30歳以上のソープランド求人の探し方

ソープランド求人は、若い女性を対象とした求人が多いのですが、最近では人妻風俗の人気も高まっているため、人妻ソープというのもまた人気のジャンルとなっています。
そこで、今回は30歳以上を対象にしたソープランド求人について見ていきましょう。

■ 30歳以上のソープランド求人はどこで探すべきか

ソープランドの求人は、色々な場所で募集されています。ネットが全盛期になった今であってもアナログの雑誌媒体というのもいくつかあって、色々な事情でネットが使えない方でも問題無くソープランドの求人を探すことが出来ます。
そういう風俗求人雑誌を利用するのも良いのですが、やはり求人を探すのであればインターネットが便利です。インターネットの風俗求人サイトであれば、雑誌媒体と違って掲載スペース的な制限がほぼ無いため、雑誌以上に求人の数が多いです。また、地域的にも、雑誌は販売地域周辺の求人に限定されてしまいますが、インターネットの風俗求人サイトであれば、日本全国のソープランド求人が見られるのです。
そして、ここが一番重要なのですが、30歳以上の女性だけに限定した求人サイトというのが多数あるということです。20歳代の若い女性向けの求人と一緒くたにされないだけあって、より探しやすく、純粋に30代の女性を欲しがっているお店を見つけられるので、自分に合ったお店を見つけやすいでしょう。

■ 高級店の求人は少なく、大半は大衆店以下が多い

人妻風俗が認められるようになり、人妻ソープの数も増えてきたとはいえ、残念ながら人妻ソープの地位というのは、あくまで大衆店レベルと思われている節は否めません。人妻・熟女ソープで高級店というのはとても少ないですし、大半のお店は1万円台の格安、よくて2万円台というレベルです。
そのため、人妻を対象にした高級ソープの求人というのはほとんどありません。若い女性のように高級ソープで荒稼ぎというのは難しいのです。女性の見た目によっては高級ソープでも十分やっていける方もいるでしょうが、やはり高級ソープの採用基準というのは厳しいため、よっぽど美人で若々しい方でないと採用基準を満たせる方というのは希少ではないでしょうか。

30歳が一つのボーダーと言われるソープランド求人ですが、風俗年齢というのがまかり通るソープランド業界、実年齢よりも見た目次第でどうにでもなるというのが真実かもしれません。
35歳でも若い子に混じって普通のソープランドでバリバリ稼げている方も少なくありませんから、あまりこだわらず色々なソープランドの求人を探すのが、精神的にも良いのかもしれません。

雄琴の現状を内側から暴露!~ソープ嬢アンケート

関西屈指のソープ街「雄琴」は、現在集客が伸び好景気に湧いているといいます。
また、常に注目を集めるソープ街ですので、インターネット上にもさまざまな情報が配信されています。
雄琴を絶賛する口コミの多くは的を得たものだといえますが、それは「お客側から見た雄琴」の姿です。
今回は、実際に雄琴のソープランドで勤務するソープ嬢たちに、雄琴を内側から見た感想などをアンケートしてみました。

●面接数がめちゃくちゃ多い

多くの現役ソープ嬢が同じような言葉を吐き出します。
・「毎日めちゃくちゃたくさん面接に来る」
・「店長が面接ばかりで大変そう」
・「実技講習のために何処かの部屋がいつも使われている」
”ソープ嬢過密状態”の噂はほんとうのようで、雄琴の現役ソープ嬢は店内でそれを目の当たりにしているようです。
このソープ嬢志願者の多さが、現在の雄琴人気の一つの要因だともいえます。
在籍数100人の店舗も数店あり、その「数の多さ」こそが雄琴ソープの魅力の一つでもあるのです。

●若い子が増えた

ソープ嬢の低年齢化が進んでいるとの噂がありますが、これは内側から見てもそう感じるようです。
しかも「若い子が増えた」とい口にするソープ嬢自体がまだ、「20代前半」だということに驚かされます。
女性は、年齢に関しては敏感ですから、下からの突き上げに、ある種の危機意識を感じているのです。

●客層がよくなった

昔はソープランドで遊んでいる男性は、ひとクセありそうな遊び人が多かったのですが、最近ではすっかり様変わりしているようです。
一般の怪異社員男性・フリーター・学生など、いわゆる「真面目そうな男性」が増えて客層が改善されているようです。
また、以前ではほとんど目にすることがなかった「オタク」っぽい男性客も増えているそうです。
こういった客層に対しては、どう接していいか分からないと悩む子もおり、雄琴ソープ嬢のこれからの課題の一つなのかもしれません。
ただし、オタクっぽい男性客は本指名につながりやすく、優しくソフトにふるまう人が多いことから、雄琴ソープ嬢の間では人気だそうです。

●グループ店間の移籍が増えた

雄琴のソープ店は、「グループ化」が進んでいて、ソープ嬢の知らない間に店舗拡張していたりすることも多いようです。
またグループ店間での集客の格差もあるようで、不人気店から人気店への移籍も増えています。
グループ全体の売上を考えたとき、人気店にお客が殺到して待ち時間が出て逃げられるよりも、グループ店間で人海戦術のようにコンパニオンを回したほうがよいのでしょう。

●月間売上は年々増えている

このアンケートをするときが、どのソープ嬢も嬉しそうな顔をしてくれます。
多くのソープ嬢が「売上がどんどん伸びている」と異口同音に発します。
昔は本指名が増えなければ売上も上がらないのがソープ業界の常識でしたが、最近では本指名客の間でフリー客が取れるので、月間売上が必然的に伸びているのです。
もともとお金を稼ぐためにこの仕事をしている彼女たちですから、多少肉体的にはつらくても「嬉しい悲鳴」なのでしょうね。
現在の雄琴をソープ嬢からの目線で語ってもらいましたが、職場環境はいたって良好のようです。
集客が伸びることでソープ嬢も良い仕事をする・・・という好循環が崩れず、いつ行っても満足できる雄琴であってほしいと、願うばかりです。

安く雄琴のソープを楽しむなら割引は必須

雄琴には色々なソープランドがあり、その規模こそ福原には及ばないと言われるものの、お店の質やキャストの質というのは決して福原に劣るものではありません。
低価格でありながら良質な店を多く取り揃えている雄琴だからこそ、今なお根強い人気を誇るソープ街として、多くのソープ愛好家に愛され続けているのです。

さて、そんな雄琴のソープランド達ですが、やっぱり人気の中心となっているのは安く遊べるお店。これは他の地域のソープ街と違いはありません。
一般的に格安店と呼ばれる45分前後で15,000円前後というのが主流となっていて、「45分前後じゃ短すぎる」という方は、60~80分とか1つ2つ長めのコースにして楽しむというのがオーソドックスな遊び方でしょう。

しかしながら、そうなるとやっぱり値段も高くなります。60分ぐらいになると20,000円台、80分くらいになれば30,000円台というのも珍しくありません。
格安店を選ぶということは少しでも予算を抑えたいということ、そんな中でのこういった金額は決してぽんと払いたいというものでもないはず。
そんな時に利用したいのが、各種割引です。

ソープランドでは、よっぽどの芯の通った高級店なんかで無い限りほぼ確実に何らかの割引があります。
雄琴のソープランドでも割引をやっていない店というのは無く、雄琴一の高級ソープと言われる『フォーナイン』や『プルプルプレミアム』、『皇帝別館』といった所でも、割引をして集客をしています。
この割引ですが、実際利用する立場からすると決して無視出来ない額となっていて、割引を使う使わないで5,000円くらい変わってきます。
ソープランドの代金が数万単位ですから、割引に関しても結構な額を割り引いてくれるというわけで、少しでも安く遊びたいなら絶対に利用したいものです。

お店によって数種類の割引が用意されていて、基本重複することはないのでうが、それでも数千円は値引きしてくるのは確定です。
その分だけ美味しいご飯を食べるも良し、キャストの方にサービス料のボーナス分として加えてあげるも良し、色々な活用法があるというものでしょう。

ウェブサイトに載っているシステム料金などは、全く割引の掛かっていない正式料金です。これを見て「ちょっと予算に合わないな」と諦めてしまわず、ブログやイベント情報なども合わせて見てみましょう。
もしかしたら、意外な割引率で予想以下の価格で楽しめるようになるかもしれません。安く雄琴のソープを楽しみたいのであれば、割引は是非チェックしておきましょう。

不便な雄琴ソープが根強い人気を誇るワケ

ソープランドをよく利用するという方は、大抵自分がよく行くソープランドというのがあると思います。特定のお店という方もいれば、とりあえず地域的に贔屓にしている地域があるとかいう方もいます。
色々な理由で贔屓にする理由は変わるのですが、関西圏ですと福原に並ぶソープ街として知られる雄琴がありますが、この雄琴ソープ街というのも贔屓にされる方が多く、しかも長くに渡って通っている方も多いと言われています。

雄琴のソープ街というのは、地図を見るとよくわかるのですが、あまり立地が良いとは言えない環境です。最寄り駅となるおごと温泉駅や比叡山坂本駅のほぼ真ん中にあるので、どちらの駅からでも徒歩で行くと30分以上、バスやタクシーを使うか無料送迎を使う、地元の方ならば自家用車を使うというのが現実的です。
ソープランドという遊べる店が限定されているとはいえ、何故このような不便な場所にある所が人気となっているのでしょうか。

実は、雄琴のソープ街が人気となっている理由の一つとして、「この不便さが関係している」という考え方があります。
ソープランドというのは、どのお店も基本的に「非日常」を演出しています。どのような色を出すのかはお店によって違いますが、普通では楽しめない雰囲気を用意するということが重視されています。
高級店では、店舗の外装や内装、部屋やキャストの衣装などにも徹底していますし、格安店でもクオリティは下がるものの、少しでもそうした雰囲気を出そうと努力をしています。
そうした非日常空間で特別な雰囲気を楽しむというのもソープランドの楽しみなのですが、そうした普段とは違う空気を完全に楽しむためには心構えが必要です。
そこで、注目されるのが「不便な移動時間」なのです。

この移動時間の間に心構えが出来るということ、さらには期待感などが高まることもあって、より雄琴のソープ街やソープランドを楽しむことが出来るというワケです。
これが福原のように駅から徒歩5分で行けちゃうような場所ですと、確かに便利なのですが、何となく味気なく感じてしまう方もいるでしょう。
また、街中にあるソープ街ですと切り替えがしづらいものですが、雄琴はある種の独立型ソープ街。一旦人工的な街並みから外れることで、雄琴ソープ街にある独特の雰囲気までもが楽しめるのです。

雄琴に根強いファンがいるというのも、「図らずもソープランドを最高に楽しめるようになる環境となっている」というのが大きな要因というわけです。
便利なのも良いですが、あえて不便であるというのも、決して悪いというわけではないようです。

「こんな将来を望むなら」ソープランドで軍資金と経験を貯め込もう!

女性のできる仕事の中で、もっとも高収入の部類に入り、そして多くの女性に資格があるのが「ソープ嬢」という職業です。
女性も自立を要求される時代ですから、自分の将来に大きな夢をもつ人も多いはずです。
しかし、あまり景気と就職事情のよくない現在の日本では、夢を叶えるために必要な軍資金を貯めるのも難しく、またお金がなければ経験を積むチャンスさえありません。
そこで、おすすめするのが「ソープ嬢」という職業です。
借金返済のためにやっている女性が多いイメージがありますが、最近では自分の将来のためにあえてソープ嬢という職業を選択していることも少なくないのです。

●大学進学・奨学金返済のために

学校の成績がいいのに、家が貧乏で大学に進学できなかったり、返済制の奨学金に苦しめられている女の子が多くいます。
これには、政府の方でも問題提起をして法改正に取り組んでいますが、一向に話が前に進みません。
そこで、「現役大学生のソープ嬢が」多く出現することになったのです。
このタイプのソープ嬢の増加が、ソープ嬢の低年齢化を推し進めているといっても過言ではない状態です。
未来ある、若い女の子の夢の実現にソープランドが一役買っているというわけですね。

●起業のために

最近では、女性の高学歴ワーキングプアが社会問題となっています。
せっかく努力をして難関大学に入学しても、思ったところに就職できないという悲しい現実が待ち受けているのです。
それならば、自ら「起業」をして自分の道を切り開こうとするたくましい女性もおられます。
もちろん企業するためには「軍資金」が必要になります。
実際に現役ソープ嬢にこのタイプの女性が多く、短期間で稼ぐことができる「最短コース」として人気があるのです。

●アーティスト志望のために

音楽、絵画、映画製作、演劇など、「アーティスト志望」の女の子たちの現状は悲惨としか言いようがありません。
それは家族を含めた、周囲の大人たちの理解が得られず、もちろん資金援助などもしてくれないことがおいのです。
本人たちは一般企業に就職する若者たちよりも、はるかに純粋な気持ちで取り組んでいるのに、周囲の人間は話を真剣に聞こうとさえしないのです。
あまりイメージされませんが、実はソープ嬢の中にはアーティスト志望の女の子が非常に多く、これは古くから続いている一つの伝統だともいえます。
成功するまで誰にも理解されないので、「自分でなんとかするしかない」と涙ぐましい努力家なのです。
また、ソープ店の店長などには、こういったアーティスト志望者に理解があることが多く、シフトや給与面などでもバックアップをしていることも少なくありません。

●おわりに

今回はソープ嬢のイメージがかなり変わるような内容でしたが、これは現実の話です。
ソープランドで軍資金を調達して夢を叶えた女性は「元ソープ嬢」ということを口にすることが少ないので、耳にする機会が少ないだけなのかもしれませんね。
出勤の都合を調整でき、しかも短時間で高収入が得られるソープ嬢は、金銭的にも人生の経験的にもすばらしいものを蓄積することができる職業だといえるでしょう。

ソープランドで提供される太っ腹なサービス特集

ソープランドに来店すると「こんなサービスしてくれるの!?」と驚かされることがあります。
昔ながらの高級感を感じさせる太っ腹なサービスを受けると、若い男性客ならば「大人の世界観」を垣間見る良い経験にもなるでしょう。
現在ソープ業界では「格安店」などが増えているためにこれらのサービスがない店舗もありますが、中級店、高級店では今なお健在です。
ソープランドで提供されている太っ腹なサービスを特集しました。

●タバコがグラスに入っていて吸い放題!

禁煙運動がさかんになり減少しつつありますが、昔のソープ店はワイングラスなどにタバコが入っていて「吸い放題」というサービスが広く普及していました。
あれを最初に経験したときには「凄い世界だ!」と驚愕したものです。
最近では本指名をしたコンパニオンが用意してくれることが主流になっています。
もちろん費用は女の子持ちです。

●高級洋酒が無料提供

高級店では高級なウイスキーやブランデーなどが準備されていて、無料で提供される店舗が多くあります。
できればプレイ前には飲まないほうが感度の高さを維持できるのですが、がっつかない大人の余裕を醸し出すためには少し口をつけておくのもいいでしょう。
こちらもお気に入りのコンパニオンが個室に用意してくれていることもあります。

●高級茶と茶菓子は定番

高級店では高級茶やコーヒーに茶菓子といったサービスは定番です。
おしぼりとともに待合室で提供され、遊び慣れた人ならばこの時にテンションも高まります。
普段あまり口にしないような上等な茶菓子のチョイスは、店のオーナーのセンスを感じます。

●栄養ドリンクの提供

実際にどこまでの効果があるかは不明ですが、多くのソープ店で「栄養ドリンク」が提供されます。
意外に値段のはるものもあり、ソープランドで栄養ドリンクの良さを感じて習慣になったという男性もいます。

●車の洗車サービス

車で来店し、帰る頃にはきれいに洗車されていることがあります。
VIP待遇の典型とも言えますが、最初はかなり驚きます。
どちらかと言えば、地方型のソープ街に多く見られるサービスです。

●サービス終了後のリラックス空間

いわゆる「上がり部屋」というやつです。
ここでも入店時同様にお茶などの飲食物が提供され、事後アンケートなどを書きながらリラックスした時間でクールダウンできます。
店によっては時間制限を設けておらず「ご自由に好きなだけごくつろぎ下さい」という太っ腹なサービスです。

●駅までの送迎サービス

事前に伝えておけば、最寄り駅までの送迎をしてくれるソープ店もたくさんあります。
雄琴などのアクセスに難のあるソープ街ならば格安店から高級店まで、ほとんどの店舗が実施しており、来客の多いときには乗り合い状態になることもありますが・・・非常に助かるサービスです。

●個室待合い

高級店では、客同士のプライベートを守るために待合室が個室になっていることもあります。
こういったサービスを提供する店舗は、手厚い対応をしてくれるために、人気があります。

●全コンパニオンの写真閲覧

コンパニオンの宣伝も兼ねて、来店した客にはアルバムやiPadなどを使って、在籍嬢すべてをモザイクなしで見せてくれる店舗もあります。
1回閲覧するだけで2000円ほど取られるヘルスやサロンとはレベルの違うサービスです。

ソープ嬢が稼ぐために目を通したいメディア

ソープ嬢で大きく稼ぐには「本指名」をたくさん取る必要があります。
そして、本指名客を長く自分の顧客としてつなげておくためには、「心と体」の両方をつかまえておく必要があります。
ソープランドのような女遊びをするところであっても、やはり男性は浮気性です。
何度か本指名を続けるうちに「飽き」がきてしまうのです。
長く指名客を引っ張り続けるには、会話によって心をつかまなければなりません。
そしてそれ以前に「趣味と価値観」を共有できなければならないのです。
ここでは、ソープ嬢がお客の心と興味を引くために、頭に入れておきたい情報が得られるメディアを紹介します。

●スポーツ新聞

あまり女性が好まないメディアですが、男性の購読者が多くいるのがコレです。
情報源のほとんどをスポーツ新聞に頼っている中年男性も多くいますから、目を通しておくと話のネタに困りません。
面白くなても、野球やサッカーオリンピック関係などの記事もチェックしましょう。
また、スポーツ新聞には「アダルトページ」が多数あり、そこを読み続けることで、歓楽街で遊ぶ男性の求めているものを感覚的につかむこともできます。

●男性週刊誌

「実録」「ポスト」などの男性週刊誌は、知識をひけらかしたいタイプの中年男性がよく読む雑誌です。
芸能情報なども多彩で、ワイドショー的な読みやすいメディアです。

●趣味系雑誌

若い男性は多趣味なことが多く、その部分で共通の会話ができれば強い求心力になります。
「車」「時計などのブランド」「アウトドア」「ファッション」「デジタルグッズ」など、若い男性が欲しがるような専門雑誌がたくさん読んでおきましょう。

●アニメ・コミック・ゲーム雑誌

最近のソープ客にはアニメやコミック・ゲームが好きな、いわゆる「オタク系」「アキバ系」の男性が多くいます。
いまや、風俗利用者の分布図でも強大な勢力ですから、無視するわけにはいきません。
ただし、オタク系男性の趣味は非常に奥深くマニアックですので、同レベルになるのは不可能です。
各ジャンルの人気の高い作品だけをチェックし、「興味があるから教えて欲しい」という会話をするために軽く知識を蓄えておきましょう。
オタク系の男性は、同じ趣味、興味をもつ人に対してはすぐに打ち解けてしまう性質があるので、面白くないかもしれませんが要チェックです。

●女性アイドルグループ

アニメやコミック好きなオタク系男性とかぶる部分もありますが、「女性アイドルグループ」の情報も知っておくとためになります。
アイドルの追っかけに夢中になり、他の会話のネタを持ち合わさないような男性もたくさんいます。
そういった男性は「趣味の共有」に飢えていて、喋りたくて仕方のない状態です。
少しの知識が心をつかむ突破口になりますから、テレビ・ネットなどでチェックしておきましょう。

●ツイッター・ユーチューブ

最近ではテレビ局が情報源とするほどツイッターやユーチューブの話題は人気があります。
炎上しているツイートや、人気の高いユーチューバーに目を通しておきましょう。

●おわりに

ご紹介した代表メディアを網羅しておけば、もう死角はありません。
どんなタイプのお客がきても、話を盛り上げられるはずです。

ソープ嬢になるならこのルートは外せ!

ソープランドへ入店するには、さまざななルートがあります。
ただし、一般のバイト情報誌などに求人が掲載されているわけはなく、”一種独特なルート”があるのです。
どのルートからの入店でも良いというわけではなく、場合によっては損をしたり、入店してから不都合が起きることもあります。
ここでは、これからソープ嬢デビューしたい女性に向けて、頼ってはいけないソープ店への入店ルートを紹介します。

●スカウトマン

昔の風俗店は、一般的な求人誌への掲載ができないために、「スカウトマン」に頼っていた時代がありました。
都会で暮らす女性ならば、一度や二度はスカウトマンに声をかけられたことがあるはずです。
ただし、スカウトマンにもいろいろなタイプがいて、風俗を専門にする者や、キャバクラやクラブなど、女性の仕事全般に通じているものもいます。
また、ソープランドの店長や従業員が直接スカウトをすることもあり、これに至っては何の問題もありません。
スカウトマンという職業は、それだけで生計を立てるのが難しく、職業として成り立つものでもありません。
一部の優秀なスカウトマンを除いては、闇風俗やぼったくりバーなどと関係があったりとグレーな部分が多いのです。
あまり関係を持たない方が得策かもしれません。

●友人の友人

最近ではソープ嬢になりたがる女の子が急増し、店は特別に手配せずとも女の子の方から面接を希望して応募してくる時代です。
しかし、すべての店がそうした恵まれた環境にあるわけではありません。
コンパニオンの確保に苦しんでいるソープ店も数多くあるのです。
そういったソープ店の店長は、男性従業員やコンパニオンに対して「1人紹介してくれたら3万円バックする」などと決め、人づてに集めようとします。
これ自体は悪いことではありませんが、そういった行為をするのは、健全な運営をするソープ店だけではないということです。
闇風俗や無届けのピンサロ、ぼったくりバーなども同様の方法を使いますから、それを素人の女の子が見抜くことは至難の業です。
ほんとうに信頼できる経験者の友人ならば安全ですが、繁華街で遊んでいて膨大なコミュニティをもつようなものから「ソープ嬢やってみない?」などと誘われたら、相手にしないほうが賢明です。
いわゆる「友人の友人」というやつで、責任などは感じておらず、いくばくかの臨時収入を目当てにあちこちで声をかけているのですから、信用できるものではありません。

●最近では「ソープ店に直接交渉」が王道

ネットが普及し、そしてソープランドのほとんどが、自社のホームページを開設して店の宣伝媒体としています。
ホームページには必ず「求人欄」があり、最近では、そういったホームページから店に直接交渉することが”王道”なのです。
これがもっとも安全な方法であり、しがらみもありません。
電話だけではなく、メールやチャット機能を備えたホームページもあり、気軽に相談や質問ができます。
これからソープ嬢を目指す女の子は、ネットを活用することでストレスなくデビューすることができるのです。

雄琴のソープ嬢の特徴を徹底リサーチ

滋賀県に位置する「雄琴ソープ街」は、日本でも屈指のソープランド密集エリアです。
雄琴は店舗のサービスからソープ嬢のレベルに至るまで、非常にハイクオリティーですが、ソープランドでたくさん遊ぶ男性からすると、それだけでは情報不足のはずです。
もっとリアルなソープ嬢の性質などを知りたいという、根っからのソープファンのために、雄琴ソープ店に在籍するソープ嬢の特徴を徹底的にリサーチしてみました。

●ナンパ目的のハードルは高いかも?
ソープランドで遊ぶ男性の中には、「店外デート」を最終ゴールとした、ナンパ目的の人が少なからずいるはずです。
これまで、何人ものソープ嬢を他の地域でナンパして成功させた男性には悪い情報ですが、雄琴の場合は少しハードルが高いかもしれません。
本来ソープランドでは、店外デートは禁止されていて、それを成功させるところにこの上ない快感を感じてきたのでしょうが、実際には「店との信頼関係が薄い」ソープ嬢がナンパで落ちるのが実態です。
雄琴のソープランドでは、副業やプチ在籍のようなコンパニオンが少なく、かなり真剣に仕事に取り組んでいます。
また、店側がコンパニオンとの信頼関係を築くことに努力をしているので、リスクしかない店外デートを、違反を犯してまでOKする子が少ないのです。

●「お仕事系」と感じることも・・・
プレイがハイテクニックで、準備の取り回しも早く、肉体的には気持ちいいけど、”情緒”が少し足りない・・・といったソープ嬢を「お仕事系」といいます。
雄琴に初めて登楼された男性の中には、雄琴のソープ嬢は「お仕事系が多い」と感じられることもあるようです。
しかし、これは少し早合点かもしれません。
たしかに、雄琴のソープ嬢はテクニックを持つコンパニオンが多いのですが、情緒的な要素もしっかりと兼ねそなています。
ただし、これは「本指名を繰り返した相手」にのみ現れます。
これもある意味当然のことかもしれません。
初対面でやってきた男性に対して、毎日多くの男性の相手をするソープ嬢がかんたんに「一目惚れ」なんてするでしょうか?
答えは「NO」です。
フリーで初対面したお客に対しては、テクニックで十分にその対価を提供するという「誠意」が、雄琴ソープ嬢の考えなのです。
試しに、気に入った子が見つかれば、2度、3度と本指名してください。
そうすると面白いように彼女たちの表情に「女の片鱗」が浮かび上がるはずです。

●雄琴ソープ嬢の男性の好み
ソープ嬢は仕事とはいえ、やはり彼女たちも女性ですから、「好き嫌い」などはあります。
ソープ嬢たならば全国どこへ行っても同じような男性がモテると考えがちですが、そうではないようです。
吉原や福原、北海道のススキノなどのソープ嬢は、一般女性と同じく「イケメン」「遊び上手」な男性を好む傾向にあります。
彼女たち自身が、繁華街で遊ぶことが好きな人種だからかもしれません。
しかし、雄琴のソープ嬢は、入店したときから夜遊びはあきらめています。
それは雄琴周辺に繁華街など存在しないからです。
彼女たちは意を決して人生の基盤を作るために雄琴で働いているので、男性の好みも「チャラいイケメン」よりも「まじめで誠実そうな男性」を好むようです。
相手を好きになったことをアピールするためには、ナンパ師は「言葉」を多様しますが、ソープ嬢に対する最大の礼儀は「本指名」をすることです。
べつに金持ちではなくても、できる範囲で本指名を続けていれば、きっとその誠意は相手に伝わるはずです。

今回は「美形が多い」「テクニックがすごい」などといった当たり前の特徴は省きました。
雄琴のソープ嬢は、他のエリアとはかなり違った性質をもっているようで、それがまた彼女たちの魅力なのだといえるでしょう。

面接まえに不安解消!ソープ嬢の卵たちの不安解消のために

「ソープランドで働いてみたい」「ソープ嬢に興味がある」「お金に困ってソープ嬢になるしかない」など、さまざまな理由でソープランドへの転職を考える女性がいるはずです。
しかし、たいていの女性はソープランドがどんなところか知ることもなかったでしょうし、それは”男性でも同じこと”だと言えるでしょう。
お客として見るソープランドと、ソープ嬢になって覗くソープランドの世界は異質なのです。
求人広告を見ていても、なかなか疑問は解けませんし、不安はつのるばかりですね?
ここでは、そんな面接前のソープ嬢の卵たちに、「先輩ソープ嬢を覗く」ことで不安を解消してもらいましょう。

●ネット上には先輩ソープ嬢がたくさんいる?

あまり知られていませんが、多くのソープ嬢がネット上でブログを配信していたり、SNSで交流していたりします。
そこには、現役、または元ソープ嬢たちのリアルな書き込みがあり、ソープ嬢の卵たちにとっては有益な情報がたくさん配信されています。
SNSは誰でも参加できますし、ブログでもメールフォームで交流することは可能です。
ソープ店の入店案内では知り得ないような裏情報が入手できる可能性もあります。
こういったネットでの交流で、紹介してもらってソープ嬢デビューを果たした女の子も少なくないようです。
「風俗嬢 コミュ」「ソープ嬢 コミュニティ」など、適当なキーワードで検索してみましょう。

●体験手記などを読む

なぜか、ここ数年「元風俗嬢」「元ソープ嬢」が卒業後にライターとして活躍し、自分の過去の体験手記を執筆することが増えています。
ちゃんとした出版社からの発刊で、売れ行きも上々なのだそうです。
ネット上のリアルタイムな先輩ソープ嬢の声も貴重ですが、理路整然とした文章のリアリティーもまた違った伝わり方をします。
また、こういった手記では、現役時代だけではなく、引退してから「ソープ嬢がどうなるのか」など興味深い内容も知ることができるので、勉強になるでしょう。

●ホームページのブログも捨てがたい情報源

ソープランドの多くは、自社ホームページを配信しています。
こういったものは、主に「広告目的」ではありますが、先に紹介したものとはまた違う臨場感もあります。
すべてのソープランドのページにではありませんが、「姫ブログ」なるものが、ホームページ内に設置されていて、お客が楽しむために更新されています。
あまりシリアスでない、ソープ嬢の日々の暮らしがブログ形式で更新され、それもソープ嬢の卵としては捨てがたい情報源なのです。

●おわりに

ご紹介した方法を試してみて、先輩ソープ嬢たちの暮らしや考えが少しでもつかめたなら、きっと今ある不安はずいぶんと解消されるはずです。
意外に普通な生活を送っている現役ソープ嬢たちを見ていると、ソープランドに対しての恐怖感も薄れていくでしょう。