ハイレベルなマ○トプレイを楽しみたいなら雄琴のソープへ

ソープランドのプレイの一つに、マ○トプレイと言うものがあります。マ○トプレイは、いわゆる泡踊りと呼ばれていたプレイで、これを開発したのは川崎堀之内のとあるトルコ嬢で、それがあまりにも評判が良かったので全国的に広まって、ソープランドの基本プレイの一つとして確立されたと言われています。

しかし、近年のソープランドではそのマ○トプレイが徐々に無くなりつつあります。これには様々な理由があるのですが、そのうちの一つに「マ○トプレイを行うのに満足なスペースを確保出来ない」ということが挙げられます。確かに、どこの地域のソープランドでも部屋の狭い場所が多く、浴室などにもマ○トを置けないような所も少なくありません。しかし、ある地域のソープランドは、建物の大きさの問題を始め、マ○トプレイが減少する諸問題を気にせずマ○トプレイを楽しむことが出来ます。

それはどこの地域かというと、滋賀県にある雄琴のソープランドです。雄琴のソープランドの特徴の一つに、「建物がやたら広い」というものがあります。格安店でも、他の地域の高級店並かそれ以上の広さがあったりするのです。雄琴のソープ街は、他のソープ街と違って立地的にかなり独立しています。そのため、土地代などが安かったのか一つ一つのお店の面積がとても広く、ラブホテル並とも言われる広さを確保出来たというわけです。

そして、マ○トプレイが減少するその他の原因である「プレイ時間の問題」と「マ○トプレイが出来るコンパニオンの減少」というのも、雄琴であれば問題ありません。プレイ時間に関しては、格安店などは45分程度ですから無理ですが、どんなお店でも60分以上のコースも用意されていますから、問題ないでしょう。

コンパニオンの技術的な問題についてですが、雄琴には昔からベテランのコンパニオンが集まっていて、高い評判を得ています。今でもそうしたコンパニオンは多く、当然マ○トの技術もしっかりと持っていますから、低価格帯のお店でも十分満足出来るレベルのマ○トプレイを楽しめるのです。大衆店クラスでも満足のいくマ○トプレイは楽しめるでしょうが、高級店などになれば、基本プレイとなっている分だけさらに素晴らしいテクニックを持ったコンパニオンもいることでしょう。

「満足のいくマ○トプレイを味わいたい!」と強く思うのであれば、是非一度雄琴のソープランドを利用してみてはいかがでしょうか。余裕のある広さのある部屋でしっかりとしたテクニックで行われるマ○トプレイは、期待を裏切らない快感と満足感を与えてくれることでしょう。