ソープランドのコースによるサービス・遊び方の違い

ソープランドは時間の長さによってコースが定められています。
短いもので45分や60分、その次に90分や120分、それ以上は120分のダブルやトリプルまで・・店によって規定も違います。

もちろんお金に余裕があるのなら、長いコースでゆったりと遊べば、コンパニオンの方でも時間配分がしやすく、理想的なプレイを堪能できますが、短時間のコースではお客の方でもそれなりの工夫をしなければ、最悪の場合は「不発」なんていう事態になってしまいます。

■45分・60分ならマットは省こう
ソープランドの象徴とも言えるのが「マットプレイ」なのですが、短いコースを選択した場合はベッドかマットの二者択一にする方が無難です。

通常は時間がかかるマットプレイを、「80分コース以上」などと、決められている場合もあります。
こちらでそれを決めなければならない場合はマットを省いてベッドのみにしましょう。

また短いコースでは、あまりコンパニオンにディープな話をしかけたりすると、刻一刻と持ち時間がなくなってしまうので注意が必要です。
コンパニオンも心得て、急いで準備をしますが、その姿が事務的な印象を受ける場合があります。
しかしソープランドで50分前後のコースというのには少し無理があります。
ソープ業界の低価格競争によって生まれたショートコースにはコンパニオンも苦戦している様子ですので、致し方ないことだと認知しておきましょう。

短時間コースは何も「お金のない人」だけのものではありません。
一日何件もはしごしたい人などは、お金に余裕があっても、好んで短いコースでソープ巡りをする人もいます。

■90分・120分ならゆったり楽しめる
ソープランドでは90分くらいがちょうどいいコースでしょう。
マットで1回、ベッドで1回、そしてベッドでまったりとした時間を過ごすことができます。
コンパニオンともそれなりに会話も楽しめますし、会話のネタが尽きることもない時間の長さです。

ソープランドの店の比較をする場合でもこのくらいの時間帯を基準にどんなサービスがあったか考えるとよいでしょう。
大衆店なら90分、高級店なら120分以上のコースが、コンパニオンのテクニックの全てを受けられる時間量の基準だと覚えておきましょう。

基本的に高級店のコンパニオンは長いコースの接客がうまく、お客を飽きさせません。
休憩の入れ方や、途中でのドリンクタイム、またトーク力も高級店のコンパニオンはしっかりとしていますので、間延びしたような感じにならずに過ごすことができるでしょう。

■これ!といった子がいるならダブル、トリプルも・・
お金に余裕があり、超お気に入りの指名コンパニオンがいるなら、ダブルやトリプルコースもありでしょう。
何度か指名しているコンパニオンなら、事前に予約を入れておけばそれなりに時間配分を考えてくれるでしょう。

長時間を入れるとコンパニオンの方でも「太い客」として考えてくれますし、至れりつくせりなサービスをしてくれることは確実です。

「2輪者コース」を選んだ場合などは、長めのコースを選択することをオススメします。
用意などで何かと時間が消費されてしまいますし、短い時間では3Pプレイの良さを感じることは難しいのです。

芯の通ったサービスが売りの雄琴ソープ

関西圏を代表するソープ街といえば、神戸市の福原です。
神戸という繁華街の傍にあり、兵庫県のターミナル駅となっているJR神戸駅からも程近く立地が非常に優れているうえ、60軒近いソープランドが集合していることからも様々なソープランドが楽しめる場所として、周辺の県からも人を呼ぶ一大歓楽街として知られています。
しかし、関西圏にはもう一つ、ソープ好きの間で広く知られるソープ街が存在しています。
営業している店舗数こそ福原には敵いませんが、決して福原には劣らないソープ街として名を馳せるのが、滋賀県大津市にある雄琴ソープ街という場所です。

雄琴という地名自体は、風俗に詳しく無い方でも知られている場所で、関西圏にある有名温泉地です。
1200年以上の歴史があり、大正時代に温泉の泉質が判明して以降は温泉街として急激に発達し、関西を代表する温泉街として知られています。
その温泉地のすぐ傍にあるソープ街、それが雄琴ソープ街なのです。

雄琴にソープが出来たのは1971年のことで、ソープ街として完成したのは1980年頃のことです。
それ以降は、温泉に宿泊する客が訪れたり、そのアクセスの良さから大阪や京都といった地域からもソープを目当てとする客が大量に訪れ、90年代には温泉地よりも有名になるほどです。
現在営業しているのはおよそ40軒ほどであり、福原が60軒ほどの規模ですから、規模だけで考えれば雄琴は福原よりも劣っているように見えます。
しかし、口コミの評判ではそのような規模の差を感じさせないような良質の評判となっています。

雄琴のソープランドは、基本的に芯の通ったサービスをしている所が多いという特徴があります。
ソープランドというのはどこのソープ街でもそうなのですが、競合店よりも目立とうと様々な特色を出して、基本的なサービスがおざなりになりがちな店が多いのですが、雄琴でもコスプレやイメクラといったタイプのソープランドが営業をしていますが、そのサービスは基本をしっかり抑えたサービスとなっています。
よく「雄琴のソープは質が良い」という評価を見かけますが、決してソープランドの本質を外れない芯のあるサービスを行う店が多いからこそ、こういった評価に結びつくのです。

落ち着いてしっかりとソープランドを楽しみたい、そんな思いがあるのであれば雄琴ソープは関西圏のみならず全国のソープ街でもオススメの地域です。
温泉と共にひとときの癒しを求めて訪れるのも良いものではないでしょうか。

質が良いソープランドが集まる雄琴ソープ街

雄琴といえば、関西地域でも有数のソープ街として全国的な知名度を誇っています。
1970年代という戦後に作られたソープ街であり、80年代90年代にその知名度は全国区となり、温泉地として知られていた雄琴をソープの街として塗り替えてしまうほどの隆盛というぐらいですから、どれぐらい人気が高かったのかは伺い知ることが出来るのではないでしょうか。
現在ではかつての活気はなくなってしまいましたが、それでも成熟した落ち着きのあるソープ街として、今なお人気の高いソープ街となっています。

雄琴のソープランドの特徴として、「質が良い」ということが挙げられます。
単に「質が良い」と言われても何の質が良いのかという疑問がありますが、わかりやすく言えば「失敗をすることが少ない」ということでしょう。
吉原にしろ福原にしろ、大きなソープ街という場所では様々なソープランドが存在しています。
一つのグループが多数の店舗を経営していたり、全くの個人経営であったりなど様々で、そうなってくるとソープランドの質というのも様々です。
吉原や福原などに代表される人気ソープ街では、そういった様々なソープランドが立ち並び品質もバラバラでソープランド自体の数も多いために、まともなサービスをせずに一時だけお金を荒稼ぎして閉店していくような悪質な店もあり、それがいわゆる地雷店としてソープ街の評価を下げるネックにもなっています。

しかし、雄琴のソープランドではそういった店はほぼ無くなり、まともな商売をする店が主体となっています。
温泉街という外部から新規客が続々と入ってくるうえリピーターも多く、さらに客層もある程度年齢層が高めでソープ慣れした客が多い雄琴という場所では、一時の悪質な手法で稼ぐスタイルよりも、誠実にリピーターを増やすような経営方針で運営していく方がメリットが大きいということもありますが、他の地域に比べて店同士がソープ街を守ろうという自衛意識の強さがあるのが最大の理由であると考えられます。
その一端が垣間見えるのが、雄琴のソープランド全店が加盟している滋賀県特殊浴場協会の衛生管理の理念です。
徹底された衛生管理によって利用客からの信頼を勝ち取ろうという姿勢が、雄琴の人気として反映されているのです。

雄琴という土地自体、温泉地ということもあって交通のアクセスは非常に良いため、大阪や京都などから1時間~2時間もあれば訪れることが出来る場所です。
良質のソープランドを求めるのであれば、オススメの場所となっています。

雄琴ソープ嬢の履歴書

雄琴ソープ街には多くのコンパニオンが在籍し、日々サービスに励んでいます。
しかし、彼女たちはなぜ田舎の観光地である”雄琴”を選び、どういった経緯でソープ嬢になったのでしょうか?

普段はあまり触れられない彼女たちの過去と現在に少しふれてみましょう。

■雄琴に来る前の履歴
男性ソープファンがコンパニオンに対して興味をもつとき、最も知りたいのが”前職”です。
ソープ嬢はさまざまな前職をもつことで知られていますが、雄琴ソープ街の場合はどうでしょうか?

・他地域のソープ・ヘルスからの移転
雄琴はソープコンパニオンの世界でも有名であり、ブランド力もあります。
他地域のソープコンパニオンを惹きつけるのはやはり「稼げるかどうか?」でしょう。
雄琴は大きく稼げる可能性のあるソープ街なのです。

また雄琴はテクニシャンが多いことでも有名で、その噂は彼女たちにも知れ渡っています。
他の地域でデビューして実力をつけて雄琴に移る流れもあるようです。

また「ソープ嬢やるなら雄琴」などと関西、中部圏でヘルス嬢をしていた女の子にも雄琴は人気の高い地域のようです。

・OL・会社員など
絶対数が多いことが理由でしょうが、前職は「普通のOL」だったというのも多いパターンです。
遊びが好きで資金がほしい、多額の借金を完済したい、将来の夢のための軍資金づくり、ホストにハマった、ブランド物が欲しい・・など理由は千差万別です。
中には「セックスが好きでたまらない」などという強者もいます。

・ファッション・アパレル・美容師関係
これも前職で多い職種です。
華やかな世界に憧れる感性が特殊な職業を選んでしまう理由なのでしょうか?
詳細は不明です。

・ニート
定職につかずに日々悶々とし時間を過ごし、心が弾けるかのように「ソープ嬢への転身」を遂げるパターンです。
しかしソープ業界はある意味一般社会よりも過酷で規律正しい部分もあり、入店してからかなり鍛え直されるようです。

・看護師・歯科衛生士
医療関係者が風俗嬢になることは珍しくありません。
理由は定かでありませんが、人と触れ合うことが業務の大半である・・という共通点は確かにあります。

・学生
大学生よりも専門学生が多い感じです。
これは「平成っ子」と呼ばれる近年の若い女子の新たな流れのひとつで、「将来起業するため」「留学費を稼ぎたい」「学費を何とかするため」など意外とまじめな動機が多いのは驚きです。

・パートタイマー
子供を持ち離婚してパートタイマーとして生活費を必至に稼いでいたお母さんも多くいます。
慰謝料も養育費ももらえず、女手ひとつで子供を養うために・・と涙ぐましい理由です。

■なぜ『雄琴』なの?
雄琴ソープ店に在籍するコンパニオンに対してよく投げかけられる疑問です。

・稼げるから(前職ソープ嬢・ヘルス嬢)
・遊ぶところがなくて、お金を使わなくてすむから(前職ソープ嬢)
・近いから(京都、大阪、名古屋出身者)
・知り合いに合わなさそうだから(近隣都会出身者)
・たまたま募集を見てなんとなく

聞いてみるとなるほど・・と頷かされる理由ばかりです。

■雄琴に来る前はどんな生活してた?
普通に生活をしていて風俗嬢やソープ嬢に自然となっていくことはまずありません。
みなそれなりの必要性を感じてソープランドの門を恐る恐ると叩くのです。
ソープ嬢になる直前の生活は?の質門にも答えてもらいました。

・風俗嬢(ソープ嬢やヘルス嬢)
・借金まみれ
・ホストまみれ
・ギャンブルまみれ
・貧乏学生
・エッチばかりしてた
・夜遊びばかりしてた
・母子家庭(離婚して子供を育てていた)
・DVや浮気で離婚
・何もしていない

過酷な職業であるソープ嬢の過去はやはり壮絶な場合が多く、第三者として聞いても納得させられる経緯を踏んでいるようです。
特殊な環境の雄琴ならではの理由もたくさんあり、ソープファンの1人として彼女たちの未来を祈るばかりです。

雄琴で初めて営業を始めたソープランド

現在の雄琴といえば、知名度的には全国トップクラスの知名度がある地域です。
それは歴史のある温泉街としてもそうですが、ソープ街としての知名度も同様で、かつては温泉付きのソープ街とも言われるくらいソープ街が有名になったこともあり、現在でもその知名度は高いのです。

雄琴のソープというのは、1971年に雄琴初のソープランドが開業した数ヶ月後には、すでに広く知られるものとなっていました。
通常、ソープランドが人気になるには、どんな店でも徐々に人気が高くなっていき、ある程度営業年数を重ねた上で評判が付いてくるものです。
しかし、雄琴初のソープランドの場合、まず立地が滋賀県とその近郊でも有名な温泉街であり交通の便が良いということ、ちょうど店舗型風俗店に関する出店規制が始まり、雄琴という土地が出店規制区域には指定されていなかったこと、競合店がいなかったことなどなど、実に様々な要因が絡んでいたことが爆発的な人気となりました。
現在でこそ複数のソープランドが立ち並び、道も舗装され、周辺も開発されている場所ですが、出店当時は周辺はほとんどが田んぼでその中にぽつんと一軒のソープランドが出来たのです。

当時の雄琴温泉といえば、約30軒ほどの旅館が建ち並ぶ大規模な温泉街ではあったものの宿泊客が遊ぶような場所はあまりなく、そこに出来た夜の盛り場の魅力たるや凄まじいもので、温泉の宿泊客はもちろん、大阪や京都といった近隣からもこの雄琴初のソープランドは目新しく映ったことでしょう。
連日途切れることなく人が訪れ大繁盛したそのソープランドは、少なく見積もっても年間で億レベルの稼ぎを叩き出したと言われ、数多くのソープランドを呼び寄せることとなりました。

この雄琴初のソープランドですが、現在でも変わりなく営業を続けています。
雄琴初のソープランド、雄琴一の老舗などなど、雄琴を代表するソープランドとして知られ、しっかりとしたサービスでその評価もソープ街の中でも高いお店です。
競争相手となる店が多くなったことなどもあって、開店当初の勢いというのは当然ありませんが、それでも雄琴のソープを語る上では欠かせない名店です。

雄琴ソープ街も昨今の風俗規制の煽りを少なからず受けており、全盛期に比べればやや落ち込み気味というのは間違いありません。
しかしながら、こうした優良ソープランドが数多く集まっているという事実は雄琴ソープの強みであり、今後も雄琴ソープは多くの男性客を楽しませることでしょう。

雄琴歓楽街でのソープランド街の比較と紹介

ソープランドの密集地域として特に関西地区で有名なのが「雄琴」です。
ソープ街としての規模は京都を挟んだ西側にある「福原」の歓楽街と双璧をなし、ファッションヘルス並の料金で遊べる格安店から、10万円くらいする高級店まで幅広く営業しています。
雄琴歓楽街はソープランドに特化しており、風俗店のごちゃまぜ状態の福原に比べてすっきり整然とした印象があります。
ソープランドの料金体型としては風営法対策としてお店に支払う「入浴料」のみの表示が以前は混乱を招いていましたが、インターネットの普及と、各店舗のWEBページ設置の充実で、電話をして確認せずとも、簡単に「支払い総額」を知ることができるようになりました。
コンパニオンの写真も閲覧でき、動画、店舗写真、責任者のブログやコメントなどである程度店舗の雰囲気を知ることができることから、ソープランドの謎に包まれていた部分がクリーンな印象になりつつあります。
ホームページ内に割引チケットを設置するなど、コレまでとは違う手法で宣伝努力をしていますので「ネット確認」は今や風俗遊びの必須ツールとして常識となっています。
雄琴は以前は「安く遊べる」傾向が強くありましたが、最近ではグループ化されたいくつかの店舗の「高級化」が進み「失敗の無い」ソープ遊びが可能になっています。
口コミ情報を吟味するお客が増えたこともあり、その場しのぎの金儲けに走る店舗は減少して「リピーターをいかに増やすか」ということに重きを置く経営に変遷されつつあり、サービスの質の向上努力や多彩なアイデアの導入が目立ちます。
それでもトータル的にいうと、高級店であっても福原よりも低価格な価格設定であることは確かで、他の歓楽街の中級~高級店くらいの金額で完全に高級店のサービスが受けられる店舗も多くあります。
変態プレイや特殊な性癖に対応する店は少なく、いわゆる「ソープの王道」を突き進む傾向にあり、一過性の流行りには手を出さない骨太さもあります。
一部のイメクラ系やコスプレ系でもサービス自体はオーソドックスであり、落ち着いた雰囲気を強みとしている店舗がほとんどです。
大衆店の珍しいもの狙いや、ピンサロやヘルスと併用しての「風俗はしご」をするなら福原の方が利便性はありますが、どっしりと良い店を選んで、小旅行や観光を兼ねてゆったりとした気分に遊ぶなら、雄琴は最適な場所です。
車を利用してソープランドでスッキリしてそこから北側にある「雄琴温泉街」でクールダウンして心身ともにリフレッシュして帰るお客も多くいます。
男性従業員の接客、対応の良い店舗が多いのも雄琴の特徴であり、これはソープランド店の組合「滋賀県特殊浴場協会」の存在が大きく影響していると考えられます。
トータルの風俗店の数が少なく、各店舗の営業年数が長いことから、ネットでの口コミ情報が正確で、あてになるというメリットもあります。
いくつかの口コミサイトを確認して店舗選びをすると「地雷を踏む」可能性は最小限に抑えられます。