大衆・格安・高級ソープについて

当サイトでは、雄琴のソープランドを「高級店」「格安店」「大衆店」と分類して紹介しています。
ソープランドの中でも、女の子の質やサービス内容といった点で最上位に分類されるのが「高級店」です。
女の子と顔を合わせる際は、正座で三つ指をついて出迎えてくれるという徹底ぶり。さらに女の子と2人で過ごす個室の豪華さも見逃せません。広々とした部屋に最高級の調度品がセットされたお部屋で濃厚なご奉仕を受けることができるので、まさしく王侯気分を味わうことができます。
ただし、サービスが最高級である分、料金的にも最高級。
お店によって異なりますが、総額50,000円以上を高級店と表すのが一般的です。

(高級ソープランド掲載数8件)

雄琴高級ソープランド一覧

  • 高級ソープ アムアージュ
  • 高級ソープ マキシム
  • 高級ソープ プルプルプレミアム

「大衆店」は、サービス時間60~90分がメインで総額20,000~50,000円のお店を指します。
時間も料金も「お手頃」なので、ソープランドの「入門編」として特に初心者の方にオススメしたいのが大衆店です。
「高級店は料金が高めで敷居が高く、逆に格安店は料金的には安くて嬉しいものの時間が短い」ということでお悩みの方は、ぜひこちらを選んでみてください。

(大衆ソープランド掲載数15件)

雄琴大衆ソープランド一覧

  • 大衆ソープ 雄琴赤門倶楽部
  • 大衆ソープ プルプルネクステージ

そして、最後は「格安店」。当サイトでは、メインとなる料金が総額10,000円台のお店を「格安店」と分類しています。また、お店によっては複数人で入る際に「団体割引」を利用できたり、受付で値段交渉ができたりするところもあります。
このように「料金が安い分」というのが最大の特徴ですが、その分サービス時間も40~60分と短め。多くのお店が「20代前半の若い女の子と気軽に楽しめる」ということをコンセプトにしているのもポイントです。

(格安ソープランド掲載数8件)

雄琴格安ソープランド一覧

雄琴のソープとは?

関西の数少ない「ソープ街」のひとつ、滋賀県大津市の雄琴。
日本一の広さと美しさを誇る湖、琵琶湖の西岸を走る国道161号線沿いに、その街はあります。
晴れた日には比叡山に連なる雄大な比良山地の姿を見ることができ、東に目を移せば清明な水をたたえた琵琶湖の風景が広がっている風光明媚な街です。
雄琴は、1970年代はじめにソープランドの第1号店がオープンするまで1200年の歴史を誇る温泉地として有名な街でした。本格的な温泉開発が大正時代に始まり、戦後の高度経済成長期には旅行客でごった返す一大温泉地として知られるようになった、そんな歴史があります。「雄琴温泉」は、現在も滋賀県を代表する観光地のひとつです。
一方、温泉地の南側には“この世の天国”を味わえる濃厚なサービスが用意された超高級店からリーズナブルな料金で利用できる格安店まで、30を超える数のソープランドがひしめいています。

そんな雄琴のソープ街は、「ゴールデンゲート」「シルクロード」そして「川筋通り」という3エリアに分かれ、それぞれ国道161号線から見える看板を目印に入っていくことができます。
ひとたびいずれかのエリアに入れば、おとぎ話に出てくるようなメルヘンなデザインのお店、和風御殿をイメージした装いのお店など、それぞれ色とりどりの意匠をこらしたソープランドの店舗が建ち並んでいるのを見ることができます。これはと思うお店を見つけたら、ぜひ実際に足を踏み入れてみてください。湯けむり薫る泡風呂で過ごす魅惑のひとときを、堪能することができるでしょう。

雄琴ソープ街の歴史

現在、関西にはソープランドが営業を許可されているエリアが5ヶ所あります。
兵庫県神戸市の福原、姫路市の魚町、尼崎市の昭和南通・東難波町、和歌山市の新雑賀町。そして、滋賀県大津市の雄琴。中でも特に店舗数が多く、さまざまなジャンルのお店が並ぶ「ソープ街」として風俗ファンに親しまれているのは、福原と雄琴です。
しかし、明治時代のはじめに遊郭として街づくりが行われ、現在もその歴史を継承してソープ街として栄えている福原とは違い、雄琴の歴史は実は短く、まだ浅いものであるといえます。

雄琴ソープ街の先駆けは、1971年、「風呂の日」である2月6日に開業した第1号店の「花影」です。このエリアで初のソープランドということで大変な評判を呼び、開店当時は1日に数百人単位の男性が訪れていた、そんな記録も残されています。
もともと、当時の雄琴は温泉街として有名なエリアでした。1970年代に入ってからは国鉄湖西線(現・JR湖西線)の開通もあって団体旅行客が増加。特に大阪万博の開催に日本中が湧いた1970年、開催地から近い雄琴温泉は連日満員御礼の大盛況となりました。
このような状況も追い風になってソープランド「花影」は大繁盛。以後、続々と新たなソープランドが店舗を構え、一時期は50に及ぶ店舗が営業する一大歓楽街として知られるようになりました。

現在では時代の流れや社会状況の変化もあって店舗数は30軒台に落ち着いていますが、特に「格安店」や「大衆店」と呼ばれるお店では1日100人以上の集客がある日も珍しくありません。
関西の風俗ファンなら誰もがその名を知る「遊びの街」として、現在も確固たる存在感を誇っている街、それが雄琴なのです。

ソープランドの魅力

雄琴のソープ街は、関西地方で数少ない「ソープ街」のひとつとして特に関西の風俗ファンに愛されているエリアです。
関西地方には東京に次ぐ規模を誇る大都市・大阪、世界的にも名高い観光地が多数ある古都・京都など多くの人で賑わうエリアがありますが、大阪や京都は現在、条例によってソープランドの営業ができない状況にあります。そのこともあって、雄琴は数少ない貴重なエリアとして賑わっているのです。
スタンダードなサービスを提供するお店だけでなく、「コスプレ」「イメージプレイ」の要素を取り入れた制服系と呼ばれるジャンルのお店が増えているのも、雄琴ならではの魅力のひとつです。
学校制服やメイド服、花魁風の長襦袢などさまざまなコスチュームを取り入れ、独自のサービスを提供してくれるお店があります。

また、雄琴ならではの特徴的な立地もポイント。
東京の吉原や北海道のススキノ、福岡の中洲など、全国のソープ街は、その多くが都市部の繁華街に位置しています。一方、雄琴のソープ街があるのは都市部から離れた郊外エリア。
一見すると不便であるように思われるかもしれませんが、逆に賑やかな都市から離れているということで「隠れ家的」な存在として重宝されるようになったという面もあります。
賑やかな都市から離れる、ひいては何かと騒がしい世の中から離れることによって、より非日常感たっぷりの遊びの時間に没頭することができる、それが雄琴の魅力のひとつであるといっていいでしょう。

アクセス方法

滋賀県の雄琴は都市部から離れた郊外(大津市苗鹿3丁目)に位置しています。
そのこともあって「アクセスが不便」と思われることも少なくない雄琴ですが、実は電車を使えば大阪市から約45分、京都市からも約15分と好アクセスな立地にあります。
最寄り駅はJR湖西線の「比叡山坂本駅」か「おごと温泉駅」、あるいは京阪石山坂本線の「坂本駅」です。その中で最もメジャーなのが、JR京都駅から乗り継ぎなしの約15分で行くことができる比叡山坂本駅。遠方から新幹線に乗って雄琴を目指す場合も、京都駅で湖西線に乗り換えればすぐに到着します。
また、いずれの駅で降りた場合でもソープ街までは徒歩で15分ほどかかりますが、雄琴では全店が送迎を行っています。お目当てのお店が決まっているときは、あらかじめ電話で到着時間を知らせておくとスムーズです。

また、車を使う場合も国道161号線沿いに「ゴールデンゲート」「シルクロード」「川筋通り」といった雄琴ソープ街の入り口を示す看板が設置されているので、わかりやすいかと思います。
遠方から雄琴を目指す場合は、名神高速道路「京都東IC」で降りたうえで国道161号線「敦賀」方面に約20分で到着します。念のためにカーナビで「大津市苗鹿3丁目」と入れておくとスムーズです。
ちなみに、雄琴では全店が駐車場を常設しています。たっぷりロングタイムで入りたい場合も、パーキング代を気にする必要がないというのもポイントです。

雄琴 ソープランド街へのアクセス

雄琴ソープランド街の地図

雄琴 ソープランド街の地図