを存分に発揮してくれるはずです。

●気に入った店舗を見つけること

雄琴にはたくさんのソープ店がありますから、お客としても目移りしてしまいます。
ネットのホームページを見ては、今日はこの店、明日はこの店・・・と行きたくなる気持ちはわかります。
しかし、ソープランドはたいていスタンプラリーやポイント制を導入していて、たくさん来店してくれたお客に対して顧客還元の意味で特別な割引サービスを提供しているのです。
限りある資金を分散させるよりも、なるべく早くお気に入りの店舗をみつけ、通い詰めるほうが将来的にはお得かもしれません。

●姫選びを失敗しないために

いくら安くサービスを受けられても、コンパニオンが好みじゃなかったら残念な結果に終わりますよね?
ソープランドでは「コンパニオン選び」で勝敗が決まると言っても過言ではないのです。
最近では店のホームページを閲覧すると、姫写真は無料で見ることができますが、写真だけでは実物とは印象が違う場合があります。
選択の精度を高めるためには、各コンパニオンのページ内の「動画」「グラビア」「ブログ」などもチェックし、より多くの角度から実物を想像するといいでしょう。

●イベント時には「とにかく早く」予約を入れることが必勝法

クリスマスやバレンタインデー、また最近ではハロウィンなどは風俗店の稼ぎ時です。
こういったイベント時には指名ランカー(人気嬢)の出勤率も高いので、お客としても狙い目の時期です。
ただし、皆同じことを考えているので、なるべく早く押さえておく必要があります。
雄琴のソープ店は、一度来店しているお客ならば10日くらい前から予約できるところもあるので、「とにかく早く予約を入れる」ことが必勝法だといえます。

●メルマガ会員はメリットしかない

ソープランドの会員は、有料・無料ともに、一度来店した人だけが加入できます。
最新情報の提供や、会員だけの割引などの特典が受けられますが、最近では「メルマガ会員」というものを実施する店舗も増えています。
メルマガ会員は来店していなくても、メールアドレスだけで加入できるので、お得感があります。
雄琴ソープ店の半分以上の店舗がこれを実施しているので、お金を使わずに複数加入しておけるので便利です。
メルマガ会員は「メリットしかない」システムとして人気が高まりつつあります。

アイドルオタクをやめてソープランドに行こう!

低迷する日本経済の中で、勢いが衰えず消費活動を続けているのが「アイドルオタク」たちではないでしょうか?
現在、日本のアイドル・グループは無数といってよいほど存在し、それは芸能界の枠を超えて自治体・地方団体が運営するものも多くあります。
アイドルオタクの男性たちは、自分の身を切りながら「俺が育てている」という感覚で応援し、食費を切り詰めてでもCD、DVDを大量購入するといった行動を続けているのです。

●アイドルオタクたちに「未来」はあるのか?

アイドルに興味を示さない人からみると、彼らの価値観は理解できませんが、彼らなりに「納得」して追っかけを続けているようです。
何をしていても「未来」が明るければ、周囲の人も心配はしませんが、いったい彼らの「ゴール地点」はどこにあるのでしょうか?
彼らへのインタビューを聞いていると「有名になってくれたら満足する」という答えが圧倒的に多く、恋愛感情などはほとんどなく純粋なことに気づきます。
しかし、ほとんどのアイドルオタクの男性は、恋愛経験がなかったり童貞であったりしますから、どこかで熱が冷めてしまったとき「何も残らない」状態にもなりかねないのです。

●日本男性の「非交際率」とアイドルオタク

日本の成人男性(20代~40代)の非交際率(未婚率も含む)が7割近くあるといいます。
この数字とアイドルオタクの急増は決して無縁ではありません。
自分で納得して「俺は女はいらない」と考えているわけではなく、彼女を作りたくても作れない状態なのです。
性欲の精神的欲求のはけ口としてアイドルを追いかける衝動は、ジャニーズを追いかける独身女性にも共通しています。
問題は、アイドルの追っかけをしている姿を一般女性が見たとき、けっして「カッコイイ!」とはならないわけで、アイドルオタクをしているあいだはさらに彼女がデキづらくなってしまうのです。
たしかに、男性側から見ても、ジャニーズアイドルを一心不乱に追いかけている女性を見たとき、魅力的には見えないものです。

●ソープランドがすべてを解決してくれる

このようにアイドルオタクたちは、その行動をしているあいだはさらに欲求不満を加速させることになります。

・彼女ができない
・過剰な消費活動をする
・将来家庭をもつ可能性が低くなる
・熱が冷めたときに途方にくれる

自分を抑制し、程よくアイドルを楽しんでいる男性もたくさんいますが、度を超してしまうオタクたちは跡を絶ちません。
こういった状況に陥ったときにその「歯止め」となるのが、『ソープランド』なのです。
バーチャルによる女性との接触には「ゴール地点」がないばかりに追求をやめません。
自慰行為による射精だけでは、男性は真の満足感が得られないのです。
ソープランドならば、一定の料金を支払えばリアルな女性とセックスができ、思う存分射精ができます。
このときに得られる満足感、征服感は動物の本能的な喜びなのです。
また、リアルな女性との会話は、接客であってもコミュニケーションのトレーニングになります。
女性と付き合うときにコミュニケーションは最も大切な要素ですし、女性と接することへの抵抗感を減らすこともできるのです。

アイドルオタクの男性が、それにつぎ込む金額は相当なものです。
「高額な遊び」と考えられているソープランドですが、現在ではかなり低価格になっていて、アイドルにつぎ込むお金とは比べ物にならないほど低いのです。
また、”アイドル級”の美人コンパニオンも今ではめずらしくありませんし、年齢も若く清楚でふつうの女の子たちがたくさん在籍しているのが現代のソープ事情です。
周囲の男性の中にアイドルオタクがいたら、一度ソープランドを紹介してみてはいかがでしょうか?

消えてしまった風俗とソープランドとの比較

性風俗などの射精産業に従事する人の発想力は凄く、これまでたくさんのタイプの風俗店が生まれては消えていきました。
名前を聞いただけでも笑ってしまうようなものもあり、荒削りさがまた面白くもありました。
現在では「ソープランド」「ファッションヘルス」「ピンサロ」「デリヘル」などと性風俗もカテゴリー化され安定していますが、消えてしまった風俗たちを思い起こすのもまた楽しいものです。
ここでは、そんな消滅してしまった性風俗と、現代の勝ち組であるソープランドとの比較も交えながら検証してみたいと思います。

●アルサロ

現在の「ピンサロ」の原点となった風俗です。
「風俗」といっても、本来は「飲み屋」であり、キャバレー調の店内のボックス席でお酒を飲みながら「おまけ」として性的サービスを行っていたようです。
システム体系がとられておらず、「あそこのアルサロはフェラチオしてくれた」などという噂を頼りに多くの男性が押しかけていたようです。

●ノーパン喫茶

大阪は阿倍野区の裏通りに突如出現して世間を騒がせたのが「ノーパン喫茶」です。
店員がトップレスでコーヒーを運ぶ、という画期的なそのスタイルが受け一世を風靡しました。
この突飛すぎる斬新な発想は、それまでの「性風俗の概念」を変え、ピンサロなどのアイデア系風俗に受け継がれていきました。
性的サービスはありませんから、本番まで可能なソープランドと比較するのは難しいですが、発想力の凄さという部分では、ソープランドにも何らかの影響を与えたことは間違いないでしょう。

●マンションヘルス

完全に消えたわけではありませんが、現在のデリヘルの元祖となったのが「マンションヘルス」です。
受付もマンション、サービスルームも別のマンションと、一つの店舗が複数のマンションと契約し、一般人が生活をするふつうのマンションを利用したヘルスサービスです。
この頃、かなりソープ客が流入したとされるのは、「こっそりと本番をさせていた」という噂が広まったためです。
まだこの頃はソープランドも旧態然とした古い体質があり、ソープ嬢の年齢が高いなどの弱点があったため、苦戦を強いられたようです。

●バーチャルサロン

現在のようにIT技術が発達するずっと以前に、ゴーグル型のプロジェクターをつけてそこにアダルトビデオを映写し、コンパニオンがフェラサービスをするというハイテクな性風俗が存在しました。
最近、名所の古い町並みを3D 映像化し、メガネ型の画面で見ながら観光するサービスが現れましたが、その20年も以前に風俗業界でバーチャル映像による性的サービスが提供されていたのは驚きです。

●「ヌキサービス付き」ストリップ小屋

ストリップは今でもちゃんと存在し、洗練されてアート感覚に近い伝統風俗となりつつありますが、昔はもっと攻撃的なサービスがあるストリップ小屋があちこちにありました。
「奥の部屋」などというオプションがあり、ストリップで興奮した男性客を、追加料金を支払うことで「手コキ」「フェラ」「本番」までしてしまう過激なサービスがあったといいます。
しかし、この”行き過ぎ”が警察当局の目についてしまい、摘発が相次いだことで姿を消すことになったようです。
当時まだ料金が高額だったソープランドに行けないような男性たちに人気があったのです。

●デートクラブ

「夕暮れ族」の名称で、芸能人の顧客がたくさんいて騒動になった風俗です。
これは完全に「売春行為」であり、経営者たちもただではすみませんでしたから、消滅したのもとうぜんの結果だといえます。
18歳未満のコンパニオンもたくさんいたことから、「社会の闇」として伝えられましたが、ちゃんと法律を遵守しているソープランドにまで風評被害が及んだことも事実です。

こちらに紹介したのは、ごく一部だと思います。
全国区にならなかったような特殊風俗もたくさんあるでしょうし、犯罪職が強すぎて「一見さんお断り」の店舗も存在したはずです。
現在のソープランドと比べると、かなりデンジャラスなもので、性病対策などもされてはいなかったでしょうから、お客も命がけだったに違いありません。

「ソープランド秘技」マ○トプレイのいろいろ

ソープランドといえば「マ○トプレイ」です。

マ○トプレイは、ソープの旧名であるトルコ風呂の時代から進化した、世界でも類を見ない性風俗サービスです。
数多くある性風俗の中でもソープランドでしか体験できない貴重な伝統なのです。

最近、格安店などではマ○トプレイを排除している店舗も増えつつありますが、ソープランドの醍醐味が味わえず残念でなりません。

ここでは、ソープランドで提供される「マ○トプレイ」について特集してみました。

●マ○トプレイにはこんなものがある

1.泡踊り
ソープランドでもっとも早くに開発されたマ○トプレイだと言われています。
神奈川県堀之内のコンパニオンがやり始めたのが最初です。
石鹸の泡をまとったコンパニオンが全身を密着させるボディ洗いです。

2.カニバサミ
お客とコンパニオンの脚部を交差してはめ込むような態勢になり摩擦刺激します。
主にコンパニオンの太もも部分でペニスをこすりつけ、たいていは、泡踊りとセットで行います。
「松葉くずし」とも呼ばれています。

3.シックスナイン
マ○トプレイでのシックスナインは一味違います。
ローションを塗りつけてプレイしますから、局部だけでなく全身の快感が広がり、宇宙を彷徨うような感覚に陥ることでしょう。
専門用語では「風見鶏」といわれることもあるようです。

4.全身リップ
お客の全身をコンパニオンがなめ尽くします。
素人の女の子とのセックスでこれを経験することはないでしょう。
心身ともにサービスを提供するソープランドならではのプレイだといえます。
足の指までもナメてくれるコンパニオンもいるので、慣れていないとかなり驚くことになるでしょう。

5.マ○ト潜望鏡
「潜望鏡」は風呂の浴槽内でするフェラチオですが、マ○ト上でも少し違ったスタイルでプレイされます。
かんたんにいうと「パイズリ+フェラ」とでもいいましょうか・・・巨乳モノのAV動画でよく見られるものです。

6.すまた
すまたとは、コンパニオンの閉じた太ももの隙間にペニスを入れるプレイのことで、「本番よりも気持ちいい」という男性もいます。
騎乗位のスタイルで、コンパニオンが腰をグラインドさせ、それに手コキを織り交ぜたスタイルは、想像を絶するほどの快感が得られるプレイです。

●マ○トプレイの全体像

ソープランドでのマ○トプレイは、いわゆる「オードブル」に位置づけられるものです。マ○トが終わった後にベッドに移動し、そこで「本番」に突入するのです。
「マ○トで1回射精、本番で1回射精」というパターンが多く、これがソープランドでの遊び方の一つのスタイルでしょう。
マ○トプレイは特殊で、修得するまで時間もかかるため、最近では少なくなりつつあるプレイですが、古くからのソープファンにとっては寂しいものです。
福岡中洲、滋賀県雄琴、岐阜県金津園、神奈川県堀之内などでは、マ○トプレイの伝統も比較的しっかりと残っていて、かなりのテクニシャンが存在するといいます。

ソープ嬢の低年齢化が進んでこのままマ○トプレイがなくならないうちに、一度は体験してほしいものです。

変則プレイ初体験はテクニックのある雄琴で

世の中には変わった性癖をもっている男性はたくさんいますし、パートナーとの性生活がマンネリ化して、刺激を欲しているということもあるでしょう。
そんなときに合法的に性欲を満たしてくれるのが「ソープランド」です。
料金だけ支払えば、安全かつハイレベルで溜まりに溜まった性の欲求が開放できるため、ソープランドは「変態の駆け込み寺」という役割も担っているのです。
ただし、こういった変則プレイについては、受けるコンパニオンにもそれなりのスキルが必要です。
関西屈指のソープ街「雄琴」ならば、変則プレイの初体験にはもってこいです。
その理由などを解説しました。

●意外にNGの多いヘルスやピンサロ、デリヘル

変態プレイを楽しむのなら、べつにソープランドでなくてもヘルスやピンサロ、デリヘルでもいいじゃないか?と思われますが、これは違います。
ソープとこれらのソフト風俗の両方を経験した人ならば理解できるでしょうが、意外に「NG」が多いのです。
もともと「本番禁止」という前提で営業していることや、研修期間の短さ、料金の安さなどもNGが多い理由です。
コンパニオンの技術や対応力が引くく、また、料金に見合わない仕事はしたくないという、ソフト風俗嬢の心理もNG多発の要因だといえるでしょう。
「イメクラ」「コスプレ」「素人」など、多くのジャンルがありそうに感じるピンサロも実は細分化されており、「それ以外はできません」といったことが多いのです。
これに比べるとソープランドは「なんでも望みは叶えます」といった雰囲気があり、あまり大きな声では言えないような変わったプレイでも受け入れてくれます。

●猛者ぞろいが集まる雄琴ソープ街

「雄琴にはテクニシャンが多い」という噂があり、実際に来店してみれば一目瞭然に確認できるはずです。
この最大の理由は、全国から経験豊富なソープ嬢が集まってくることであり、それは「稼げる」「待遇がいい」「客層がいい」などさまざまな理由があるようです。
各地で経験した接客術とソーププレイを駆使し、雄琴でさらにそれを花開かせようという子が多いので、NGが少なく、あらゆる変態プレイにも対応できるのです。
変則プレイはソープ嬢にとっても初体験な場合が多いため、より多くのお客をさばいてきた実力派でないと望むような結果は得られませんね。

●サービスルームが広い

変態プレイにもさまざまありますが、3Pやローションを大量に使うもの、大掛かりなセットが必要なオフィス・プレイなどには、ある程度のサービスルームの”広さ”も必要です。
どんな画期的なプレイでも、狭苦しいところでコソコソやっていても気分は乗らないでしょう。
雄琴のソープ店は平均的に見ても、全国最大級といってよいほど店舗が大きく、のびのびと変態プレイを楽しむことができます。

●「離れたところにある」という安心感

雄琴ソープ街はびわこ湖畔の田園地帯に立地しています。
お客はみな他府県からの遠征組ばかりで、地元民はあまり来店することもないようです。
変態的な性癖をもつ男性は、心理的にそれを「知られたくない」と思うのは当然なので、地元にある風俗店で遊び、思わぬところから噂が立つことを心配します。
雄琴のような陸の孤島ならば、そういった心配をせず、思う存分に羽を伸ばして楽しむことができるのです。

こういったいくつかの要素が合わさっていることが雄琴の強みです。
「変則プレイ」を愛する男性には最適なソープ街だといえるでしょう。
知る人ぞ知る変則プレイの聖地なのです。

初めて雄琴へ突撃する人のために~雄琴ってどんなソープ街?~

関西ではもっとも大きいといわれている「雄琴ソープランド街」。
にわかに盛り上がりを見せているソープ業界の中でも、「最上級」に分類される地方ソープ街です。
田舎にあるので偶然目にすることがほとんどないため、インターネットもしない男性なら情報も不十分なはず。
何かで雄琴の存在を知り、はじめて突撃したい人のための予備情報です。

●雄琴はめずらしい「郊外型」ソープ街

雄琴の所在地は滋賀県です。
日本最大の湖であるびわ湖に面していて、周囲には一般客が利用する温泉街があるくらいで、あとは何もないといってもいいくらいの郊外型ソープ街の典型です。
この立地条件でこれだけ大規模な、そして最新流行のソープ遊びができるのは全国でもここだけでしょう。

●「ソープランド」の歴史としては特殊

全国のソープ街は、もともと遊郭だったところから発展した歴史をもつところがほとんどですが、雄琴の場合は少し違います。
ソープランドの前身である「トルコ風呂」が雄琴にできる前は、何も存在しなかったところで、北陸の風俗経営者が最初の店舗「花影」をオープンしたことをきっかけに爆発的にソープ街が形成されたようです。

●「日本3大ソープ街」ってホント?

「日本○○ソープ街」とかいうのは、それぞれの地域の人たちが独断と偏見で言っているだけなのでなんとも言えませんが、雄琴はその規模からすると「3大ソープ街」に数えても遜色はないでしょう。
40店舗あまりのソープ店が密集し、人気店の比率でいうと他のソープ街に引けをとりません。
かんたんにいうと「失敗が少ない」ソープ街ともいえます。

●ソープ店の「質」が高評価

雄琴のソープ店はどこも店舗の造りが本格的で、店舗面積はおそらく日本で最大です。
また、日本の景気が良かった頃の店舗を使い続けているソープ街もたくさんありますが、雄琴はリニューアルを繰り返して新陳代謝が進んでいるので、新しくて豪華。

●テクニシャン系のソープ嬢が主流

雄琴のソープ嬢はテクニック重視だといわれ、経営者はかなり接客指導にも力をいれているようです。
平均年齢は年々低下していて、もはや「ソープ嬢はおばさんばかり」というのは過去のものとなっています。
また、1店舗に在籍しているソープ嬢の多さも群を抜いており、「80名在籍」などという店舗もめずらしくありません。

●金額的にはごく平均的・・・でもコスパは最高

「格安店」「大衆店」「高級店」と、どのランクの店舗も他のソープ街よりは割安ですが、「日の出・早朝割引」が存在しないために、全体的には平均的な感じです。
しかし、ソープ嬢のビジュアルとテクニックレベルから換算するとコスパは最高ランクだといえるでしょう。

●意外に良いアクセス状況

雄琴を敬遠する人の最大の理由は「アクセスの悪さ」だといいます。
しかし、大阪、京都、愛知、北陸から滋賀県へはたいてい1時間くらいでいけてしまうため、「アクセスが悪い」というのは単なる印象にしか過ぎません。
一度行ってみると以外に短時間で到着することに驚かれるはずです。

立地の環境からさまざまな憶測をされていますが、経験した人はみな”意外性”を感じます。
逆にもっと都会にあるソープ街の方が「寂れた感」を感じてしまうかもしれません。
ソープランドの常連も、まったくの初心者でも使いやすいというもの、雄琴ソープ街の人気が維持されている理由の一つです。

他のソープ街よりも広い店ばかりの雄琴ソープ

温泉と風俗というのは切っても切り離せない関係というのは昔から言われていて、温泉街のすぐ傍にはソープランドが数軒はあるものです。
日本には数多くの温泉地がありますが、条例で完全にソープランドが禁止されているのであればデリヘルやホテヘルといった派遣型の風俗店が出店していますし、ソープランドが営業出来る地域であれば必ずソープランドがあるといった具合です。
愛知県にある道後温泉の側にあるソープ街などは有名で、ここは約10軒のソープランドが営業をしています。
そして、それ以上に有名な場所といえば滋賀県の雄琴にある雄琴ソープ街で、温泉街から雄琴港を挟んで対岸に展開されるソープ街では約40軒のソープランドが営業をするという、他の温泉街とは比較にならない規模のソープ街が隣接している場所です。

雄琴のソープ街は、その規模もさることながら他の地域のソープ街に比べて高い評判を集めています。
その要因はいくつもありますが、まず他と大きく違う点を挙げるとすれば『店舗の一つ一つが大きい』というものがあります。

基本的にソープ街と呼ばれる場所は、街全体の面積はそれほど広くありません。
それなのに数多くのソープランドが密集しているということは、必然的に一店舗の敷地面積は狭くなってしまいます。
吉原などはその傾向が顕著で、広さ自体は外周約1.4kmという広さがありますが、その中には130店舗以上がひしめき合い、高級店でも他の地域の大衆店ぐらいの広さしかないと揶揄されることもしばしばで、東京という人口過密地域に存在する吉原ソープ街の弱点とも言われています。
しかし、雄琴のソープ街はお世辞にも繁華街とは言えないような場所で、ソープ街に隣接する国道の脇にはのどかな田園風景が広がるような場所です。
雄琴にソープランドが出来始めた頃からその風景はあまり変わらず、周辺にはソープランド以外のお店というのもほとんど無いような状況ですから、特に周辺を気にすることもなく土地を広げていくことが可能だったということもあり、外周およそ1.2km、東京ドーム約1.5個分の広さのソープ街が誕生したというわけです。

面積だけを見れば吉原よりも若干狭い雄琴ソープ街ですが、そこには約40軒しかありませんから一つ一つのお店が大きくなるのは当然のことで、その広さは一つのお店が一軒のラブホテルと言われるぐらいの大きさです。
非日常的な空間を楽しむこともソープ遊びの一つですから、建物の面で他の所よりも優れている雄琴のソープランドが高い評価を受けるのも合点がいく話なのです。

『神泡姫』を探すなら滋賀県雄琴ソープ街

こんにちは、しがない風俗ライターをしています。

一年中、全国の風俗店を渡り歩いて思うことは、やはり「コンパニオンとの出会いの大切さ」です。どんなサービスが良くて内装が豪華なソープランドであっても、コンパニオンがイマイチだと店の評価もそこまでです。

ソープランドを含めた風俗取材の醍醐味は「神泡姫」との出会いにあるといっても過言ではありません。この「神泡姫」ともっとも遭遇するのが、吉原、金津園、福原、中洲などの巨大ソープ街でしょう。

そして個人的に打率が高いのが、滋賀県の「雄琴ソープ街」です。

規模的には吉原の半分くらいになりますが、吉原はどうしても雑多なイメージがあります。その点雄琴は優等生的で平均点が高く、そして究極のコンパニオンの出現率も抜群に高いのです。これまで取材をしたソープ店の中で、個人的に「遊びたい」と思わせてくれた神泡姫の8割は雄琴に集中していますから、そのレベルの高さが伺えます。

雄琴は地方に位置するソープ街ですが、コンパニオンは他府県からやってきていることが多く、雄琴で遊んでいても「滋賀県民性」を感じることはありません。まったく別の世界なのです。また、お客も地元滋賀県民よりも大阪や京都、奈良や福井、愛知から流入します。

こういったメジャーリーグ的な環境の中で、ソープ嬢は凌ぎ合いをするわけですから、どうしてもレベルは高くなるようです。反対に雄琴で鍛えられてから他の地域のソープ街に移籍をすると、かんたんにNO.1の座を獲得するなどということも少なくないのです。それほど雄琴は層の厚いソープ街ということになります。

吉原のソープ店で有名になると、メディアにも取り上げられてソープ客への認知度は高まります。その点雄琴で有名になっても男性客にはあまり知られませんが、全国のソープ嬢の間ではその噂が広がるようです。ようするに「冠」が違うわけで、雄琴の神泡姫たちは業界での有名人として君臨するのです。

そんな業界の有名ソープ嬢に憧れて全国から腕利きの女の子たちが雄琴に集まるのですから、クオリティーが高まる好循環のようなものがこの街にはあるようです。

”女性の魅力”に関しては天性のものが必要であり、それは努力だけでは補いない何かがあります。また、実際にお手合わせをしていただいて高い満足感が得られたとしても、筆舌しがたく、表現できない魅力というものもあります。そして「良い環境」こそがソープ嬢のレベルを高めるのも事実です。雄琴にきわだって「神泡姫」が多いのもそういったことが理由になると思います。

もし、神泡姫を経験したいと願い、全国どこにでも遠征する覚悟がおありなら、「雄琴ソープ街」を目指すことをおすすめします。これは7年間の風俗ライターとして経験してきた生の体験から得られた確証です。