雄琴の高級ソープ

高級ソープランド掲載数8

ソープランドの中でも最上位に分類されるのが高級ソープだろう。
女の子の質、サービス&プレイ内容、男性スタッフ&女性キャストの接客に言葉遣い、部屋の広さに居心地の良さと、全てにおいて最高級のおもてなしが味わえる空間だ。
お客側はまさに王様気分を体験できるが、その分料金的にも最高級。
お店によって異なるが、大体総額60,000円が大半で、50,000円以上を高級店と表すことが雄琴では一般的。
少し昔には総額80,000円以上という店舗も存在していたが時代の流れと共に少しリーズナブルに改定された。
プレイ時間も長く基本は120分がメイン。
60,000円より高額の店舗は、時間がより長く遊べると考えた方が無難である。
サービス内容に大きな差は無いだろう。と気軽に言えればいいのだが『サービスの質』にこだわる雄琴の高級店となるとそうはいかない。
講習員に鍛えられたテクニックを惜しみなく提供してくれる、それもTVに出たてのそこら辺のアイドルより断然可愛いとなると足しげく通わない訳にはいかない。
サービスに拘るが故にお客様にもこだわるのが高級店のプライドでもある。
何でも有りのサービスが常識とされ、即尺・即ベッド、NS・NNが定説だが、最近は時代からかスキン着用という店舗も増えてきている地域もある。
その辺の所をソープランド勤務のスタッフに聞くと、やはり性病予防が一番の理由で、最近ではお客側からスキン着用して欲しいとの要望も多いらしい。
もっとも雄琴に関して言えば、NSなどの他地域にありきの人気なサービスは一切ない。むしろなくても勝負できるのが雄琴の魅力でもある。
接客は男性スタッフも女性キャストも言葉遣いは丁寧で、敬語にて会話をする。
お迎えも女性は正座で三つ指ついて頭を下げ出迎えてくれるところが多いが、現在では高級ラウンジ並みの待機室で待っている所にお上品に現れたり、お店ド真ん中の白を基調とする長い階段から颯爽とお出迎えしてくれたり様々であるがどれも雰囲気が抜群によく初見で魅力的なものと感じさせてくれる。
案内されるお部屋も広々とし、ベッドは最低でもクィーンサイズと大きく、お風呂場もソープランドの代名詞でもあるマットプレイが必須なので、それが置けるほどの広さだ。
さらにお金を払えば高級店のなかでもステイタスなVIPルームへと案内してくれ、水槽に生きた熱帯魚が優雅に泳いでいるのを覚えている。
広々とカーテンを開放すると夏の日差しとともに、琵琶湖にうかぶヨット片手に一流の女を抱く快感をほんの一握りの人間だけが味わえると思うと高級店の天井は計り知れない。
会話は勿論、お酒も希望を言えば出してくれたりする。
元々はお酒を呑んでからソープに遊びに来るお客さんが多く、その両方を楽しめるお店を作れば一石二鳥なのじゃないかとのことで、高級店が誕生したという説もあり。
よって女の子はクラブやラウンジにいるような、ルックスもハイレベルな美女を揃えているということも納得。
あとソープランドでしか楽しめない独自のテクニックも多数存在し、潜望鏡やアワ踊り、潜りイス等がしっかりと体験できるのも大きな魅力。
最近では高級店でしかそんなテクニックを味わえないという噂も。
逆に言えば滋賀の高級店に行けばそういったソープランドの醍醐味が必ず体験できると言っていい。
高級店というと数年前はベテラン嬢が多いといったと趣があったが、昨今は20代を中心とする若い女性が数多く在籍している。
時代と女の子意識の変化に伴い「風俗」や「セックス」に対する意識の薄れが目立ち始め、わりとライト感覚で風俗を始める女の子も増えてきた、他業種に比べても破格のお給料を手にする高級店では時に「爆発的なスーパースター」を生み出してくれる。
それが割と経験値が浅い女の子がなるのだから人生は本当に解らないものである。
時代が流れても変わらないものもあれば、劇的に変化する物もある。
但し、雄琴の高級店で言えば昔と変わらぬ『サービスの質』に拘る姿勢を僕達は尊重したい。

滋賀雄琴の高級店一覧

雄琴の大衆ソープ

大衆ソープランド掲載数13

現在の滋賀雄琴では、中級店が片手で数えられるほどしか存在していないので、当サイトではそれらも含めて大衆ソープとして表記している。
料金的には、各店のメインとなるコースが大体総額20,000円前後~を分類。サービス内容としてはフィニッシュはゴム付きとなる。
ただ、最近は激安店との区別化として即尺の採用も増えてきているようだ。
基本、接客態度は丁寧だが、高級店ほど畏まっていなく、フランクなことが多い。
ソープランドでしか味わえないテクニックも堪能できるが、昨今ではマットプレイを除外した制服系と呼ばれるイメージプレイを売りにする店舗が急増中。
OLだったり秘書だったり、学園系だったりメイドだったり平成版和風長襦袢といった趣だったり。
それとは別に、今までになかったようなバニーちゃん姿での接客や鉄道イメージプレイに、女の子が途中で入れ替わる花びら回転というプレイ内容や、在籍する女性がサービス濃厚な大人の美女を限定して揃えているお店も少数ではあるが存在。まさに大衆店はコンセプトの塊とでも言えよう。
比較的リーズナブルに楽しませてくれるのが最大の大衆の醍醐味でもある。
在籍する女性のルックス的には、今や高級店に劣らないクオリティー。メインは20代の女性だが、ただ格安店と比べると、それよりはサービスを売りにしている部分もあってか、若干ベテラン勢は多いかも!?
ただ濃いサービスは保証付きと言っていい。プレイ時間は60分~90分くらいが中心となる。
もしソープランドに初めて行くとしたら、高級店は料金が高めで敷居が高く、逆に格安店では価格は安いが時間も短かったり、安さをメインにしてソープランドの醍醐味という独自のテクニックが楽しめない場合もあるので、このクラスを選べば技術も味わえ、サービス内容の満足感は外れることもないので、是非なく推奨したいところ。ソープランドの入門編として大いに活用したいクラスである。
さらに、雄琴の大衆店では部屋数も多く団体でも難なく遊べるお店も多いので大勢で遊ぶ際も大衆店は頭に入れておいて損はない。

滋賀雄琴の大衆店一覧

雄琴の格安ソープ

格安ソープランド掲載数11

当サイトではメインとなる料金が総額10,000円代を分類。
プレイ時間も料金が安い分、当然短くなり、大半が40~60分が中心に。
しかもタイムサービスを利用すれば総額10,000円~14,000円くらいと激安価格でお遊び出来る店舗も数多い。
滋賀雄琴ではリニューアルによって格安ソープに生まれ変わるお店も少なくはなく、もっとも価格競争が激化しているクラスである。
滋賀雄琴に関しては言えば、「日の出」から営業はあまり聞かない、アクセス面の影響も大いにあるのだろう。格安ソープに限っては一番早くても8:00からの営業のお店が数店あるだけである。
さらに雄琴全体を見渡しても8:00からが一番早いOPENでもありなにげに朝から行列ができたりもする。
プレイ時間が短いということは、サービス内容よりも20代前半という若い女性とお安くお気軽に遊べるというのがセールスポイントでもある。
よって他のクラスよりも在籍する女性は、一番年齢層が若いかも!?
プレイ的には当然スキン着用でお風呂とベッドが中心となり、マットプレイが短時間のコースでは楽しめない店舗や出来ない女の子もいたりする。
マットプレイを味わいたい人は、お店に長めのコースをお薦めされることだろう。
あと団体割引やお店によっては受付で値段交渉が出来たりする所もあったりするので、興味のある人は来店時に申し出てみよう。
格安ソープ店は美しさや綺麗さを売りにしている女性より、若さと可愛さを前面に押し出している女の子が大半。
飲んでからひと風呂あびて友人とその場のノリで足を運ぶには最適かもしれない。が雄琴の地理ではなかなか飲んだあとに遊びに行くのは正直難しいので、夜ごはんの前に車で突撃したりするのも良いだろう。逆に京都や滋賀で飲まれている方はご安心ください。
京都駅から雄琴の最寄り駅JR「比叡山坂本」までは約15分間、意外と近いのが事実だ。ですので京都で遊び慣れた方や飽きた方は是非雄琴に足を運んでみるのも全然良いと思います。
女性キャストだけでなく男性スタッフもカジュアルな雰囲気で親しみやすく、気軽に来店できるのも嬉しいところだ。
もしかすると格安ソープのボーイさんが一番呼び込んでくれるかもしれない、そんな温かみがありますね。

滋賀雄琴の格安店一覧

滋賀県大津市苗鹿3丁目へのアクセス

電車で来る場合、最寄りの駅はJR湖西線の「比叡山坂本」駅か「おごと温泉」駅、京阪であれば石山坂本線「坂本」駅だ。
どの降り口からでも雄琴のソープ街まではあるいて約15分位は最低でもかかります。
よって雄琴には送迎がついてきます。どのお店をご利用でも送迎してくださいますので安心してお電話下さい。
その中でも一番メジャーな駅がJR湖西線「比叡山坂本」駅です。
JR京都から乗り継ぎなしの約15分、意外と早く着きますので到着する前にお店電話1本入れておくのが通。
送迎がある以上迷う必要がまったくないのも最大の利点。
遠方からくる人は新幹線は当然“米原”駅(滋賀県唯一の新幹線口)と、言いたいのですが正直、京都駅からの方がアクセスが抜群です。
そこから湖西線に乗りかえて頂き約15分、送迎も御座いますが、タクシーに乗車しても1000円前後でお店まで連れていってくれます。
近郊の有名都市からの所要時間は、大阪方面からは約45分、名古屋方面からは車で約80分ほどで着くことが出来る。
車の場合は京都東ICで降りて頂き、国道161号線「敦賀」方面へ向かって約20分。
トンネルを2つ潜り抜けて右手に琵琶湖を眺めながらひたすら直進。
比較的京都東ICからのアクセスも解り易いが、念のためにカーナビで「比叡山坂本駅3-○-○」と入れて頂くのがベターである。
あとお車で雄琴に来る際の注意点は3点ほど、1つ目は店舗は大きく分けて2通りに分かれる、1つ目は「ゴールデンゲート」2つ目は「川筋通り」だ。
川筋通りでは、一旦奥まで行ってしまうと道の構造上戻り難い。恥ずかしいのであるが大人しくUターンさせて頂くか、そのままバックで引き返すか…。
どちらにしても恥ずかしいのだが、一番奥のアトリエさんのボーイさんがとても親切なので、ご相談するのも有りですかね。
2つ目は「ハザード点灯」目的地が定まっている場合はハザードの点灯が基本ルール。
ハザードの点灯がない車に関してはボーイさんもどんどん手をあげてこられる。定まっている際は是非ハザードを焚こう。最後の3つ目は「冬は気をつけろ!」です。
滋賀雄琴の冬は正直かなり寒い、年に数回ですが、車が凍結スリップや危ない場面も見受けられる。冬はスタッドレスか電車でのご来店がオススメである。
雄琴の中には当然駐車場を常設している。それも全店。ある意味京都市内や福原に遊びにいって「パーキング代」が…。みたいな泣ける話は雄琴には一切ない。
車で来る方も駐車場完備が当たり前の雄琴は非常に助かりますし、晴れの日には洗車サービスが未だ実施しておられるお店もある。
電車も大阪から約45分京都駅からも約15分と意外にちかく、最寄りの駅まで必ず送迎がついているのでアクセスに困ることは正直ない。
皆さんあまり気づかれて無いが、実は非常にアクセスが便利なのである。日本でも屈指の歓楽街、それが雄琴である。

滋賀雄琴へのアクセス

雄琴ソープ街の地図

雄琴ソープランド街の地図

関西をよく知る風俗ファンでも、ソープについて詳しいと感じる方は少ない。ソープランドが、どこにあるのかさえも曖昧だったりするのである。
現在では、関西にソープランド街と呼ばれるエリアは4つある。福原、姫路、尼崎、そして、雄琴である。
条例のため大阪や京都にはないが、意外とこれについては周知されていないのである。
その4つのエリアの中でも、雄琴の歴史は実は短く浅いと言える。福原は遊郭から発展しているが、雄琴はそうではないのだ。
雄琴温泉の歴史で振り返ると、最初に創業した湯元館と大衆浴場(大正13年)は、今から約1200年前と遥かに長い歴史がある。
ここで短く浅いと表現するのは、滋賀雄琴「ソープランド街」の歴史についてである。
雄琴の先駆けは、第1号店の「花影」である。
未だに、当時の様な面影と建物の外観の古さは、歴史を感じさせてくれてどこか懐かしい。
今から約45年前の1971年(昭和46年)2月6日(風呂の日)に開業され、当時は1日数百人ものお客様を相手にしていたと言われている。
その一方で、数百人の方が満員のため遊ぶことができないという現象も起きていた。
更にそういった現象が数ヶ月に渡って続いたというのだから、今の雄琴からは想像する事が容易では無いだろう。
しかしながら、現在でも雄琴ソープは根強い人気がある。
格安店や大衆店では、1日100人以上の集客がある日も普通にあるのだ。
雄琴がこうして飛躍するに至ったのは、アクセス(交通面)も追い風となった。
第二次世界大戦後、交通アクセスの良さから関西の隠れ家的存在として発展したのだ。
特に1970年代前半から、国鉄(当時)湖西線の開通もあって団体旅行客が増加した。
1970年の大阪万博に湧き、開催地から近隣の雄琴温泉は、連日満員御礼の大盛況となった。
そのようなバブルの時代に、「花影」で遊ばないわけがなかったからである。
「いい店を作れば、人は車で来てくれる」これは、花影創設者の座右の銘でもあり、今の雄琴が「サービスの質」に拘る姿勢の先駆けだったのかもしれない。
そして現在の雄琴は「変革」の時を迎えていると言える。
事実として30年以上に渡り経営されているお店が、ここ数年で凄まじい変化を遂げたのである。
これは逆の表現をすると、そうせざるを得ない状況が背景にあったのかもしれない。
10年程前から、京都の大型ヘルスグループやデリヘル最大手などの雄琴参入も手伝って、良い意味での雄琴活性化が目に見えるほどだった。
現在の雄琴の店舗数は32件である。営業許可を有する店舗は、これに足して4件。さらに1件のみヘルスが存在する。
約40店舗ほどの小さな街にどれほどの人間のストーリ―が隠されているのだろうか。
滋賀雄琴はなんて魅力的な街なんだろうか。

滋賀雄琴ソープ街の地図