雄琴のソープで遊ぶなら短時間コースはオススメ出来ない

昔に比べてソープランドの傾向というのは大きく様変わりしました。昔のソープランドというのは、料金は高めでも60~120分のサービスをしっかりと味わうのが普通の遊び方でしたが、最近ではそこまで長くはないので45~60分程度の短時間でササッと遊んで帰るというのが人気となっています。

こうした変化は料金的な問題も関係しているのでしょうが、デリヘルなどの他の風俗においても同様の傾向が出ているようですので、利用客の意識自体が変化してきているのかもしれません。「長時間のコースを選んでも、途中で気まずくなる」とかいうのもよく耳にする話です。

雄琴のソープ街でも同様の傾向はあり、雄琴にあるソープランドの大半は格安店や大衆店。基本コースとなっているのは45~60分で総額15,000円です。しかし、他の地域でならともかく雄琴のソープランドで短時間のコースで遊ぶのは非常にもったいないと言えます。むしろ、短時間コースへ行くぐらいのであれば、行かないでお金を貯めた方が良いと言えるかもしれません。

雄琴のソープランドで短時間コースはオススメしない理由としては幾つかあるのですが、まず一つ目の理由として『行くのが面倒な場所にある』ということ。雄琴のソープ街は最寄り駅からも徒歩数十分という郊外にあります。行くのに車は必須ですし、公共交通機関を使う場合は電車にバス、タクシーなどを使わなければいけませんから、その場合は近場の大都市である京都市内から待ち時間なども考えれば40~1時間はかかると見ておくべきです。高級ソープなどでじっくり遊ぶならまだしも、格安ソープで軽く遊ぶというのであれば面倒だと思う時間でしょう。

二つ目の理由としては、『雄琴ソープは短時間では楽しみきれない』ということです。雄琴のソープランドのサービスは全国的に見ても高いレベルにあるのは間違いありません。しかし、やはり最初は場を温めるために会話をしたりするものですし、そうなれば実質的にサービスを受ける時間はごくごく短いと言わざるを得ません。ハイレベルのサービスであっても短時間であれば、満足するには程遠いと感じるのではないでしょうか。

わざわざ時間をかけて満足仕切れないサービスにお金を払うよりも、どうせ行くならしっかりと長く遊べる時に行った方が満足出来るというわけです。この辺りの認識については個人個人の意見があるかと思いますが、せっかく万単位でお金を払って遊ぶわけですから、後悔しない遊び方で楽しみたいものです。