雄琴ソープランド遊びに必須!風俗サイトを利用する~

インターネットの普及によって、風俗業界のネット戦略が多角化しています。
これらは、自分に合った店舗とコンパニオンを効率よく探しだすのに非常に役立ちますので是非利用したいものです。

雄琴には40店舗ものソープ店があり、また新旧の交代が激しく新店舗も出店されますので、リアルタイムな情報が必要です。
ここでは「サイト名」はふせますが、さまざまな種類の風俗サイトとその性質などを解説していきます。

●各ソープ店のオフィシャルページ
基本的なシステムや在籍嬢確認などをするのには必須です。
サイト内からメルマガ会員になれたり、細かなアクセス方法が知れる、そのページから予約ができるなど多くの情報を得ることができます。

ただ、自社で作ったサイトですので「悪い部分」や「評価」などは書かれていませんし、他店との比較は難しく「お店選びツール」としてはあまり便利ではありません。
雄琴では9割以上のソープ店がこういったオフィシャルページを配信しています。

●風俗総合サイト
風俗情報誌がメディアを紙からネットに移行したもので、非常によくできたサイトが多いのが特徴です。各店の人気嬢の紹介やイベント情報などが配信されていて「滋賀県雄琴」をざっくりと把握することができます。
ただし、広告業界と風俗業界は持ちつ持たれつな関係でもあるために「紹介」はしても「批判」はしないことが多いのがデメリットです。

「最新情報」に関しては店舗のオフィシャルページよりも更新が早いこともあるので、何度か登楼した店舗の新情報を確認するのには最適です。「RSS機能」などを利用すると更新すれば通知がくるのも便利です。

アクセスの仕方としては「風俗総合」「ソープランド情報」などでググれば全国版が表示されますので、サイト内から「近畿→滋賀県→雄琴→ソープランド」と辿れば行き着きます。
日本地図で一発検索する機能があるものも多いです。
また、元風俗情報誌以外の総合サイトも現在では増えており、アクセス数を伸ばしています。

●体験談投稿サイト
「雄琴ソープランド体験談」「滋賀県風俗体験談」などの投稿サイトは実際の利用者による投稿によって成り立っていますので、より現実的な評価がされています。
広告だけでは分からない店舗の良し悪しや、コンパニオンのレベル、地雷嬢の有無など、経営者とはしがらみのないお客の意見ですのでリアルな意見を聞くことができます。

ただし、これらの体験談はあくまでお客の「主観」によるものですし、中にはお客側のマナーが悪い場合、コンパニオンにつきまとってフラレた・・・などの腹いせに殴り書きしているような投稿もみられますので「読解力」も必要になるのは事実です。

こういった投稿サイトに対して大型でアクセス数が高いところは、ソープ店側も存在を認めています。
待合室に「○○サイトで紹介されました」などと張り紙をしているほどですから、「有名グルメ雑誌」的な存在といってもよいかもしれません。

●ツイッター、2チャンネル、爆サイなどのソーシャル・ネットワーク
SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)もある程度の情報を得ることはできます。
先述のように、あくまで「主観」ですし、個人的な見解としては体験談サイトよりも書き込みの程度は低いと見ています。
よくSNSを「トイレの殴り書き情報」と揶揄しますが、その中に真実があることも事実です。

しかし、それらを見極めることが難しいのが実情かもしれません。
また、SNSは店舗自ら広告媒体として利用もしていますし、コンパニオンが投稿している場合もあります。
自分で「SNSが得意」と認める方なら利用すればよいですが、慣れない人ならば”しんどい”だけかも知れません。

●オフィシャルページ内ブログ
「ネット戦略」とは少し違うかもしれませんが、各店のオフィシャルページにコンパニオン自信がブログやチャットをしているところもあります。
こちらから投稿できるものもあれば、片道配信のものもあります。

あまり、サービスについては触れておらず「コンパニオンの日常」を配信しているだけですが、読み取る力があれば「コンパニオンの性格」などを知ることもできます。

ついポロっと出てしまう本音など”営業外の姿”を知ることもでき、たんなる宣伝サイトよりも深いところを知ることもできるのです。

たいていのサイトはパソコンだけでなくスマホやガラケーでもアクセスできますので、一度試しに覗いてみましょう。
いわゆる「アダルト系サイト」とは似ていますが、まったく危険性はないので奥さんや彼女にだけ見つからないように活用しましょう。